大出 晁(おおいで あきら、1926年 - 2005年2月8日)は、日本の哲学研究者、慶應義塾大学創価大学名誉教授。

来歴編集

東京で蒲田病院医師・大出俊夫の子に生まれる。母の兄は小出正吾慶應義塾大学文学部哲学専攻卒業。1952年よりパリ大学ソルボンヌ校、アンリ・ポアンカレ研究所、ベルギーのルーヴァン大学哲学研究所。58年慶應義塾大学文学部助教授、65年教授。慶應義塾常任理事、同図書館長、同文学部長、同大学院文学研究科委員長。82年「論理と経験世界」で慶應大学文学博士。90年慶應大学定年退職、名誉教授、創価大学文学部教授。2001年退職、名誉教授。

著書編集

  • 『わたしたちの数学の論理学 すじ道だった数学の考えかた』牧書店 1962年
  • 『日本語と論理 その有効な表現法』1965年 講談社現代新書
  • 『自然な推論のための論理学』勁草書房 1991年
  • 『パラドックスへの挑戦 ゲーデルとボーア』岩波書店 1991年
  • 『論理の探究』慶應義塾大学出版会 1998年
  • 『知識革命の系譜学 古代オリエントから17世紀科学革命まで』岩波書店 2004年
  • 『大出晁哲学論文集』野本和幸編 慶應義塾大学出版会 2010年

共編著編集

  • 『科学のなかのパラドックス』編 ダイヤモンド社 1970年
  • 『論理学』高野守正共著 慶應義塾大学出版会 1999年

翻訳編集

参考編集

  • 「大江晁先生を偲んで」野本和幸:[1][1]
  • [2]

編集

  1. ^ 大学教員としては常に大江晃であり、筆名で「大出」姓を名乗った。