メインメニューを開く

座標: 北緯34度41分11.2秒 東経135度10分21.9秒 / 北緯34.686444度 東経135.172750度 / 34.686444; 135.172750 大倉山(おおくらやま)は、兵庫県神戸市中央区にある小丘である[1]。名称は、明治維新の中で御用商人として活躍し一代で財閥を築いた大倉喜八郎が、安養寺山の約八千坪の土地を買い取り、その後神戸市に寄贈したことに由来している[2][3][4]

2017年現在、大部分は公園になっており、地図上では大倉山公園と記される。

概要編集

兵庫県神戸市中央区の西部に位置し、住居表示上は楠町七丁目に属する。古くは、安養寺山と称されていた[5]

大倉山公園および神戸市立中央図書館楠寺こと醫王山廣嚴寺(臨済宗南禅寺派)[6]大悲山安養寺(浄土宗)[7]があり、東側には宇治川が流れている。

標高は、かつて55.7mとされたようだが[2][8]、山頂を削って公園や野球場にしたため、現在では41m程度である[3][9]

「大倉山」の名称は、「地下鉄大倉山駅」、「大倉山ゾーン」[10]、「大倉山線(都市計画道路)」[11]、「大倉山交番」[12]など、必ずしも楠町に限定されず、よく知られた分かりやすい地名として行政機関その他で使用されている。

大倉山公園編集

大倉山公園は、明治43年に当時の大実業家大倉喜八郎の別荘であった土地の寄贈を受けて整備されたものである[13]。昭和50年頃から概ね現在の姿に近いものになった。面積約7.9haの公園で[14]、園内には市内35県人会による「ふるさとの森」、大倉山公園野球場(有料)、神戸市立図書館、児童遊園[15]などがある。 また園内には多数の彫刻やモニュメントが設置されており、緑と調和した拡張高い公園景観を作り出すとともに、この公園の歴史の深さを感じることができるようになっている。 その一つの例に、伊藤博文公銅像台座がある[16][17][18][19]。銅像は太平洋戦争中の金属供出により撤去された。なお、大倉山公園の東側に清風児童館[20]・清風公民館[21]がある[14]

大倉山ゾーン編集

神戸市は、神戸らしい都市景観を形成している地域や形づくっていくべき地域を、都市景観条例に定める「都市景観形成地域等」に指定しており、1985年に神戸駅・大倉山都市景観形成地域を指定した。

その後、景観法の制定に伴い、同地域は2006年に景観法の定める「景観計画区域」に移行している。この中の大倉山ゾーンについては、建築物等の意匠や高さおよび幅の制限などが設けられている。大倉山ゾーンは、大倉山のある楠町から神戸駅に向かって橘通、多聞通を含む地域として設定されている[10]

写真編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ データ作成:2010.3 神戸大学附属図書館 神戸又新日報 1935.7.24(昭和10)
  2. ^ a b 角川日本地名大辞典 28 兵庫県』(1988.10.8 初版発行) P286 “大倉山<中央区>”
  3. ^ a b 「大倉山」の解説 KOBEの本棚 最終更新日 1996年9月20日 -神戸ふるさと文庫だより- 第20号 1996年9月20日 編集・発行 神戸市立中央図書館
  4. ^ 創立者 大倉喜八郎 東京経済大学
  5. ^ 神戸兵庫名勝絵図(明治19年(1886年))神戸中央図書館デジタルアーカイブズ
  6. ^ 廣嚴寺(楠寺) 瑠璃光苑
  7. ^ 浄土宗 大悲山 安養寺
  8. ^ 神戸大学電子図書館 神戸関係の資料と地図 日本海軍による第百号海図「神戸港」(1895年(明治28年)) で、拡大すると安養寺山の山頂のマークのところに177呎(フィート)(53.9m)の記載が見える。角川日本地名大辞典の55.7mとは合わないが、近い数字と見ることはできる。
  9. ^ mapion地図神戸大倉山(右クリックで標高が表示される)
  10. ^ a b 「神戸駅・大倉山都市景観形成地域」神戸市 都市計画総局 計画部 まちのデザイン室 2013年9月23日閲覧
  11. ^ 神戸市ホームページ 公報3301号 - 20130305
  12. ^ 兵庫県 生田 警察署 警察署管内の交番の名称、所在地一覧
  13. ^ 神戸市公園緑化協会「大倉山公園」
  14. ^ a b 神戸市公園緑化協会「園内マップ/大倉山公園」
  15. ^ 神戸市公園緑化協会「児童遊園の遊具/大倉山公園」
  16. ^ KOBEの本棚
  17. ^ 伊藤博文と神戸のゆかり@大倉山公園
  18. ^ 旧伊藤博文公銅像台座
  19. ^ 神戸市公園緑化協会「旧伊藤博文公銅像台座/大倉山公園」
  20. ^ 神戸市立清風児童館
  21. ^ 神戸市立清風公民館
  22. ^ a b 神戸 諏訪山公園 金星台からの展望 2010/03/01

関連項目編集

外部リンク編集