メインメニューを開く

大原 重実(おおはら しげみ)は、幕末公家、明治期の官僚華族。旧名・綾小路俊実(あやのこうじとしざね)[2]

 
大原重実
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天保4年9月12日1833年10月24日
死没 明治10年(1877年9月6日[1]
改名 常丸(幼名)[1]→綾小路俊実[2]→大原重実
主君 仁孝天皇孝明天皇明治天皇
氏族 大原家綾小路家→大原家
父母 父:大原重徳、養父:綾小路有長
兄弟 重実重朝重克
白川資敬娘・国子、松平頼胤
重貴
養子:重朝
テンプレートを表示

目次

経歴編集

山城国京都で、大原重徳の息子として生まれる[1]。幼名は常丸。

天保8年1月1837年)叙爵し、その後、備後権介に任官[1]安政元年12月1855年綾小路有長の養子となり俊実と改名[1][2]。侍従に就任[1][2]文久3年3月1863年)濫りに諸藩士と交わったことにより閉居を命ぜられた[1][2]

慶応4年1月1868年滋野井公寿と共に赤報隊の盟主に擁立されたが、活動中の金穀強要などを咎められ召喚令が出され帰京した[2]。同年1月24日(2月17日)大原家復籍と相続を命ぜられ、名を重実に復した[2]。同年2月30日(3月23日)海軍先鋒となり、以後、海軍先鋒総督、江戸鎮台補、関八州監察使、左近衛権少将、権弁事、弁官事、東北諸藩賞罰取調掛、皇居造営御用掛、公議所議長、兼制度寮副総裁などを歴任[3]。明治2年6月2日(7月10日)戊辰の戦功により賞典禄100石を永世下賜された[3]。以後、領客使、第一次酒田県知事外務省七等出仕、同六等出仕などを歴任[3]1873年1月17日、父・重徳の隠居により家督を相続[4]1875年12月5日、外務少丞、1877年1月11日、外務少書記官に就任した[3]。同年9月、自邸で強盗に襲われ死去した[1][2]

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『明治維新人名辞典』208頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 『幕末維新大人名事典』上巻、「綾小路俊実」62頁。
  3. ^ a b c d 『百官履歴 上巻』185-188頁。
  4. ^ a b c 『平成新修旧華族家系大成』上巻、321頁。

参考文献編集

  • 修史局編『百官履歴 上巻』日本史籍協会、1928年。
  • 日本歴史学会編『明治維新人名辞典』吉川弘文館、1981年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 安岡昭男編『幕末維新大人名事典』上巻、新人物往来社、2010年。