メインメニューを開く

大分県デジタルネットワークセンター

大分県デジタルネットワークセンター株式会社(おおいたけんデジタルネットワークセンター、: Oitaken Digital Network Center Co., Ltd、略称DNC)は、大分県にあるケーブルテレビ局をネットワークして、テレビ(地上波・衛星波)の配信、ケーブルインターネット事業を行っている会社。

大分県デジタルネットワークセンター株式会社
Oitaken Digital Network Center Co.,Ltd
種類 株式会社
略称 DNC
本社所在地 870-0037
大分県大分市東春日町1番2号
設立 2002年平成14年)12月16日
業種 情報・通信業
法人番号 4320001003726
代表者 代表取締役 堀一夫
資本金 4,000万円
外部リンク http://www.oita-dnc.jp/
テンプレートを表示

目次

概要編集

県が整備した光ファイバーネットワークを利用し、テレビの完全デジタル化に対応するため、大分ケーブルテレコムが中心となり県内のケーブルテレビ事業者が参加して設立された。

実際に配信事業を始めたのは2004年からで、大分での地デジ開始が2006年暮れだったことから当初は衛星波のみの配信であった。2010年からはCS衛星波番組の高画質配信も始めたが、実際にサービスを提供するのはまだ一部事業者にとどまる。

事業開始当初から各ケーブルテレビの自主制作番組の相互利用をしていたが、2008年にはチャレンジ!おおいた国体チャレンジ!おおいた大会の開催期間中に国体情報番組「めじろん放送局」を初の共同制作、加盟社に配信した。その経験を基に翌年『週刊ケーブル7』の制作・放送を開始、今に至る。

事業所編集

本社
大分市東春日町1番2号(かつてNHK大分放送局があった。)
事務局
別府市堀田7組-1 CTBメディア

参加団体一覧編集

配信チャンネル編集

システムは日本デジタル配信のシステムを利用する。i-HITSベースであったが、HD化によりデジタル配信の全国光ネットワーク利用に順次切り替えられている。なおHDチャンネルについては独自に番号を付している。

  • 代表チャンネルのみ記載
  • chはハイビジョン画質での放送、ほかは標準画質での放送
  • 局名は成人向け(未成年者視聴防止策を求められるもの)
  • 斜字 は配信終了
  • 視聴可能チャンネル、一部のチャンネル番号は事業者により異なる
チャンネル 放送局
HD画質 標準画質
D011(1) NHK大分総合
D021(2) NHK大分Eテレ
D031(3) OBS 大分放送
D041(4) TOS テレビ大分
D051(5) OAB 大分朝日放送
D011-1(6) KBC 九州朝日放送
D071(7) TVQ九州放送
D081(8) TNC テレビ西日本
D041-1(9) RKB毎日放送
D051-1(10) FBS 福岡放送
D111(11) 自主放送チャンネル1
D112 自主放送チャンネル2
BS101(BS1)※ NHK BS1
BS103(BS3)※ NHK BSプレミアム
BS141(BS4) BS日テレ
BS151(BS5) BS朝日
BS161(BS6) BS-TBS
BS171(BS7) BSジャパン
BS181(BS8) BSフジ
BS191(BS9) WOWOWプライム
BS192(BS9) WOWOWライブ
BS193(BS9) WOWOWシネマ
BS200(BS10) C227[1] スター・チャンネル1
(旧スター・チャンネルハイビジョン、スター・チャンネルCS)
BS201(BS10) C228 スター・チャンネル2(旧スター・チャンネルプラス)
BS202(BS10) C229 スター・チャンネル3(旧スター・チャンネルクラシック)
BS211(BS11) BS11
BS222(BS12) TwellV
BS231 C274 放送大学テレビ
BS531 放送大学ラジオ(音声多重放送)
BS910 ウェザーニュース SOLiVE24(動画付き独立データ放送)
C007 チャンネル700(JC-HITS配信)
C020 C218 日テレジータス
C021 C210 J SPORTS 3(旧J sports ESPN)
C022 C213 J SPORTS 1
C023 C214 J SPORTS 2
C024 C215 J SPORTS 4(旧J sports Plus)
C025 C211 スカイ・A sports+
C026 C212 GAORA
C027 C217 ゴルフネットワーク
C030 C222 チャンネルNECO
C031 C226 衛星劇場
C032 ザ・シネマHD
C033 C234 時代劇専門チャンネル
C035 C220 ムービープラス
C040 C233 FOXチャンネル
C041 ユニバーサルチャンネル
C042 FOXCRIME HD
C043 アジアドラマチックTV★So-net
C044 C246 ホームドラマチャンネル
C045 C231 Super!dramaTV
C046 C232 AXN
C047 C235 女性チャンネル♪LaLa TV
C050 C245 テレ朝チャンネル
C051 C282 フジテレビONE スポーツ・バラエティ
C052 C281 フジテレビTWO ドラマ・アニメ
C053 フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
C054 C238 TBSチャンネル[2]
C055 KBS WORLD HD
C056 日テレプラス
C057 エンタメ〜テレ☆シネドラバラエティ
C070 C254 TBSニュースバード
C075 C259 ナショナルジオグラフィックチャンネル
C080 Music Japan TV
C081 C264 歌謡ポップスチャンネル
C082 C262 スペースシャワーTV
C090 C276 釣りビジョン
C223 V☆パラダイス
C224[3] IMAGICA BS(旧洋画★シネフィル・イマジカ)[3]
C225 東映チャンネル
C230 ファミリー劇場
C236 動物チャンネル/アニマルプラネット
C237 AXNミステリー
C240 カートゥーン ネットワーク
C241 アニマックス
C242 キッズステーション
C244 アニメシアターX
C250 CNNj
C251 日経CNBC
C252 日テレNEWS24
C253 TV5MONDE
C255 ヒストリーチャンネル
C256 ディスカバリーチャンネル
C258 朝日ニュースター
C260 大人の音楽専門TV◆ミュージック・エア
C261 MUSIC ON! TV
C263 MTV
C270 囲碁・将棋チャンネル
C271 ショップチャンネル
C272 QVC
C275 大人の趣味と生活向上◆アクトオンTV
C277 旅チャンネル
C278 食と旅のフーディーズTV
C280 MONDO TV
C285 グリーンチャンネル1
C286 グリーンチャンネル2
C290 プレイボーイチャンネル
C291 チャンネル・ルビー
C292 レインボーチャンネル
C293 ミッドナイトブルー
C294 パラダイステレビ
J812 SPEEDチャンネル
配信元が廃局したチャンネル
C041 FOX LIFE HD
C216 ザ・ゴルフ・チャンネル
C253 ブルームバーグテレビジョン
  • 一部のチャンネルは歴史的経緯でJC-HITSから供給されている。
  • 福岡民放5局の地上デジタル放送は当初試験放送の形で開始した。受信点を別府市鶴見岳に設置し、そこで北九州局皿倉山)の電波を受信しているが、時折、韓国からのテレビ電波に起因する混信による画像の乱れがあり、根本解決には至ってない。しかしKBCとRKBについては、地元にマストバイ局があることから3年間の期間限定という条件が付けられ、期間が過ぎた2014年以降各局で順次再送信を取り止めた。残っていた大分ケーブルテレコムも2015年度いっぱいで取り止めた[4]
  • このチャンネルから、各ケーブルテレビ局が配信するチャンネルを選んで配信しているため、すべてのDNC加盟局が全チャンネルを配信しているわけではない。

制作番組編集

週刊ケーブル7
2009年スタート。各局の自主放送チャンネルで放送される。

脚注編集

  1. ^ 内容は一緒だが、標準画質放送の別系統チャンネル「スター・チャンネルCS」として放送されていた。BS完全移行により正式に系統一本化。
  2. ^ 2012年10月1日より「2」の放送開始に伴い「1」が付く。なお「2」の配信については未定(スカパー!e2から先行実施)。
  3. ^ a b 電波放送がBS252chに移行したことで局名を変更したが、配信系統はCS系のまま。
  4. ^ “KBC九州朝日放送とRKB毎日放送の再放送終了について” (プレスリリース), 大分ケーブルテレコム, (2015年4月20日), http://www.oct-net.ne.jp/tv/f201504.html 2015年6月6日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集