大同特殊鋼レッドスター

大同特殊鋼レッドスター(だいどうとくしゅこうレッドスター)は、愛知県名古屋市を本拠地とする大同特殊鋼の男子バレーボールチームである。2020-21シーズンはV.LEAGUE DIVISION2(V2リーグ)に所属。

大同特殊鋼レッドスター
原語表記 大同特殊鋼レッドスター
ホームタウン 愛知県名古屋市
創設年 1968年
所属リーグ V.LEAGUE DIVISION2
チーム所在地 愛知県名古屋市南区
体育館所在地 愛知県名古屋市南区
代表者 浅井広己
監督 平野晃多
ホームページ 公式サイト
 表示 

概要編集

1968年、愛知県名古屋市の大同製鋼(現・大同特殊鋼)社内にて9人制バレーボールチームが発足されたのが始まりで、1975年に6人制を開始[1]。2002年V1リーグ(現・Vチャレンジリーグ)昇格。

チーム名『レッドスター』とは、同社のシンボルマークであり、輝く星となるように熱い想いで戦いに挑むチームを表している[1]。チームマスコットは『レッグ』で、2006年に誕生し、「レッド」と「イーグル」をかけて命名され、オジロワシのような敏速さ、精悍さ、力強さを常に発揮できるように願いを込められている[1]

事務局は名古屋市の大同特殊鋼星崎工場にあり、練習場も星崎工場にある大同特殊鋼体育館である[1]。練習見学希望の場合は事前に要連絡[1]。ホームゲームも大同特殊鋼体育館での開催が多い。

歴史編集

1968年、大同製鋼(現・大同特殊鋼)社内にて9人制バレーボールチームとして発足。1970年に社内準専門部として承認され活動を開始[1]。1975年に6人制バレーボールが開始された。

1983年の第3回大会より、地域リーグに初出場。西部リーグでなかなか上位に進めない時期が続くが、1999年に第19回地域リーグの西部リーグで2位に入り、決勝リーグに進出する。決勝リーグでは4位となり、V1リーグ(現・Vチャレンジリーグ)昇格はならなかった。第21回大会でも西部リーグ2位となるが、決勝リーグでは4位。2002年、第22回地域リーグは西部リーグ最下位(5位)で終えるが、東海総合選手権大会で初優勝を果たす。V1リーグから休部チームが多く出たのもあって、チームの成績が評価され、V1リーグに繰り上げ昇格となった。

2002/03シーズンより初参戦となった第5回V1リーグでは最下位(8位)となり入替戦出場となる。入替戦の相手は後に同リーグ上位に進出する富士通であり、第1試合を1-3で落とす。しかし、第2戦でストレート勝ちとしV1リーグ残留を果たした。第6回、第7回大会でも最下位になるが、入替戦で同じく富士通に勝って残留を果たす。第8回大会は6位に入り入替戦を回避した。2006/07V・チャレンジリーグ(V1リーグより改称)、2007/08同大会でも、チーム数が増加したこともあり入替戦を回避できた。2008/09V・チャレンジリーグではファイナルリーグに進出して6位に入り、2009/10V・チャレンジリーグでも上位リーグに進出し5位となって、順位を上げる。以降、V・チャレンジリーグで中位の成績を残している。

成績編集

主な成績編集

V1リーグ / チャレンジリーグ、チャレンジリーグIV.LEAGUE Division2
  • 優勝 なし
  • 準優勝 なし
黒鷲旗全日本選抜大会
  • 優勝 なし
  • 準優勝 なし

年度別成績編集

Vリーグ / 実業団リーグ・V1リーグ編集

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
試合
V1リーグ 第5回 (2002/03) 8位 8チーム 14 0 14
第6回 (2003/04) 7位 7チーム 12 3 9
第7回 (2004/05) 8位 8チーム 14 3 11
第8回 (2005/06) 6位 8チーム 14 4 10

V・プレミアリーグ / V・チャレンジリーグ編集

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
レギュラーラウンド ポストシーズン
順位 試合 試合
チャレンジ 2006/07 7位 9チーム 7位 16 4 12 -
2007/08 7位 10チーム 7位 18 6 12 -
2008/09 6位 12チーム 7位 11 5 6 7 2 5
2009/10 5位 11チーム 4位 10 6 4 5 1 4
2010/11 5位 11チーム 5位 17 10 7 -
2011/12 6位 11チーム 4位 10 7 3 5 0 5
2012/13 6位 11チーム 6位 20 10 10 -
2013/14 6位 11チーム 6位 20 9 11 -
2014/15 4位 12チーム 4位 22 15 7 -
チャレンジI 2015/16 4位 8チーム 4位 21 12 9 -
2016/17 4位 8チーム 4位 21 10 11 -
2017/18 4位 8チーム 4位 21 9 12 -

V.LEAGUE編集

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
レギュラーラウンド ポストシーズン
順位 試合 試合
DIVISION2 2018-19 4位 9チーム 4位 24 15 9 -
2019-20 5位 12チーム 5位 20 12 8 -
2020-21 13チーム -

選手・スタッフ編集

選手編集

2020-21シーズン[2][3]

背番号 名前 シャツネーム 国籍 P 備考
1 伊澤啓生 ISAWA   日本 OH コーチ兼任
2 渡邊和馬 WATANABE   日本 S
3 吉田魁成 YOSHIDA   日本 MB 新人[4]
4 田中尚 TANAKA   日本 MB コーチ兼任
5 平野晃多 HIRANO   日本 MB 監督兼任
7 津田大地 TSUDA   日本 OH
8 森陽希 MORI   日本 MB 新人[4]
9 長谷川優太 HASEGAWA   日本 S 主将
10 二五田大輔 NIGOTA   日本 OH
11 嶋田希隆 SHIMADA   日本 L
12 備一真 SONAE   日本 L 新人[4]
13 境龍生 SAKAI   日本 OH
15 清水遼 SHIMIZU   日本 OH
17 舩倉拓登 FUNAKURA   日本 S 選手兼コーチ
18 寺尾壮太 TERAO   日本 OP
20 木村拓哉 KIMURA   日本 OH

スタッフ編集

2020-21シーズン[2][3]

役職 名前 国籍 備考
顧問 平林一彦   日本
部長 浅井広己   日本
副部長 中尾貞治   日本
総監督 東岡昇   日本 監督から変更
選手兼監督 平野晃多   日本 コーチから昇格
コーチ 宮原博明   日本 新任
選手兼コーチ 舩倉拓登   日本
選手兼コーチ 伊澤啓生   日本
選手兼コーチ 田中尚   日本
マネージャー 金澤秀幸   日本
マネージャー 草場貴成   日本
トレーナー 岡崎昌典   日本
スポーツ栄養士 榊原未来   日本
事務局 児島啓吾   日本
事務局 辰巳佳靖   日本
事務局 山下秀人   日本

脚注編集

  1. ^ a b c d e f チーム紹介”. 大同特殊鋼レッドスター. 2013年10月26日閲覧。
  2. ^ a b 選手紹介”. 大同特殊鋼レッドスター. 2020年7月9日閲覧。
  3. ^ a b 大同特殊鋼レッドスター”. Vリーグ機構. 2020年7月9日閲覧。
  4. ^ a b c “新入団選手の紹介” (プレスリリース), 大同特殊鋼レッドスター, (2020年5月), https://www.daido.co.jp/volleyball/pages/topics.html#point2005_2 2020年7月9日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集