メインメニューを開く

株式会社大倉陶園 (おおくらとうえん, OKURA CHINA, INC.)は、横浜市戸塚区に本社を置く日本陶磁器メーカーである。親会社のノリタケカンパニーリミテドらとともに森村グループの一員でもある。

株式会社 大倉陶園
OKURA ART CHINA, INC.
Ookuratouen.JPG
戸塚本社(2009年10月撮影)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
245-0052
横浜市戸塚区秋葉町20番地
設立 1919年5月15日
業種 ガラス・土石製品
法人番号 3020001007196
事業内容 洋食器、陶磁器の製造販売
代表者 鈴木 好幸
資本金 24百万円
純利益 ▲894万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 6億8190万3000円(2019年03月31日時点)[1]
主要株主 ノリタケカンパニーリミテド(37.4%)
2006年3月現在)
外部リンク http://www.okuratouen.co.jp/
テンプレートを表示
大倉陶園戸塚本社遠景

日本で従来からあった伝統的な呉須の染付や、ヨーロッパから取り入れた各種技法を用いて、日常品というよりはむしろ鑑賞価値の高い高級磁器を製造することを得意としている。

沿革など編集

大倉孫兵衛と息子の和親によって、東京市蒲田区(現・大田区)で大倉陶園が設立された。なお、創業日は工場の地鎮祭を行なって起工した1919年5月15日である。孫兵衛は万国博覧会で鑑賞した西洋陶磁器に刺激を受けて、日本では当時製造されていなかった硬質な白磁の製造を目指したとされる。

しかし硬質磁器の高級洋食器の製造は困難であり、製品を出荷したのは大倉孫兵衛の死後の1922年であった。1924年三越と取引を開始して市販を始め、1929年には紋章入りディナーセットを海外へ出荷している。また、1932年に在ワシントン日本大使館にディナーセットを納入している。

1943年東久邇成子昭和天皇の長女)の成婚では食器調達を受け持ったが、1945年4月15日空襲で工場が全焼してしまう。

しかし翌年には製品の出荷を再開し、1948年にはディナーセットを作製できるまでになった。税制改革などの影響で1950年5月には法人化し、株式会社大倉陶園となった。1952年大倉陶園販売株式会社も設立したが、朝鮮戦争による好景気が一段落した1955年にこれを閉鎖して日東陶器商会(現・ノリタケテーブルウェア)に販売を委託した。

1959年皇太子明仁親王同妃美智子の成婚時には晩餐会の食器を納め、以後も日本の皇室御用達窯となっている。なお、この年横浜市戸塚区で新工場の建設に着工している。翌年には戸塚に移転し、長野県軽井沢町に夏季直営店を開いた。

1974年迎賓館(赤坂離宮)改修時に納めたディナーセットは、大倉陶園の代表作の一つである。これは数種類のセットからなり、まず150人揃の正餐用食器がある。これは国賓が主催して天皇などを招くリターンバンケットに用いられるもので、一人当たり十数点の食器があり、金彩などを施した豪華な作風になっている。次に250人揃の歓迎会用食器があり、これはビュッフェスタイルのレセプションで用いられる。レセプションは大広間で行なわれ、正餐を行なう重厚な大食堂と違ってロココ風の雰囲気のため、食器もこれに合わせた軽やかな明るい仕上がりになっている。この他に、国賓や随員の朝食などに使う60人揃の個室用食器があり、藍一色の月桂樹オリーブが描かれている。

1995年には組織を改変して製造と業務部の2本立てとするとともに工場・画工場を設置し、現在に至る。

直営店編集

年表編集

脚注編集

参考文献編集

  • 大倉陶園『大倉陶園75年譜』大倉陶園、1995年11月。

外部リンク編集