メインメニューを開く

大内 登(おおうち のぼる、1974年6月3日 - )は、日本テレビディレクターテレビプロデューサー。SWEAT株式会社代表取締役。元お笑い芸人(元ビビる)。福島県郡山市出身。身長177cm、血液型AB型福島県立安積高等学校明治大学卒業。既婚者であり子供もいる。

大内 登
生誕 (1974-06-03) 1974年6月3日(45歳)
福島県郡山市
職業 テレビディレクターテレビプロデューサー
身長 177 cm (5 ft 10 in)
配偶者 あり

目次

プロフィール編集

1995年大木淳と共にお笑いコンビビビる」を結成。コンビではツッコミを担当していた。その後ラジオのパーソナリティーやテレビのバラエティ番組などで活躍する。

順調に活動の場を広げていた2002年4月、『ビビるの@llnightnippon.com』(ニッポン放送)で、突然「ビビる」からの脱退と芸能界からの引退を表明する。相棒の大木は、コンビ名「ビビる」の名を残し、ビビる大木として活動している。

ビビる脱退後は、一時イタリアンレストランの従業員として勤務の後、芸能事務所レヴィプロダクションズ(現・レプロエンタテインメント)に勤務。同社所属のこずえ鈴(当時)、時任三郎の現場マネージャーを担当した。

その後テレビ番組制作会社ケイマックスに入社し、ディレクター・プロデューサー職を担当。バラエティ番組を裏方として支えていたが、2014年8月現在でケイマックスを退職していたことが明らかになっている。[1]しかし、2016年6月、元相方のビビる大木によりテレビ番組制作会社の社長になったと語られた。[2]

エピソード編集

  • コンビ結成当時、すでに芸人として活動していた大木に対して、大内は全くの素人であった。
  • 一時期、「マセノボルTX」(マセノボルティックス)と改名させられていた。名付け親はネプチューン名倉潤
  • 2008年9月30日放送の『笑う犬2008秋』でははっぱ隊のコントで久しぶりに出演、元気な姿を見せた。それ以降も『笑う犬』の復活特番には継続的に出演している。
  • プロデュース番組『内村さまぁ〜ず』に元相方のビビる大木がゲストMCとして出演する際は、番組最後で大木と共にコントを披露するのが恒例となっている。
  • 内村さまぁ〜ず第101回ではロケ地をくじで決めることとなり、その結果大内の家で収録を行った。

担当した主な番組編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 内村さまぁ~ず GUAMで4Kの可能性をお届けしたい男たち!!」より
  2. ^ 「一周回って知らない話 今さら聞けない芸能界のギモンを全て本人に直撃!」より

外部リンク編集