メインメニューを開く
画像提供依頼:大倉邦彦の画像提供をお願いします。2019年8月

大倉 邦彦(おおくら・くにひこ、旧姓:江原 、1882年明治15年)4月9日 - 1971年昭和46年)7月25日)は日本実業家教育者

大倉洋紙店(現・新生紙パルプ商事)会長。現在の神奈川県横浜市港北区大倉山大倉精神文化研究所を創設。第10・11代東洋大学学長。

略歴編集

 
大倉精神文化研究所

1882年4月9日、佐賀県神埼郡西郷村(現神埼市)の士族・江原家に生まれる。1902年に旧制佐賀中学校、1906年上海東亜同文書院を卒業の後、大倉洋紙店に入社。社長の大倉文二に見込まれて婿養子となり、その後社長に就任、事業を大きく発展させる。

日本の教育界・思想界の乱れを憂えた邦彦は、教育の重要性を説き、私財を投じて東京目黒に富士見幼稚園、郷里である佐賀県西郷村に農村工芸学院などを開設したほか、この考えをさらに広く普及させるべく、1932年には現在の神奈川県横浜市港北区大倉山大倉精神文化研究所を創設する。また、1937年、第10代東洋大学学長に就任し、在任は2期6年に渡った。

戦後まもなくA級戦犯容疑で巣鴨プリズンに拘禁されたが、後に嫌疑がはれて釈放され、研究所理事長兼所長に復帰する。戦中戦後の混乱期に研究所は何度も存亡の危機を迎えたが、邦彦は全私財をなげうって研究所の維持に尽力した。1961年大倉洋紙店会長となる。1971年、数々の功績が認められ、教育功労者として勲三等旭日中綬章(旭日章)を賜る。同年7月25日(三空忌)に逝去。享年89。号を三空居士と称した。

大倉邦彦と東洋大学編集

東洋大学1937年の学長銓衡にあたって、学外から大倉邦彦を招聘した。学外者に就任を要請した背景には次の3つの問題があった。

  1. 思想的な問題 - 戦時下の当時では超国家主義への右翼的「革新」が叫ばれていたが、大倉は「言論界の革新陣営に、はなはだ好評であった」[1]人物で、東洋大学の建学精神(護国愛理)と大倉の堅持する精神とが全く合致するものであることを強調し[2]「本学への協力を懇望した」[3]のである。
  2. 経営問題 - 1937年(昭和12年)には、学生数600人、新入生270人を予想して予算が立案されたが、実際の学生数は377人で[4]、「収入は予想額の4割の大幅減」[5]であった。このような慢性的な悪化状況にあった大学経営の打破を、「財界において数社の社長を兼ね、相当な財力、経営手腕」[3]を持っていた大倉に期待したのである。
  3. 学内教員の問題 - 1931年(昭和7年)頃からの「学祖の精神に還れ」という復古運動の根底には、「東京大学依存の教育体制を徐々に改め、私学の独立を期す」[6]という目的があった。哲学館以来、東洋大学は「東京帝国大学の出店」といわれて、東洋大学の学歴のみで「教壇に立つ者は、絶無の状況で」[7]あったので、校友側は新たな学長を擁立して「東洋大学民族主義」を促進しようという政治的意図があったのである。
 
戦前の東洋大学原町校舎

それまで教育においても研究においても不振続きであった東洋大学に、学問も具体的な形で社会の役に立たなければならないと考えていた大倉は、その後、卒業生の活動分野をより一層拡大、強化することを狙う。そして「福利教養講座」「満州講座」を発展させ、1939年専門部拓殖科1941年には専門部経済教育科を新設したのである。

それまで文科系単科大学だった東洋大学にとって、これら2学科の新設は新たに社会科学系の分野を開拓しただけでなく、学生の就職をサポートすることにもつながった。一時は377人にまで激減した学生数は大倉の施策によって減少傾向はとどまった。その後は学部予科専門部とともに学生数が増加し、6年後の1943年度には1491人にまで増加したのである [4]

大倉先生は就任以来六ヶ年、終に終始無俸給で奉任されたのである。のみならず、度々私財を本学の為に投じてその額実に十数万円の巨額に達してゐるのである。この二三の事実の前にも我々は先生の御深恩を終生忘れることは出来ない。 — 『東洋大学護国会々報』 第11号 昭和18年10月

栄典編集

著書編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 東洋大学 『東洋大学八十年史』 1967年、329頁
  2. ^ 「躬行」 第四十二号(東洋大学創立百年史編纂委員会・東洋大学井上円了記念学術記念センター 『東洋大学百年史』 通史編Ⅰ、学校法人東洋大学、1993年、1118頁)
  3. ^ a b 『東洋大学八十年史』 328頁
  4. ^ a b 『東洋大学百年史』 通史編Ⅰ、1141頁
  5. ^ 『東洋大学八十年史』 326頁
  6. ^ 『東洋大学八十年史』 410頁
  7. ^ 『東洋大学八十年史』 345頁

外部リンク編集