メインメニューを開く

大口 玲子(おおぐち りょうこ、1969年11月17日 - )は、日本の歌人。本名、宮下玲子[1]。歌誌「心の花」所属。宮崎県宮崎市在住。

概要編集

東京都大田区出身。東京都立日比谷高等学校早稲田大学第一文学部日本文学専修卒業。高校時代から短歌を作り始め、朝日歌壇に投稿。1988年昭和63年)には高校生歌人として「鳩よ!」で特集を組まれている[2]。大学時代は農業体験や環境教育をするサークル「思惟の森の会」に所属。在学中に「心の花」に入会、佐佐木幸綱に師事。1995年平成7年)より、国際交流基金派遣日本語教育専門家として中国吉林省にて日本語を教える[3]1998年(平成10年)、「ナショナリズムの夕立」で第44回角川短歌賞受賞。

生業である日本語教師としての立場から、国家や異文化に目を向けた知的な作風が特徴。俵万智は自身のエッセイにて、第一歌集「海量」を「20代にしては恋の歌が少ない」と評している。第二歌集「東北」以降は結婚によって2000年より移り住んだ東北地方の風土が作風に大きく影響を落としている。

宮城県仙台市に夫と3歳の息子と家族3人で住んでいたが、2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)による東京電力福島第一原子力発電所事故を受け、同年6月に夫を仙台に残して息子と2人で宮崎県宮崎市に移住した[4][5]

受賞歴編集

著書編集

歌集編集

  • 第一歌集『海量(ハイリャン)』(1998・雁書館)
  • 第二歌集『東北』(2002・雁書館)
  • 第三歌集『ひたかみ』(2005年・雁書館)
  • 『大口玲子歌集 海量/東北』(2003・雁書館)
  • セレクション歌人 大口玲子集』(2008・邑書林)
  • 第四歌集『トリサンナイタ』(2012・角川書店
新装普及版 (2013・角川学芸出版
  • 第五歌集『桜の木にのぼる人』(2015・短歌研究社)
  • 歌文集『神のパズル』(2016・すいれん舎
  • 第六歌集『ザベリオ』(2019・青磁社

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.444
  2. ^ 鳩よ! 53号 88年(昭和63年)4月号
  3. ^ 「短歌研究」2013年9月号。
  4. ^ 河北新報連載上で公表 2011年7月5日
  5. ^ 宮崎日日新聞 正月特集(第4部フロント面) 2012年1月1日
  6. ^ 平成24年度芸術選奨 受賞者及び贈賞理由”. 文化庁 (2012年). 2013年6月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月13日閲覧。

関連項目編集