メインメニューを開く
日本 > 埼玉県 > さいたま市 > 見沼区 > 大和田町 (さいたま市)

大和田町(おおわだちょう)は、埼玉県さいたま市見沼区町名。現行行政地名は大和田町一丁目及び大和田町二丁目。住居表示未実施地区[4]郵便番号は337-0053[2]

大和田町
東武野田線(東武アーバンパークライン) 大和田駅
東武野田線(東武アーバンパークライン)
大和田駅
■大和田町の位置(埼玉県内)
■大和田町
大和田町
大和田町の位置
北緯35度55分44.48秒 東経139度39分0.87秒 / 北緯35.9290222度 東経139.6502417度 / 35.9290222; 139.6502417
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Saitama, Saitama.svg さいたま市
見沼区
地域 Omiya Saitama chapter.jpg大宮地区
人口
2017年(平成29年)9月1日現在)[1]
 • 合計 16,085人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
337-0053[2]
市外局番 048[3]
ナンバープレート 大宮

地理編集

 
地区南部

さいたま市見沼区の西部の大宮台地(片柳支台)上に位置する。東武野田線(東武アーバンパークライン)を境に、概ね南側が一丁目、北側が二丁目である。地区の中央には東武野田線(東武アーバンパークライン)大和田駅があり、駅舎がある北側に駅前ロータリーがある。 地区内は芝川流域のごく一部(大宮体育館付近)を除き、ほぼ全域が市街化区域である[5]。南北に第二産業道路が貫いており、開発が進んでいる。大規模なマンションなどは少なく、戸建て住宅や小規模なアパートによって形成された市街地が広がる。地区内は西部の見沼田園付近がさいたま市の風致地区に条例で指定され、樹木の伐採植樹や開発行為等が制限されている[6]

大和田駅の北側から、更に北に堀崎町団地・島小学校方面へ抜ける「大和田深作線」が都市計画決定(1963年昭和38年)8月12日)していたが、交通需要が期待できず2015年平成27年)9月2日、「東大宮岩槻線」と「指扇宮ヶ谷塔線」の間、約1,030 mが廃止された。「指扇宮ヶ谷塔線」から南の120 mは、新たに都市計画道路「大和田北大通線」として整備されることとなった。

地内に旧石器時代から縄文初期にかけての遺跡である高井遺跡や大和田本村遺跡、室町期の大和田陣屋跡がある[7]

地価編集

国土交通省地価公示

  • 所在及び地番:大和田町一丁目1230番74
  • 価格:128,000円/m2
  • 利用現況:住宅

都道府県地価調査

  • 所在及び地番:大和田町一丁目637番6
  • 価格:119,000円/m2
  • 利用現況:住宅
  • 所在及び地番:大和田町二丁目511番2
  • 価格:129,000円/m2
  • 利用現況:住宅
  • 所在及び地番:大和田町二丁目1572番18
  • 価格:128,000円/m2
  • 利用現況:住宅

①②③共に2015年平成27年)7月1日現在

歴史編集

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)9月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
大和田町一丁目 3,926世帯 8,305人
大和田町二丁目 3,390世帯 7,780人
7,316世帯 16,085人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[16]

丁目 番地 小学校 中学校
大和田町一丁目 全域 さいたま市立大砂土東小学校 さいたま市立大宮八幡中学校
大和田町二丁目 全域 さいたま市立大砂土中学校

交通編集

鉄道編集

バス編集

  • 東武バスウエスト
  • 国際興業バス
    • さいたま東営業所
      • 大14 : 大宮駅東口→西中野→ 大和田駅入口→東大宮駅→アーバンみらい→深作(深夜バス・平日のみ1本)
      • 大15 : 大宮駅東口→氷川参道→大宮サッカー場→寿能住宅→導守→高井→芝川新橋→氷川参道→大宮駅東口〈導守循環・寿能先回り〉(朝のみ)
      • 大15 : 大宮駅東口→氷川参道→芝川新橋→高井→導守→寿能住宅→大宮サッカー場→氷川参道→大宮駅東口〈導守循環・西中野先回り〉(夜間のみ)
      • 大15-2 : 大宮駅東口→氷川参道→鹿島橋→大和田→導守→高井→芝川新橋→氷川参道→大宮駅東口〈導守中回り循環・芝川先回り〉(平日及び日曜/祝日の朝のみ)
      • 大15-2 : 大宮駅東口→氷川参道→芝川新橋→高井→導守→大和田→鹿島橋→氷川参道→大宮駅東口〈導守中回り循環・西中野先回り〉(夜間のみ)
      • 大15-3 : 大宮駅東口→氷川参道→大宮サッカー場前→寿能住宅→導守→高井→南鳳台住宅→南中野→堀の内橋→氷川参道→大宮駅東口〈導守南中野循環・寿能先回り〉(朝及び日中のみ)
      • 大15-3 : 大宮駅東口→氷川参道→堀の内橋→南中野→南鳳台住宅→高井→導守→寿能住宅→大宮サッカー場→氷川参道→大宮駅東口〈導守南中野循環・南中野先回り〉(日中のみ)
      • 東大03 : 東大宮駅 - 東大宮七丁目 - 堀崎町団地 - 見沼区役所 - 大和田駅

道路編集

施設編集

大和田町一丁目
大和田町二丁目

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b さいたま市の人口・世帯(時系列結果)”. さいたま市 (2017年9月5日). 2017年9月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年9月25日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 住居表示実施地区一覧 (PDF)”. さいたま市 (2019年2月26日). 2019年10月29日閲覧。
  5. ^ 外部リンク節の『さいたま市地図情報』を参照。
  6. ^ 風致地区内の建築許可申請の手引き”. さいたま市 (2019年5月7日). 2019年10月29日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』192-193頁。
  8. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  9. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』 1420頁。
  10. ^ 学校の沿革 - 埼玉県立大宮商業高等学校.2019年10月31日閲覧。
  11. ^ 『大宮のむかしといま』資料-30頁。
  12. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』956-957頁。
  13. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』960-961頁。
  14. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』826頁。
  15. ^ 大宮市史調査報告書 第1集 大宮市歴史年表. 大宮市(現・さいたま市)企画財政部統計資料課. (1997年(平成9年)3月28日). 
  16. ^ さいたま市立小・中学校通学区域一覧”. さいたま市 (2017年8月23日). 2017年9月20日閲覧。

参考文献編集

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。ISBN 4040011104
  • 『大宮のむかしといま』大宮市、1980年11月3日。全国書誌番号:81007009NCID BN03449939

関連項目編集

外部リンク編集