メインメニューを開く
博多駅よりサンパレス方面を望む
福岡県道43号標識
福岡県道44号標識

大博通り(たいはくどおり)は福岡県福岡市博多区博多駅(バスターミナル前)交差点から福岡サンパレス前までの福岡県道43号博多停車場線福岡県道44号博多港線1.8kmの道路に付けられた福岡市道路愛称

目次

概要編集

 
分離帯に植えられているヤシの木

博多駅博多港博多埠頭、中央埠頭)をほぼ一直線に結んでいる。車道は片側4車線で、福岡市内の道路でも特に広い。呉服町交差点より福岡サンパレス側の中央分離帯にはヤシが植樹されている。

周辺編集

主な接続路線編集

交差する道路
北東←〈大博通り〉→南西
交差する場所 路線番号
空港通り 住吉通り 博多駅バスターミナル前) 県道43号
国体道路国道202号 祇園町
明治通り 呉服町
県道44号
昭和通り 蔵本
那の津通り
県道602号後野福岡線
築港本町
福岡サンパレス福岡国際センター方面

名前の由来編集

歴史のある博多の町の大通りということから(1969年の福岡市制施行80周年を記念した道路愛称事業により制定)。1587年天正15年)、戦火で荒廃した博多の町を復興するため豊臣秀吉による区画整理事業「太閤町割」の端緒として、最初に縄張りがなされた一小路(いちしょうじ、転じて市小路)が拡張され現在の大博通りとなった。

関連項目編集