メインメニューを開く

大友 能直(おおとも よしなお)は、鎌倉時代初期の武将御家人近藤氏の出で、大友氏の初代当主。父は近藤能成(近藤太能成)、母は波多野経家の三女・利根局。養父に中原親能

 
大友能直
Ōtomo Yoshinao.jpg
『大友能直公御一代記』より
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 承安2年1月3日1172年1月29日
死没 貞応2年11月27日1223年12月20日
改名 一法師丸、能直
別名 古庄左近将監、大友左近将監
戒名 勝光殿二豊太能蓮大禅定門
墓所 大分県豊後大野市大野町藤北
常忠寺、勝光寺
官位 左近将監豊前豊後筑後守護
鎮西奉行
幕府 鎌倉幕府
主君 源頼朝
氏族 近藤氏(古庄氏)
大友氏祖(本姓:藤原氏中原氏
父母 父:近藤能成、母:利根局大橋貞能娘、波多野経家養女
養父:中原親能
兄弟 能直重能田村仲教親実
深妙(畠山重能の娘)
親秀(親季)詫摩能秀時直元吉有直親直禅能朝直一萬田時景(景直)、鷲尾秀直志賀能郷豊前能基
田原泰広、女(北条朝時室)

目次

出自編集

相模国愛甲郡古庄郷司であった近藤(古庄)能成の子として生まれ、当初は古庄能直と名のり、次いで父と同じく近藤能直と名乗った。その後、母の生家の波多野経家(大友四郎経家)の領地の相模国足柄上郡大友郷を継承してからは大友能直と名乗る。また父・能成が早世したためか、母の姉婿の中原親能の猶子となり中原能直とも名乗った。

父・能成の弟(叔父)が武藤頼平とされ、頼平の猶子が少弐氏の祖となった武藤資頼である。また頼朝旗揚げ以来の御家人であった近藤国平は又従兄弟とされるほか、弟・田村仲教の子孫が後の水谷氏に繋がるとされている[1]

生涯編集

文治4年(1188年)に17歳で元服。この年の10月14日に源頼朝の内々の推挙によって左近将監に任じられる。病のため相模の大友郷にあり、12月17日になって大倉御所に初めて出仕し、頼朝の御前に召されて任官の礼を述べている。『吾妻鏡』は能直を、頼朝の「無双の寵仁(並ぶ者のないお気に入り)」と記している。翌文治5年(1189年)の奥州合戦に従軍。頼朝の近習を務め、建久4年(1193年)の曾我兄弟の仇討ちでは、曾我時致の襲撃を受けた頼朝が太刀を抜こうとした所を、能直が押し止めて身辺を守った。

建久7年(1196年)正月11日、豊前豊後両国守護鎮西奉行となり、現地へ下向して6月11日に豊後国速見郡浜脇浦より入国した。承元元年(1207年)頃、筑後国守護。任地への在国は一時的だったと見られ、鎌倉を頻繁に往来しており、建暦3年(1213年)の和田合戦では京六波羅に滞在していた。九州には守護代を配していたと見られる。 貞応2年(1223年11月27日、所領・所職を妻子に譲り、京都で死去。享年53。

能直以降、大友氏は代々豊後国大野荘を中心に九州で勢力を伸ばすことになる。

頼朝落胤説編集

母・利根局はかつて源頼朝の妾であり、また養父の中原親能が頼朝の側近だったことから頼朝の寵愛を受け、後の大友氏の興隆の因となる。母との関係から能直を頼朝の落胤とする説があり、大友氏の系図では能直を頼朝の庶子としているが、信憑性はないと見られている[2]。また、利根局が頼朝の妾であったとする話自体が『吾妻鏡』などの当時の記録に記述はなく否定する説もある。なお、弘安年間に作成されたとみられる野津本「大友系図」には藤原秀郷から古庄能成-大友能直が一本の系統で結ばれて異説などの記載が無い事から、鎌倉時代後期には能直を頼朝の落胤とする説そのものが存在しなかったとする指摘もある。なお、後世において足利尊氏が九州で再起を図った際に幼少だった第7代大友氏泰とその兄弟全員を尊氏の猶子に迎え入れた[3]とされており、足利尊氏と大友氏泰の擬制的な親子関係を源頼朝と大友能直に遡らせて作られたのが頼朝落胤説であるとする見方もある[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 尊卑分脈藤原北家秀郷流系図。
  2. ^ 参考文献:奥富敬之『吾妻鏡の謎』
  3. ^ 「建武3年2月15日付足利尊氏御判御教書案」(「大友文書」4-1-17号)『大分県史料』26巻P161)
  4. ^ 渡辺澄夫「野津本『大友系図』の紹介―大友氏出自に関する決定的史料―」(初出:『大分県地方史』134号(1989年)/所収:八木直樹 編『シリーズ・中世西国武士の研究 第二巻 豊後大友氏』(戎光祥出版、2014年) ISBN 978-4-86403-122-6