メインメニューを開く

大分市営陸上競技場(おおいたしえいりくじょうきょうぎじょう)は、大分県大分市の津留運動公園にある陸上競技場。施設は大分市が所有し、株式会社スポーツジョイ、大分市陸上競技協会および株式会社グリーンフジタの3団体で構成される「大分リバースタジアム」が指定管理者として運営管理を行っている。

大分市営陸上競技場
大分市営陸上競技場
大分市営陸上競技場の位置(大分県内)
大分市営陸上競技場
施設情報
所在地 大分県大分市西浜1-1
位置 北緯33度14分47.2秒 東経131度37分22.87秒 / 北緯33.246444度 東経131.6230194度 / 33.246444; 131.6230194座標: 北緯33度14分47.2秒 東経131度37分22.87秒 / 北緯33.246444度 東経131.6230194度 / 33.246444; 131.6230194
開場 1965年7月1日
修繕 1984年2月1日
拡張 1993年10月13日、1997年1月31日
所有者 大分市
運用者 大分リバースタジアム
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 70m×100m
使用チーム、大会
別府大分毎日マラソン
大分国際車いすマラソン
日本製鉄大分サッカー部
収容能力
メインスタンド4,443人、芝生スタンド11,500人
アクセス
JR大分駅から徒歩30分・タクシー10分
大分インターより車で20分

目次

概要編集

運営管理者の「大分リバースタジアム」の名前のとおり、大分川河口付近の右岸に位置する、日本陸上競技連盟第2種公認陸上競技場。1965年の全国高校総合体育大会と1966年の国民体育大会の開催に向けて建設された。毎年2月に開催される「別府大分毎日マラソン」と10月末頃開催の「大分国際車いすマラソン大会」のフィニッシュ地点として知られる。

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する大分トリニータは2001年の大分スポーツ公園総合競技場(ビッグアイ、現・昭和電工ドーム大分)完成前は本競技場をホームスタジアムとしており、1996年1月、当地で行われた全国地域サッカーリーグ決勝大会に進出し、当時決勝リーグ2位までに与えられるジャパンフットボールリーグ(旧JFL)の昇格権を獲得した他、1999年J2最終節モンテディオ山形との、いわゆる「秋天の陽炎」といわれた死闘(3位に終り、当時2位までに与えられるJ1昇格権を失った)が行われた。ビッグアイ(大分銀行ドーム)完成後も本競技場を併用していたが、2003年にJ1昇格を果たしてからは、J1の開催基準(椅子で15,000人以上、J2でも1万人以上収容の客席が必要)の問題上ホームスタジアムの指定から外された。その後は、トリニータのJサテライトリーグの試合会場として使用していた時期もある。現在はトップチームの練習場のひとつとして利用しているが、2019年シーズンは同年開催予定のラグビーワールドカップの試合会場の一つとして大分スポーツ公園総合競技場が使用される関係で、17年振りにトリニータのホームゲーム2試合が開催予定[1]

トリニータがJリーグ参戦する以前はそれ以外のチームの主管試合も行われているが、1996年8月14日に開催が予定されていたJリーグナビスコカップ予選「京都パープルサンガ - 柏レイソル」の試合が、台風12号の影響による暴風雨のため、Jリーグのリーグ戦・カップ戦を通して史上初めての開催中止となった。[2]

Jリーグ以外にも、日本フットボールリーグヴェルスパ大分と、九州サッカーリーグ日本製鉄大分がホームスタジアムとして使用した経験がある。

施設概要編集

  • 所在地:大分市西浜1-1
  • 収容人員:15,943人(メインスタンド4,443人、芝生スタンド11,500人)
  • ナイター照明設備:4基
  • トラック:全天候型ウレタン舗装、9レーン(1周400m、直線100m)
  • フィールド:
  • Jリーグで使用する場合、得点掲示は電光板がないためバックスタンドに仮設のパネル板を設置していた。
 
市営競技場全景

交通編集

  • 大分バス大分交通バス(共同運行)、「大分バス本社前6番のりば」停留所より、「競技場前」停留所にて下車

関連項目編集

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ “9月の2試合 大分市営陸上競技場で ラグビーW杯の代替”. 大分合同新聞. (2019年1月24日). オリジナルの2019年2月12日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/GNCht 2019年2月12日閲覧。 
  2. ^ なおこの試合の代替は当競技場ではなく、8月24日万博記念競技場に会場・日程を変えて行った

外部リンク編集