メインメニューを開く

大佛開眼』(だいぶつかいげん)は、1952年(昭和27年)11月13日公開の日本映画である。大映製作・配給。監督は衣笠貞之助、主演は長谷川一夫モノクロスタンダード、129分。昭和27年度文化庁芸術祭参加作品。

大佛開眼
Dedication of the Great Buddha
監督 衣笠貞之助
脚本 八木隆一郎
原作 長田秀雄
製作 永田雅一
出演者 長谷川一夫
京マチ子
大河内傳次郎
音楽 團伊玖磨
撮影 杉山公平
編集 西田重雄
製作会社 大映京都撮影所
配給 大映
公開 日本の旗 1952年11月13日
上映時間 129分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1940年(昭和15年)に新協劇団で上演された長田秀雄の戯曲を原作とした作品。大仏建立をめぐって賛成派と反対派が対立する中、造仏作業がいくつもの障害を乗り越えて進められる様を描いた[1]第6回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された。

目次

スタッフ編集

キャスト編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集