大和八木駅

日本の奈良県橿原市にある近畿日本鉄道の駅

大和八木駅(やまとやぎえき)は、奈良県橿原市内膳町五丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)の。駅長配置駅である。駅番号は大阪線がD39、橿原線がB39。橿原市の玄関口としての機能を有している。

大和八木駅*
St-yagi.jpg
北口
やまと やぎ
Yamato-Yagi
所在地 奈良県橿原市内膳町五丁目1-2**
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
電報略号 ヤキ
駅構造 地上駅高架駅(2層構造)
ホーム 計4面6線
乗車人員
-統計年度-
18,718人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1923年大正12年)3月21日
乗入路線 2 路線
所属路線 D 大阪線
駅番号  D39 
キロ程 34.8km(大阪上本町起点)
D27 真菅 (2.0km)
(2.1km) 耳成 D40
所属路線 B 橿原線
駅番号  B39 
キロ程 20.5km(大和西大寺起点)
京都から55.1km
B38 新ノ口 (1.4km)
(-km) 八木西口*** B40
備考 **1929年に移転。
*** 同一駅扱い。
*駅名改称経歴
- 1929年 八木駅→大軌八木駅
(改称と同時に駅移転。旧駅は八木西口駅として現存)
- 1941年 大軌八木駅→大和八木駅
テンプレートを表示
南口

利用可能な鉄道路線編集

歴史編集

  • 1923年大正12年)3月21日 - 大阪電気軌道畝傍線(現在の橿原線)の平端 - 橿原神宮前間開通時に、八木駅として開業[1]。この時のホームは現在の八木西口駅の位置[2]
  • 1925年(大正14年)3月21日 - 大阪電気軌道八木線(現在の大阪線)が高田駅(現在の大和高田駅)から延伸し八木駅に乗り入れ[3]
  • 1928年(昭和3年)8月 - 大軌八木駅に改称[2]
  • 1929年昭和4年)1月5日 - 八木線の桜井への延伸(同時に八木線が桜井線に改称)と同時に移転し、旧大軌八木駅は八木西口駅として畝傍線単独駅となる(扱い上は大軌八木駅の別ホームとなり、桜井線真菅 - 畝傍線八木西口間の当初施設線は連絡線となる)[1]
  • 1939年(昭和14年)7月28日 - 線路名称改定。畝傍線が橿原線に改称。
  • 1941年(昭和16年)3月15日 - 参宮急行電鉄との会社合併により、関西急行鉄道の駅となる[3](桜井線は大阪線に改称)。同時に大軌八木駅は大和八木駅に改称[2][4]
  • 1944年(昭和19年)6月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道の駅となる[3]
  • 1967年(昭和42年)12月20日 - 橿原線新ノ口 - 大阪線大和八木間に連絡線完成[3]。大阪線ホームに待避線新設。
  • 2001年平成13年)2月1日 - SF(ストアードフェア)システムの導入および「スルッとKANSAI」対応カードの取り扱い開始に伴い、当駅における「途中下車指定駅」の制度が廃止される。
  • 2007年(平成19年)4月1日 - PiTaPa使用開始[5]
  • 2013年(平成25年)3月21日 - 新設された観光特急「しまかぜ」の停車駅となる。

駅構造編集

 
大阪線ホーム
 
橿原線ホームをオーバークロスする大阪線ホーム

当駅構内にて大阪線が橿原線をオーバークロスする構造になっており、1階に改札・コンコース及び橿原線ホームが、2階に大阪線ホームがある。改札口は1ヶ所のみ。近鉄の駅で他社の鉄道が乗り入れない駅では唯一の立体交差駅である。

大阪線のりばは2面4線の島式ホームで有効長は10両、待避可能な構造となっている。橿原線のりばは2面2線の相対式ホームで有効長は6両。5番のりばは改札から水平移動が可能である。エスカレーター、エレベーター設置。

のりば編集

のりば 路線 方向 行先
大阪線ホーム(2階)
1・2 D 大阪線 下り 名張五十鈴川賢島近鉄名古屋方面[6]
3・4 上り 大阪上本町大阪難波方面[6]
橿原線ホーム(1階)
5 B 橿原線 下り 橿原神宮前方面[6]
6 上り 大和西大寺京都方面[6]
  • 特記事項
    • 大阪線は内側2線(2番線と3番線)が主本線、外側2線(1番線と4番線)が待避線である。
    • 大阪線の上り始発列車は、本来下りホームである1番のりばで折り返す。
    • 当駅を介して大阪線と橿原線を直通する特急列車は、上下線とも大阪線のホームに発着する。

配線図編集

大和八木駅周辺 鉄道配線略図
大和西大寺京都方面

大阪難波
大阪上本町
方面
 
名張
伊勢中川
方面
橿原神宮前方面
凡例
出典:[7]


新ノ口連絡線編集

駅構内に、橿原線新ノ口駅と大和八木駅大阪線ホーム間を連絡する新ノ口連絡線がある。

この連絡線は、京伊特急や観光特急「しまかぜ」の京都駅発着列車、近鉄名古屋駅 - 天理駅大和西大寺駅間の臨時特急、高安検修センターまたは五位堂検修車庫に入出場するための回送列車が使用している。また、同線には保線基地なども存在する。

備考編集

隣の駅である八木西口駅は、当初そちらが八木駅とされていた名残で、独立した駅ではなく、大和八木駅構内の別ホーム、別出口の扱いである。このため、大和八木駅を含む定期券であれば八木西口駅でも乗降が可能であり、営業キロも大和八木駅と同じキロ程で計算される。なお、大和八木駅と八木西口駅の相互間のみ乗車の場合は、たとえ「構内扱い」であっても、入場券では列車内に立ち入ることはできないため、同券と同額となる初乗り運賃の乗車券を用いることになっている。また、八木西口駅には特急は停車しない。(急行以下の列車が停車。)

駅構内施設編集

同駅構内の各店舗は、近鉄リテーリングなどの運営による。

特徴編集

停車列車編集

  • 橿原神宮前駅と共に、橿原から大阪および京都方面へ向かう列車が発着しており、乙特急以下の全定期営業列車と観光特急「しまかぜ」、一部の名阪甲特急が停車する[8][9][10]
    • 停車する特急列車の詳細:名阪甲特急は名古屋方面への列車は7時 - 10時台と16時・17時台(土休日は6時台と18時台も停車。ただし土休日の16時~18時代の名阪甲特急の停車は大阪難波駅毎時20分発)の発着列車が[8]、大阪方面への列車は18時台以降の全列車と平日の8時 - 11時台、土休日の7時・10時台の発着列車が停車し[8]、これ以外の名阪甲特急と阪伊甲特急は全列車が通過するが[8]、臨時増発の阪伊甲特急は一部が当駅に停車するものもある。なお、観光特急「しまかぜ」は大阪難波駅発着と京都駅発着の双方が停車する[8][9]
    • 大阪線ホームでは、朝と夕方の時間帯に特急同士の連絡(名阪乙特急と京伊特急)を行っている[8]
    • 京都方面へ向かう特急は橿原線6番のりばのほかに、大阪線3・4番のりばからも発車する関係で、当駅から京都方面への特急券を購入した場合、券面には系統により「3番線のりば」「4番線のりば」「6番線のりば」が印字される。
  • 本数は少ないものの、大阪線では早朝と終電に当駅を始発および終着とする列車が設定されている[8]。橿原線では当駅を始発および終着とする列車は設定されていない[9]。なお、朝の当駅発着列車の一部は種別変更を行って継続運転するものがあり、夜間の当駅終着の列車は五位堂駅に回送されるものと、当駅で夜間停泊するものがある。
    • 大阪方面からは、早朝と夜間に当駅終着の急行・区間準急・普通列車、朝に当駅始発の大阪方面行き急行・準急 (平日のみ) ・区間準急、夜間に当駅始発の五位堂行き普通列車が設定されている[8]
    • 名張方面からは、早朝に当駅終着の普通列車が設定されており、当駅から大阪上本町行き急行として運行が設定されており、大阪方面からも平日の早朝に大阪上本町駅発の当駅終着の普通電車が当駅から伊勢中川行き急行として運行が設定されている。
    • 2009年3月20日ダイヤ変更時のみ、阪伊乙特急の当駅到着列車が、2012年3月20日ダイヤ変更から2016年3月19日ダイヤ変更まで快速急行の当駅到着列車が設定されていた[11]

設備・営業面編集

  • 駅長が置かれ、大阪線の真菅駅 - 桜井駅間と、橿原線の新ノ口駅 - 畝傍御陵前駅間を管理している[12]。なお、駅長室は営業所を併設している[13]
  • 大阪線ホームと橿原線ホームの6番線には売店が設置されている[13]
  • 特急券及び定期券は専用の自動券売機や窓口にて購入可能であり、大阪線ホームでは窓口と自動券売機の双方で、橿原線ホームでは6番線にてそれぞれ特急券が購入可能となっている[13]
  • PiTaPaICOCA対応の自動改札機および自動精算機回数券カードおよびICカードのチャージに対応)が設置されている。
  • 改札口および乗り換え階段付近に、他のりばの発車案内を示すLCD式案内装置が設置されている。


利用状況編集

  • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す[14]
  • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。
  • 乗車人員には、八木西口駅のものも含まれている。
年度別利用状況(大和八木駅)
年度 当駅分輸送実績(乗車人員):人/年度 乗降人員調査結果:人/日 特記事項
通勤定期 通学定期 定期外 合 計 調査日 調査結果
1982年(昭和57年)   ←←←←     11月16日 34,932  
1983年(昭和58年)   ←←←←     11月8日 36,328  
1984年(昭和59年)   ←←←←     11月6日 37,614  
1985年(昭和60年)   ←←←←     11月12日 37,022  
1986年(昭和61年)   ←←←←     11月11日 43,156  
1987年(昭和62年)   ←←←←     11月10日 44,620  
1988年(昭和63年)   ←←←←     11月8日 44,640  
1989年(平成元年)   ←←←←     11月14日 47,388  
1990年(平成2年)   ←←←←     11月6日 46,479  
1991年(平成3年)   ←←←←          
1992年(平成4年)   ←←←←     11月10日 46,198  
1993年(平成5年)   ←←←←          
1994年(平成6年)   ←←←←          
1995年(平成7年)   ←←←←     12月5日 43,256  
1996年(平成8年)   ←←←←          
1997年(平成9年)   ←←←←          
1998年(平成10年)   ←←←←          
1999年(平成11年)   ←←←←          
2000年(平成12年)   ←←←←          
2001年(平成13年)   ←←←←          
2002年(平成14年)   ←←←←          
2003年(平成15年)   ←←←←          
2004年(平成16年)   ←←←←          
2005年(平成17年) 3,812,490 ←←←← 3,078,445 6,890,935 11月8日 37,189  
2006年(平成18年) 3,847,290 ←←←← 3,023,201 6,870,491      
2007年(平成19年) 3,821,910 ←←←← 2,975,865 6,797,775      
2008年(平成20年) 3,852,060 ←←←← 2,960,356 6,812,416 11月18日 37,269  
2009年(平成21年) 3,695,940 ←←←← 2,839,028 6,534,968      
2010年(平成22年) 3,641,490 ←←←← 2,896,532 6,538,022 11月9日 37,335  
2011年(平成23年) 3,571,890 ←←←← 2,900,488 6,472,378
2012年(平成24年) 3,532,260 ←←←← 2,973,244 6,505,504 11月13日 34,537
2013年(平成25年) 3,641,940 ←←←← 3,122,888 6,764,828
2014年(平成26年) 3,578,340 ←←←← 3,081,949 6,660,289
2015年(平成27年) 3,663,510 ←←←← 3,175,406 6,838,916 11月10日 36,886
2016年(平成28年) 3,677,820 ←←←← 3,141,455 6,819,275
2017年(平成29年) 3,671,610 ←←←← 3,160,364 6,831,974
2018年(平成30年) 11月13日 37,345

駅周辺編集

 
北口
 
南口

バス路線編集

 
北口バスのりば
 
南口バスのりば

バス停は駅北口、南口に分かれる。全路線とも奈良交通により運行されている。

この他冬期土休日に霧氷バス和佐又山行の運行がある。

隣の駅編集

近畿日本鉄道
D 大阪線
快速急行・急行
大和高田駅 (D25) - 大和八木駅 (D39) - 桜井駅 (D42)
準急・区間準急・普通
真菅駅 (D27) - 大和八木駅 (D39) - 耳成駅 (D40)
B 橿原線
急行
田原本駅 (B36) - 大和八木駅 (B39) - 八木西口駅 (B40)
普通
新ノ口駅 (B38) - 大和八木駅 (B39) - 八木西口駅 (B40)

脚注編集

  1. ^ a b 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』3号 近畿日本鉄道 2、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月29日、11-13頁。ISBN 978-4-02-340133-4
  2. ^ a b c 近畿日本鉄道株式会社『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』近畿日本鉄道、2010年12月、679頁。全国書誌番号:21906373
  3. ^ a b c d 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』2号 近畿日本鉄道 1、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月22日、18-23頁。ISBN 978-4-02-340132-7
  4. ^ 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳』8 関西1、新潮社、2008年、28頁。ISBN 978-4-10-790026-5
  5. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年2月27日閲覧。 
  6. ^ a b c d 駅の情報|大和八木”. 近畿日本鉄道. 2020年7月24日閲覧。
  7. ^ 全国鉄道事情大研究 大阪都心部・奈良篇」川島令三著、草思社発行、1993年3月15日、166頁、ISBN 978-479420498-1
  8. ^ a b c d e f g h 近鉄時刻表2018年3月17日ダイヤ変更号、p.124 - p.147・p.284 - p.306
  9. ^ a b c 近鉄時刻表2018年3月17日ダイヤ変更号、p.186 - p.205・p.344 - p.362
  10. ^ 次世代新型観光特急「しまかぜ」、平成25年3月21日デビュー! (PDF) - 近畿日本鉄道株式会社、2012年9月28日付ニュースリリース
  11. ^ 近鉄時刻表2014年9月21日ダイヤ変更号、p.120 - p.142・p.280 - p.302
  12. ^ 『HAND BOOK 2010』、近畿日本鉄道総合企画部編、2010年9月
  13. ^ a b c 近鉄時刻表2018年3月17日ダイヤ変更号、p.70 - p.87
  14. ^ 奈良県統計年鑑

関連項目編集

外部リンク編集