メインメニューを開く

大内 弘興(おおうち ひろおき、生没年不詳)は、戦国時代大内氏の一族。通称は九郎二郎。大内家第30代当主・大内義興の次男で、同第31代当主・大内義隆の弟に当たる。早世したため事績は無い[1]

脚注編集

註釈編集

出典編集

  1. ^ 福尾猛市郎 著『人物叢書‐大内義興』吉川弘文館、1989年、p.64

参考文献編集

書籍
史料