メインメニューを開く

大同メタル工業株式会社: Daido Metal Co., Ltd.) は、愛知県名古屋市中区東京都品川区に本社を置く最大手すべり軸受メーカーである。

大同メタル工業株式会社
Daido Metal Co., Ltd.
Nagoya Hirokoji Building 20140824.JPG
名古屋本社が入居する名古屋広小路ビルヂング
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7245
2005年3月上場
名証1部 7245
1997年9月上場
略称 大同メタル
本社所在地 日本の旗 日本
460-0008
愛知県名古屋市中区二丁目3番1号
名古屋広小路ビルヂング13F
〒140-0002
東京都品川区東品川二丁目2番24号
天王洲セントラルタワー17F
設立 1939年昭和14年11月17日
業種 輸送用機器
法人番号 1180001012595
事業内容 各種軸受メタルの製造・販売
代表者 代表取締役会長CEO:判治 誠吾
代表取締役社長COO:樫山 恒太郎
資本金 84億13百万円
発行済株式総数 4,495万6,853株
売上高 連結:1,077億円 単体:677億円
(2019年3月期)
純資産 連結:664億円 単体:510億円
(2019年3月31日現在)
総資産 連結:1,631億円 単体:1,064億円
(2019年3月31日現在)
従業員数 連結:6,887名 単体:1,296名
(2019年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 7.37%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 6.24%
三井住友信託銀行 4.16%
みずほ銀行 4.16%
三菱UFJ銀行 3.83%
(2018年9月30日現在[1]
主要子会社 大同メタル販売株式会社 100%
大同ロジテック株式会社 100%
大同プレーンベアリング株式会社 100%
外部リンク https://www.daidometal.com/jp/
テンプレートを表示
東京本社が入居する天王洲セントラルタワー

概要編集

  • すべり軸受最大手。主力の自動車向けエンジン軸受(メタル)で世界シェア3割超で首位。産業機械や造船用も強い。
  • 同じ愛知を本拠地とする大同特殊鋼との資本関係はなく、独立系企業である。(名古屋証券取引所理事長、大同製鋼(現・大同特殊鋼)社長であった下出義雄氏が初代代表取締役に就任し、同じ金属工業として「大同」の二文字をいただいた、という経緯がある。)
  • 1933年豊田式織機(現在の豊和工業)の初代自動車部長を務めた川越庸一が創業した川越工業所を発展させて創業した。

沿革編集

  • 1939年(昭和14年)11月 - 豊田式織機(後の豊和工業)の初代自動車部長を務めた川越庸一が設立した川越工業所を発展させ、大同電気製鋼所(現・大同特殊鋼)の社長下出義雄氏の支援を受け、「大同メタル工業株式会社」として設立。
  • 1940年(昭和15年)6月 - 自動車用エンジン軸受事業開始
  • 1943年(昭和18年)10月 - 「大同軸受工業株式会社」に商号を変更
  • 1946年(昭和21年)4月 - 再び「大同メタル工業株式会社」に商号を変更
  • 1961年(昭和36年)10月 - 名古屋証券取引所市場第二部に株式を上場
  • 1971年(昭和46年)4月 - ナガトメタル工業および日本メタル工業株式会社を吸収合併
  • 1996年(平成8年)5月 - エヌデーシー(株)の株式を取得
  • 1997年(平成9年)9月 - 名古屋証券取引所市場第一部に指定替え
  • 2004年(平成16年)3月 - 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
  • 2005年(平成17年)3月 - 東京証券取引所市場第一部に指定替え
  • 2015年(平成27年)4月 - 大同メタル佐賀(株)設立
  • 2016年(平成28年)12月 - 自動車部品メーカー(株)飯野ホールディングの全株式を取得
  • 2017年(平成29年)1月 - アルミダイカストメーカーATAキャスティングテクノロジージャパン(株)の全株式を取得

主要製品編集

主要事業所編集

  • 名古屋本社(名古屋市中区)
  • 東京本社(東京都品川区)
  • 犬山事業所(愛知県犬山市
  • 岐阜工場(岐阜県郡上市
  • 研究開発センター(愛知県犬山市)

かつて存在した事業所編集

関連会社編集

国内連結子会社編集

海外連結子会社編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 四半期報告書(第111期第2四半期)

外部リンク編集