メインメニューを開く

大利根町(おおとねまち)は、かつて埼玉県北東部、北埼玉郡にあった。旧・武蔵国埼玉郡東京都市圏#埼玉県(東京通勤圏)。

おおとねまち
大利根町
廃止日 2010年3月23日
廃止理由 新設合併
旧・加須市北埼玉郡騎西町、北埼玉郡北川辺町大利根町→加須市
現在の自治体 加須市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 埼玉県
北埼玉郡
団体コード 11425-1
面積 24.47km2.
総人口 14,214
推計人口、2010年2月1日)
隣接自治体 埼玉県:加須市北葛飾郡栗橋町
北埼玉郡北川辺町
茨城県古河市
町の木 キンモクセイ
町の花 キク
大利根町役場
所在地 349-1193
埼玉県北埼玉郡大利根町北下新井1679-1

大利根町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

特記事項 市外局番:0480(町内全域・久喜MA)
 表示 ウィキプロジェクト
大利根町役場

目次

地理編集

地名編集

注意加須市との合併以前は「豊野台」および「新利根」以外の地名において、下記地名の前に「大字」を付していた。

河川編集

池沼編集

歴史編集

行政編集

歴代町長
氏名 就任年月日 退任年月日
1 中島林蔵 1955年2月6日 1963年2月5日
2 篠塚糾夫 1963年2月6日 1973年6月11日
3 橋本幸雄 1973年7月29日 ?
4-5 篠塚糾夫 1976年4月14日 1984年4月13日
6-8 江森藤男 1984年4月14日 1996年4月13日
9-12 島田徳三 1996年4月14日 2008年4月13日
13 柿沼トミ子 2008年4月14日 2010年3月22日


市町村合併編集

当町は北葛飾郡栗橋町北埼玉郡北川辺町との合併を目指し、新市名を「東埼玉市」(新設合併)としたが、当町の島田徳三町長(当時)が、合併協議会の会長を務めながら町内の反対派の動きを静観したこともあり、2004年9月26日住民投票で当町の反対多数で合併は撤回となった。

その後、島田町長は町議会から辞職勧告を受け、いったん辞職したが出直し選挙で当選し、自立を明言した。しかし2008年3月23日の町長選挙で、元埼玉県知事特別秘書で周辺自治体との積極的な合併を公約とした柿沼トミ子が当選した。その後、同年9月3日加須市大橋良一市長から北埼玉郡騎西町・北埼玉郡北川辺町とともに13の合併を提案され、柿沼町長は前向きな姿勢を示した。2010年3月23日に合併(新設合併)し、新たに「加須市」となった。

経済編集

産業編集

金融機関編集

大利根中央支店
東支店
原道支店
豊野支店

地域編集

教育編集

小学校
  • 大利根町立東小学校
  • 大利根町立元和小学校
  • 大利根町立豊野小学校
  • 大利根町立原道小学校
中学校
  • 大利根町立大利根中学校

公共施設編集

  • 保健センター
  • 童謡のふる里図書館「ノイエ」
  • 大利根町総合福祉会館
  • 大利根町文化体育館
  • 童謡のふる里アスタホール
  • 大利根町運動公園
  • 星子沼公園
  • 豊野台公園
  • 大利根町西部公園
  • さわやかほーむ
  • ふれあいほーむ
  • 中央集会所
  • 多目的研修センター
  • 豊野台テクノタウン管理センター

国の機関編集

利根川上流河川事務所大利根出張所

広域行政編集

消防編集

警察編集

  • 加須警察署(加須市)
    • 東駐在所
    • 原道駐在所
    • 元和駐在所

電話番号編集

市外局番は、町内全域が「0480」。同一市外局番の地域との通話は市内通話料金で利用可能(久喜MA)。収容局は大利根局。

郵政編集

郵便番号は町内全域が「349-11xx」(郵便事業栗橋支店)である。

  • 元和郵便局
  • 豊野郵便局
  • 大利根細間郵便局

交通編集

町内をJR宇都宮線東武日光線がかすめるも、がない。かつては町営の循環バスがあった。現在はタクシーが唯一の公共交通機関である。しかし、東部の旗井地区などは隣町の栗橋駅が近いため、駅周辺の市街地住宅地の一部を構成している。栗橋駅西口開設に伴い、旧・栗橋町と共に栗橋駅西土地区画整理事業も行われた。そのため当町も東京都市圏#埼玉県(東京通勤圏)に属している。

道路編集

一般国道
主要地方道
一般県道

タクシー編集

タクシーの営業区域県南東部交通圏で、春日部市草加市越谷市久喜市八潮市などと同じエリアとなっている。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

その他編集

  • pinkish(ピンキッシュ)
    • 「童謡にちなんだアイドルを育成しよう!」との企画から誕生した「童謡アイドルユニット」。活動を通して「童謡」と「大利根町」を広く外部発信し、地元を活性化する事を目的としている。大利根町特産品のイチゴピンク色とメンバーのフレッシュなイメージから「ピンキッシュ」と名付けられた。

関連項目編集