メインメニューを開く
大喜多寅之助

大喜多 寅之助(おおきた とらのすけ、慶応2年11月20日[1]1866年12月26日) - 1961年昭和36年))は、名古屋市長弁護士

経歴編集

美濃国大垣出身[1]大学予備門第一高等中学校を経て、1888年明治21年)に東京帝国大学法科大学に入学した[1]1892年(明治25年)に卒業した後は名古屋市で弁護士事務所を開業した[1]。弁護士業務のかたわら、愛知法律学校を創設して校長に就任し、また『金城新報』の編集監督も務めた[1]1896年(明治29年)には名古屋弁護士会長に選出された[1]

名古屋市会議員、同参事会員、名古屋市会議長に選出され、1921年大正10年)には名古屋市長に就任した[2]

市長退任後は再び弁護士を開業し、名岐自動車道株式会社社長、東邦商業学校校長、日本放送協会東海支部監事[2]中京法律専門学校校長などを務めた。

 
旧私邸・事務所(2015年12月)

なお、1920年(大正9年)に事務所兼邸宅として建築された建物は、1952年昭和27年)に愛知県の所有となり、2016年平成28年)現在愛知県議員会館として利用されている[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『明治弁護士列伝』pp.49-50
  2. ^ a b 『帝国大学出身名鑑』
  3. ^ 愛知県議員会館”. 「なごや街なか」こだわり”ナビ”. 2016年5月18日閲覧。

参考文献編集

  • 東恵仁編『明治弁護士列伝』周弘社、1898年。
  • 校友調査会編『帝国大学出身名鑑』校友調査会、1932年。