メインメニューを開く

大分県道37号佐伯蒲江線

日本の大分県の道路

大分県道37号佐伯蒲江線(おおいたけんどう37ごう さいきかまえせん)は、大分県佐伯市から、同市蒲江に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
大分県道37号標識
大分県道37号 佐伯蒲江線
主要地方道 佐伯蒲江線
総延長 23.0 km
起点 佐伯市地図
終点 佐伯市蒲江【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0388.svg 国道388号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

新佐伯大橋南詰で国道388号と分岐し、山間部を通り旧南海部郡蒲江町の大字蒲江浦で再び国道388号に合流する道路である。海岸線に沿ってカーブが続く国道388号と起終点間の所要時間を比較するとこの道路のほうが短く、道路改良も近年は進んでいるため、佐伯市中心部と旧蒲江町中心部を結ぶ道路として重要な路線である。

路線データ編集

歴史編集

路線状況編集

主なトンネル・橋梁編集

  • 山谷トンネル (200.0m)
  • 轟トンネル (538.4m)

道の駅編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

 
蒲江から佐伯方面

沿線にある施設など編集

  • 佐伯市総合運動公園
  • 佐伯市蒲江地区公民館
  • 佐伯市蒲江振興局
  • 蒲江漁港(屋形島深島方面への連絡船あり)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集

外部リンク編集