大分朝日放送

大分県のテレビ朝日系列局

大分朝日放送株式会社(おおいたあさひほうそう、: Oita Asahi Broadcasting Co., Ltd.)は、大分県放送対象地域とし、テレビジョン放送事業を行っている特定地上基幹放送事業者である。本社は、同県大分市新川西にある。略称OAB[3]

大分朝日放送株式会社
Oita Asahi Broadcasting Co., Ltd.
Oab logo.svg
OAB Garden Studio FiveとOAB本社屋
大分朝日放送本社
種類 株式会社
略称 OAB
本社所在地 日本の旗 日本
870-8524
大分県大分市新川西2丁目7番1号
北緯33度14分57.3秒 東経131度36分19.7秒 / 北緯33.249250度 東経131.605472度 / 33.249250; 131.605472座標: 北緯33度14分57.3秒 東経131度36分19.7秒 / 北緯33.249250度 東経131.605472度 / 33.249250; 131.605472
設立 1992年5月25日
業種 情報・通信業
法人番号 8320001000034 ウィキデータを編集
事業内容 テレビ放送事業
代表者 代表取締役社長 橋本仁
資本金 30億円
売上高 3,513,061,000円(2021年3月期)[1]
営業利益 122,611,000円(2021年3月期)[1]
経常利益 140,053,000円(2021年3月期)[1]
純利益 88,226,000円(2021年3月期)[1]
純資産 7,018,798,000円(2021年3月期)[1]
総資産 8,208,005,000円(2021年3月期)[1]
従業員数 70名
決算期 毎年3月31日
主要株主 (2020年7月1日現在)[2]
外部リンク www.oab.co.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示
大分朝日放送
英名 Oita Asahi Broadcasting Co., Ltd.
放送対象地域 大分県
ニュース系列 ANN
番組供給系列 テレビ朝日ネットワーク
略称 OAB
愛称 OAB
OAB大分朝日放送
呼出符号 JOBX-DTV
呼出名称 OABデジタルテレビジョン
開局日 1993年10月1日
本社 870-8524
大分県大分市新川西2丁目7番1号
演奏所 本社と同じ
リモコンキーID 5
デジタル親局 大分 32ch
アナログ親局 大分 24ch
ガイドチャンネル 24ch
主なアナログ中継局 #主な送信所・中継局参照
公式サイト www.oab.co.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示

概要編集

コールサインJOBX-DTVで、ANN系フルネットのテレビ局である。

直接受信可能エリアは大分県のほぼ全域と、福岡県京築南部(九州朝日放送のエリア)、愛媛県豊後水道沿岸部の一部や松山市(愛媛朝日テレビのエリア)、山口県周防灘沿岸部の一部(山口朝日放送のエリア)。ただし、大分県内においても直接受信による視聴が困難な地域もある(後述)。

2006年12月1日より、同局のマスコットキャラクターとしてそらぽを採用している[4]

本社・支社編集

資本構成編集

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:[5][6][7]

2021年3月31日編集

資本金 発行済株式総数 株主数
30億円 60,000株 39
株主 株式数 比率
テレビ朝日ホールディングス 11,990株 19.98%
朝日新聞社 11,200株 18.66%
九州朝日放送 06,173株 10.28%
大分合同新聞社 04,500株 07.50%
大分県 03,000株 05.00%
フジ・メディア・ホールディングス 03,000株 05.00%

過去の資本構成編集

沿革編集

  • 1989年平成元年)11月13日 - 大分県の第3局の開設するため放送普及基本計画を変更を諮問(石川の第4局、愛媛、山口、宮崎の第3局と同日)[9]
  • 1992年(平成4年)5月25日 - 会社設立[3]
  • 1993年(平成5年)10月1日 - 大分県内3番目のテレビ局として開局[3][注 1]
  • 2003年(平成15年) - 開局10周年を記念して、記念キャッチコピーと記念ロゴを制定。
  • 2006年(平成18年)
  • 2007年(平成19年)6月1日 - スタジオのHD化完了。これで、県内全放送局がHD対応のスタジオを持つこととなった。
  • 2011年(平成23年)7月24日23時 - 地上アナログ放送停波。
  • 2014年(平成26年)- 開局20周年記念事業で社屋をリニューアルするとともに、ガーデンスタジオを建設[12][13]
  • 2019年(平成31年、令和元年)4月15日 主調整室(マスター)を更新(東芝製)。

ネットワークの移り変わり編集

主な送信所・中継局編集

地上デジタル放送のリモコンキーIDは「5」である。大分県のリモコンキーIDは開局順に割り当てられたため、民放3局目の本局が「5」となった。ANN系列キー局テレビ朝日に合わせて使用している。「5」は朝日放送テレビ(ABCテレビ)・名古屋テレビ放送(メ〜テレ)・九州朝日放送(KBC)・北海道テレビ放送(HTB)を除くANN系列全フルネット局で共通している(ABCテレビ・メ〜テレ・HTBは「6」、KBCは「1」を使用しているため)。

「5」は大分県の民放ではJNN系列の大分放送(OBS)がアナログ親局に使用されていたが、OBSのリモコンキーIDは「3」を割り当てられたため「5」を引き継がず、本局が「5」を割り当てられた。アナログ親局5chを使う先発他系列局がある地域のANN系列局でリモコンキーID「5」を使用する放送局は、新潟テレビ21(UX)と長崎文化放送(NCC)がある。

また平成新局であり、アナログ中継局の数はNHK大分の86、OBSの83、TOSの84に対し、OABは24ヶ所と先発局と比較して極端に少なかった。特に山間部ないし旧町村部で受信できない地域が多かった。地上デジタル放送では新たに設置された中継局もあり、アナログ時代に比べれば改善されているものの、2008年6月30日時点の市町村別ロードマップでは、アナログ・デジタルとも難視聴の世帯は7,370世帯[14]と、1,500世帯程度のNHK・OBSに比べて約4倍、2,000世帯程度のTOSに比べても約3.5倍もあり、特に西国東郡香々地町(現在の豊後高田市の一部)及び大田村(現在の杵築市の一部)では受信できる世帯が全世帯の半数以下にとどまっていた。2021年現在のデジタル送信所・中継局の数は、NHK大分が69、OBSとTOSがそれぞれ68に対し、OABは40ヶ所[3]となっている[注 2][注 3]

なお、ケーブルテレビは県内では区域外再放送に当たらないが、愛媛朝日テレビの松山本社(物理17ch)・宇和島中継(同23ch)が大分市別府市などの国東半島地域で、九州朝日放送の黒木中継(同15ch)が日田市のごく一部で受信できる場合があるほか、大分県の一部でKBCの再放送を行うケーブル局がある。

※:垂直偏波

 
テレビ朝日系列のリモコンキーID地図

アナログ放送編集

2011年7月24日停波時点

  • 中部
    • 大分 24ch JOBX-TV 10kW
    • ※野津原 18ch 30W
    • ※大分東 62ch 10W
    • ※東植田 31ch 3W
    • 大分南 38ch 1W
    • ※大分高崎 51ch 0.1W
    • ※別府亀川 60ch 0.1W
    • 庄内 39ch 10W
    • 湯布院 37ch 3W
    • 山香若宮 40ch 0.1W
    • 臼杵 33ch 3W
    • 臼杵海添 59ch 0.1W
    • ※野津市 41ch 0.1W
    • 津久見 28ch 10W
  • 北部
    • 中津 17ch 100W
    • 宇佐安心院 40ch 10W
    • 国東 62ch 100W
  • 西部
    • 玖珠 27ch 100W
    • 日田 49ch 30W
    • 竹田 31ch 30W
    • 直入 54ch 3W
  • 南部
    • 佐伯 31ch 100W
    • 三重 21ch 100W
    • 緒方 27ch 10W

主なテレビ番組編集

  • OABニュース(月曜-金曜11:57-12:00)[注 4]、(土日17:48.54-)[注 5]
  • じもっと!OITA(月曜-金曜18:15-19:00)
  • 5スタ(月-木曜10:25-10:30)
  • 金様の鍵(金曜9:55-10:40)
  • タウンスパイス(月 - 木曜11:35-11:40)
  • JOKER EX(火曜24:15-24:45)
  • 四季彩(不定期)
  • そらぽがみたい!(日曜16:25ー16:30、番組紹介)
  • れじゃぐる(土曜11:57-13:00)
  • マイベストプロファイル(土曜17:55-18:00)
  • 大野タカシと○○の夜分、おじゃまします。(土曜24:00)
  • お!(日曜17:55-18:00)
  • SOLD OUT(日曜25:15-25:20)
    • Jリーグがシーズンオフの時は「そらぽがみたい!」を放送。2010年シーズンのみJリーグメディアプロモーションから公式試合映像の収録を受託、また同映像を使用したスカパー!Jリーグ中継・トリニータホームゲームの制作を受託し、OABアナウンサー(試合によっては九州在住フリーアナも)が実況を行っていた(2011年シーズンからテレビ大分が業務を受託、2009年シーズンまではテレビ大分関連会社のTOSエンタープライズが業務を受託)。[要出典]
  • 大分ふるさとCM大賞
  • 駅のある風景
  • 大分国際車いすマラソン (2016年より放送権がJNN系列の大分放送とBS-TBSに移行。)

※ハイビジョン制作の番組では自社制作番組のみ、ハイビジョン制作 HI-VISIONを表示していた(テレビ朝日方式・2007年11月1日-2008年7月24日。2007年10月31日までは民放連統一の「HV ハイビジョン制作」TBSテレビ東京方式)ロゴを使用していた)。なお、テレビ朝日とは違い縁取りがある(字幕放送データ放送の表示も同様に縁取りあり)。[要出典]

  • ニッポンの酒シリーズ(毎年12月放送。KFBUXabnHABKABQABとの共同制作、幹事局は年により異なる。)

系列局制作の遅れネット編集

他系列の番組編集

大分県内に系列局がないテレビ東京系の番組の多くを先発2局に押さえられているため、他系列番組の数は少数にとどまる。

テレビ東京系列編集

終了したテレビ番組編集

自社制作番組編集

テレビ東京系列編集

開局時に先発民放から移行した番組編集

TOSからの移行番組編集

OBSからの移行番組編集

民教協の番組は除く。

アナウンサー編集

在籍者編集

過去に在籍したアナウンサー・キャスター編集

男性編集

女性編集

ウォーターマーク編集

  • 2009年1月12日以降、地上デジタルテレビ放送で画面右上に「OAB」の局ロゴのウォーターマーク表示をCM中を除き常時表示している。

補足編集

  • 大分県で3局目に開局した民放テレビ局であるが、2局目のテレビ大分から23年半ぶりの新局開局として試験放送時にニュースステーション久米宏ビートたけしのTVタックルなど、大分初登場となる番組を中心に大分朝日放送視聴者向けのスポットCMを行っていた。[要出典]
  • 大分朝日放送のコールサイン『JOBX-TV』は、1959年に朝日放送(ABC。当時はラジオ単営)が吸収合併するまで大阪テレビ放送(OTV)が使用していた。[要出典]
  • 演奏所のある大分市新川のビルの前に、「OABオートスタジアム」という中古車販売店を演奏所以上の広さで営業した。(2010年4月末廃業)県内の民放は全社中古車販売店を所有するが、最も早く参入を果たした放送局はOABである。[要出典]
  • 中古車展示場とは反対に住宅展示場は県内民放で唯一参入していなかったが、福岡地所グループ(FJグループ)が開発する住宅地パークプレイス大分公園通り内に同社が運営していた「そうぞうの森住宅展示場」をFJグループとOABが共同で運営する「OABパークプレイス住宅展示場スムスム」としてリニューアルし、2012年10月6日にオープンし、住宅展示場にも参入した。[要出典]
  • 2006年12月1日地上デジタル放送開始当初は、県内の放送局で唯一HD対応のスタジオを持っていなかった。2007年6月1日に本社スタジオのHD化が完了し、自社制作生放送番組のHDによる制作・放送を開始した、その後7月からは番宣CMや一部のイベントのCMがハイビジョンで流れるようになった。そして、2008年10月に、HD対応の中継車を導入した(県内放送局では最後に導入)。[要出典]
  • 天気予報はウェザーニューズが提供している。[要出典]
  • テレビ朝日制作の番組や映画のOAB向けのCMには、出演者がそらぽの人形を持って出演していることが多い。その際、CMの最後で「(番組や映画を)見てぽ」などと出演者が語尾に「ぽ」を付ける。[要出典]
  • 普段は自然災害や重大事故発生時など緊急時以外は終夜放送を行っていないが、2007年12月14日の深夜(実際は同年12月15日)は通常のクロージングをカットし、次の放送開始まで天カメによるフィラー映像を流していた(当日、ルネサンス佐世保散弾銃乱射事件が発生し、犯人は逃走中だった。)。[要出典]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 九州・山口地区では、OABと同じテレビ朝日系列の山口朝日放送(yab)と同日に開局した。
  2. ^ 当局以外の平成新局でデジタル完全移行後もカバーできていないのは長野県長野朝日放送山口県山口朝日放送愛媛県あいテレビ愛媛朝日テレビがある。
  3. ^ OABのみ設置されていない中継局は、豊後大田、千歳、一尺屋など。一方、アナログ放送で中継局を設置していた大分南、大分高崎、別府亀川には、デジタル放送の中継局は設置されず、アナログ放送終了と同時に運用を終えた。
  4. ^ テレビ朝日制作の『大下容子ワイド!スクランブル第1部』内のANNニュースを、大分朝日放送では月-金曜11:45-12:00)のローカル枠(11:56:55-12:00)の差し替えを行使して放送。
  5. ^ 不定期放送。テレビ朝日制作の『ANNスーパーJチャンネル』を、大分朝日放送ではローカル枠(17:48.54 -)の差し替えを行使して放送。
  6. ^ OAB開局時は『ザ・ニュースキャスター』の途中から。
  7. ^ OAB開局時は『GS美神』の終盤から。
  8. ^ 腸捻転時代OBSで放送されていた。
  9. ^ ただしTOSでは、1980年代半ばの半年間のみの放送だった。
  10. ^ OAB開局時は『さすらい刑事旅情編VI』から。
  11. ^ OAB開局時は『特捜ロボ ジャンパーソン』の終盤から。
  12. ^ ただし、OBSでは自社制作番組『パッチワーク30』の1コーナーとして放送されていた。さらに途中で放送を打ち切ったため、直接移行ではなかった。
  13. ^ OBSでは1993年3月に放送を打ち切ったため、直接移行ではなかった。
  14. ^ 第1作TOSで放送された。
  15. ^ OAB開局時は『五星戦隊ダイレンジャー』の終盤から。
  16. ^ OAB開局時は『勇者特急マイトガイン』の終盤から。ただし、OBSでは『伝説の勇者ダ・ガーン』の途中で放送を打ち切ったため、直接移行ではなかった。
  17. ^ OAB開局時は『暴れん坊将軍V』の終盤から。

出典編集

  1. ^ a b c d e f 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2021』コーケン出版、2021年12月10日、472-473頁。 
  2. ^ 基幹放送事業者の議決権保有状況等 地上系放送事業者”. 電波利用ホームページ. 総務省 (2020年7月1日). 2021年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月31日閲覧。
  3. ^ a b c d e 会社案内”. 大分朝日放送株式会社. 2021年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月31日閲覧。
  4. ^ a b きょうはそらぽの・・・”. そらぽ日記. 大分朝日放送株式会社. 2021年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月31日閲覧。
  5. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2021』コーケン出版、2021年12月10日、474頁。 
  6. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、476頁。 
  7. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、482頁。 
  8. ^ a b 大分朝日放送 代表取締役社長
  9. ^ 愛媛の民放も多局化へ(『南海放送社史 第一部 夢にはじまる 南海放送五十年史(1953年~2003年)』2005年9月、南海放送発行)
  10. ^ “九州全県で視聴が可能となる地上デジタルテレビ放送 ~熊本、大分及び宮崎で試験放送開始~ ~福岡デジタル親局の視聴エリアが拡大~” (プレスリリース), 総務省九州総合通信局・福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎及び鹿児島地上デジタル放送推進協議会, (2006年10月26日), オリジナルの2007年10月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20071030082741/http://www.kbt.go.jp/press/061026-1-1.html 
  11. ^ “地上デジタルテレビジョン放送局に免許” (プレスリリース), 総務省九州総合通信局, (2006年11月21日), オリジナルの2007年8月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20070808152814/http://www.kbt.go.jp/press/061121-1-1.html 
  12. ^ “ローカル探訪 社屋リニューアルでイメージ一新「大分朝日放送」”. Synapse (株式会社ビデオリサーチ). (2017年11月1日). オリジナルの2018年9月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180910204640/https://synapse-magazine.jp/television/2015oab/ 
  13. ^ “「大分朝日放送」ガーデンスタジオ建設でイメージ一新”. Synapse (株式会社ビデオリサーチ). (2017年11月7日). オリジナルの2018年9月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180910204640/https://synapse-magazine.jp/television/2015oab/ 
  14. ^ 地上デジタルテレビ放送市町村別ロードマップ 大分朝日放送(株)   (Microsoft Excelの.xls)”. 総務省. 2013年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月31日閲覧。
  15. ^ 広瀬 俊輔”. アナウンサールーム. 大分朝日放送株式会社. 2021年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月31日閲覧。
  16. ^ 冨永 実加子”. アナウンサールーム. 大分朝日放送株式会社. 2021年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月31日閲覧。
  17. ^ 浅見 眞帆”. アナウンサールーム. 大分朝日放送株式会社. 2021年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月31日閲覧。
  18. ^ 下野 紗弥”. アナウンサールーム. 大分朝日放送株式会社. 2019年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月31日閲覧。
  19. ^ 佐藤 伊音”. アナウンサールーム. 大分朝日放送株式会社. 2021年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月31日閲覧。
  20. ^ 平井 侑貴”. アナウンサールーム. 大分朝日放送株式会社. 2021年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月31日閲覧。

外部リンク編集