大分県道639号神原玉来線

日本の大分県の道路
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
大分県道639号標識

大分県道639号神原玉来線(おおいたけんどう639ごう かんばらたまらいせん)は、大分県竹田市大字神原(祖峰地域)から同市大字玉来(南生地域)に至る一般県道である。

目次

路線概要編集

国道57号と交差する大字玉来の玉来交差点から門田の入田交差点までの区間(約2.2km)は、竹田市祖峰地区や宮崎県西臼杵郡高千穂町五ヶ瀬町などへ通じる県道8号竹田五ヶ瀬線の連絡道路の役目をしており、交通量が多く宮崎県方面の自動車が多く見られ、全線2車線で歩道も完備されている。大字吉田では豊肥本線と交差し大野川を渡る。2008年(平成20年)9月には幅員1.3車線で見通しが悪く大型車との離合が困難だった中尾トンネルの通行困難を解消するため、名水の里 入田トンネルが開通した。

県道8号竹田五ヶ瀬線との入田交差点以南の区間(10.6km)は一変して交通量が大幅に減少し、道路状況も悪くなる。大字神原や豊後大野市緒方町南部までの生活道路へと変貌する。沿線には神原渓谷祖母山麓体験交流施設あ祖母学舎神原キャンプ場がある。起点は祖母山の山腹であり大規模林道宇目小国林道にそのまま接続する。

通過する自治体編集

主な接続道路編集

周辺情報編集

トンネル・橋梁編集

関連項目編集