大伴武以
時代 古墳時代
生誕 不明
死没 不明
別名 武持、健持
官位 大連
主君 仲哀天皇
氏族 大伴氏
父母 父:大伴武日
室屋連?、佐彦連
テンプレートを表示

大伴武以(おおとものたけもち)は、古墳時代豪族大伴氏の祖。名は武持・健持とも。大伴武日(武日命)の子。

人物・略歴編集

仲哀天皇の在位中、大連として仕えた[1]

系譜編集

大伴氏は天忍日命の後裔で、武以は道臣命の7世孫。父・武日連の時に大伴を名乗ったとされる。

一般に流布している大伴氏関係の系図では武以の子を室屋連としているが、両者が仕えた天皇(仲哀天皇と允恭天皇)の世代差との整合が取れない。一方、武以と室屋の間に佐彦連山前連を記す系図もあり[2]、後者が正説であると見られる。なお健友・武季・建室の三代を記すものもあるが[3]、これは命名方法から見て疑問な系図である[4]

脚注編集

  1. ^ 公卿補任
  2. ^ 『伴党水党並甲賀侍由緒書』(内閣文庫所蔵)
  3. ^ 「山岡氏」『寛政重修諸家譜』巻1142。
  4. ^ 宝賀寿男「第一章 天神系氏族 第四章 大伴氏族」『古代氏族系譜集成』中巻、古代氏族研究会、1986年。

関連項目編集