メインメニューを開く

大分製紙

大分製紙株式会社(おおいたせいし)は、大分県大分市錦町に本社を置く製紙会社再生紙を原料としたトイレットペーパーの製造等を行っており、九州でのトイレットペーパーの生産では60%超のシェアを有する[1]。また全国規模で見た場合でも、2010年の東京商工リサーチによる調査では前回調査時に引き続き生産量日本一として認定された[2]

大分製紙株式会社
OITA PAPER PRODUCTS CO.,LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
870-8691
大分県大分市錦町2-15-27
設立 1953年(昭和28年)10月23日
業種 パルプ・紙
法人番号 3320001000154
事業内容 家庭用紙の製造・販売
代表者 代表取締役社長 田北裕之
資本金 4000万円
売上高 120億円(2013年9月期)
従業員数 270人
主要子会社 九州製紙株式会社
日本フィルム株式会社
日豊運送株式会社
有限会社花菱流通
有限会社日本技研
外部リンク http://www.oita-seishi.com/
テンプレートを表示

目次

沿革編集

事業所編集

  • 本社工場 - 大分県大分市錦町2-15-27
  • 豊前工場 - 福岡県豊前市沓川312番地

主な商品編集

  • ららら・ファミリー

脚注編集

  1. ^ 工場紹介 大分製紙株式会社
  2. ^ 衛藤征士郎. “5日 大分県内で『日本一企業』に6社が選定されました。”. 征士郎ブログ. 2014年8月8日閲覧。

外部リンク編集