メインメニューを開く

大土御祖神社

大土御祖神社(おおつちみおやじんじゃ)は、伊勢神宮皇大神宮(内宮)の摂社。本項目では、大土御祖神社と同座する、内宮末社の宇治乃奴鬼神社(うじのぬきじんじゃ)についても記述する。

大土御祖神社・宇治乃奴鬼神社
Otuchi Mioya & Uji no Nuki shrine.jpg
所在地 三重県伊勢市楠部町字尾崎2132
位置 北緯34度28分33.2秒
東経136度44分14.1秒
座標: 北緯34度28分33.2秒 東経136度44分14.1秒
主祭神 大土御祖神社:大国玉命・水佐々良比古命・水佐々良比賣命
宇治乃奴鬼神社:高水上神
社格 大土御祖神社:式内社(小)、皇大神宮摂社
宇治乃奴鬼神社:皇大神宮末社
本殿の様式 神明造
別名 茶屋ノモンサン
例祭 御田植初(5月)
主な神事 神嘗祭
地図
大土御祖神社・宇治乃奴鬼神社の位置(三重県内)
大土御祖神社・宇治乃奴鬼神社
大土御祖神社・宇治乃奴鬼神社
テンプレートを表示

2社とも倭姫命の定めた神社である[1][2]

目次

概要編集

三重県伊勢市楠部町字尾崎2132[3]、五十鈴橋のそばに鎮座する[4]。社地の北側を五十鈴川が流れている[5]。大土御祖神社の参道をさらに奥へ進むと内宮摂末社の国津御祖神社・葦立弖神社が鎮座する[6]

社地は「茶屋の森」と呼ばれ、1933年(昭和8年)の調査では「茶屋の森さん」の転訛した「茶屋ノモンサン」と呼ばれていたという[3]。社地の入り口とその前を通る道路の間には、幅約1.5mほどのがある[7]

2社は同座しており、社殿は1つである。神明造板葺の社殿はの方角を向いており、一重の玉垣に囲まれている[7]賽銭箱は置かれていない。社地の面積は370.87(≒1,226m2[7]。『皇大神宮儀式帳』によれば、平安時代の社地はこの7倍ほどの面積であったとされる[7]

大土御祖神社編集

大土御祖神社は、内宮の摂社27社のうち第10位である[8]。摂社の中で比較的上位に位置するが、これは神宮神田との関わりが深い神社であることが要因であると推察される[9]

祭神大国玉命(おおくにたまのみこと)・水佐々良比古命(みずささらひこのみこと)・水佐々良比賣命(みずささらひめのみこと)[1][4]。3柱とも国生(くなり)の神の御子である[4]。このうち、大国玉命は豊受大神宮(外宮)摂社の度会大国玉比賣神社にも祀られ、同社には漢字表記こそ異なるが、弥豆佐佐良比賣命(みずささらひめのみこと)も祀られている[10]。大国玉命は土地の守護神、水佐々良比古命・水佐々良比賣命は水の神である[1]。『大神宮儀式解』では水佐々良比古命・水佐々良比賣命を夫婦神とする[11]古書でも祭神名は一致するが、『伊勢二所太神宮神名秘書』のみ水佐々良比古命を水佐々良命と記す[5]

宇治乃奴鬼神社編集

 
旧社地の「皇女の森」

宇治乃奴鬼神社は、内宮の末社16社のうち、第8位である[12]。旧社地は国道23号近鉄鳥羽線立体交差する付近、「皇女の森」と呼ばれる水田の中にある小さな森であり、「宇治乃奴鬼神社跡」の標柱がある[13]

祭神は高水上命(たかみなかみのみこと)[1][4]。大水上命(おおみなかみのみこと)の子であるとされ、灌漑用水の神であるという[1][2]。宇治乃奴鬼神社と同じ内宮末社の石井神社でも同じ神を祀る[14]

歴史編集

伊勢神宮の摂社の定義より『延喜式神名帳』成立、すなわち延長5年(927年)以前に創建された[15]。『皇大神宮儀式帳』にも記載がある[7]ことから延暦23年(804年)以前から存在した[15]ことになる。

中世以後、祭祀が断絶し、寛文3年12月22日グレゴリオ暦1664年1月20日)に遷御(せんぎょ)の儀を行い再興された[5]。『延暦儀式帳』および『倭姫命世記』に御刀田(=神宮神田)と家田の堰(=楠部町尾崎)の存在が記されていたことから、旧社地を特定するのは容易であったと見られる[9]。寛文4年10月(グレゴリオ暦:1664年11月)に楠部村年寄が山田奉行所に提出した訴状によれば、当時10人の祝部が任官されていた[16]

社殿は1914年(大正3年)造り替えられた[17]。45年後の1959年(昭和34年)7月に建て替えられ、1982年(昭和57年)9月に大修繕が施された[7]

祭祀編集

巡回祭典の形で祈年祭(2月)、月次祭(6月・12月)、神嘗祭(10月)、新嘗祭(11月)の際は社殿の前で祭祀が行われ、歳旦祭(1月)、元始祭(1月)、建国記念祭(2月11日)、風日祈祭(5月・8月)、天長祭12月23日)は遥祀を催行する[18]

大土御祖神社のみの特殊神事として、「御田植祭」がある[18]元文4年(1739年)の『皇大神宮年中行事当時勤行次第』に記載のある祭儀であるが、古代書物には見られない[18]明治4年(1871年)に一度中絶するが、大正時代末期に再興され、当時は楠部青年会・楠部処女会が奉仕したが、後に「楠部町神宮神田御田植初祭保存会」が結成され、奉仕するようになった[19]。御田植初の終了後、社殿の前で青年らが「ホコリ」・「舟コギ」・「トウ舞」・「笛七折」などの踊り(田舞[1])を奉納する[6]

植物相編集

参道に大きなクスノキ(直径98cm[7])が茂る[6]。ほかにの太い木は、スギカヤノキが挙げられる[7]

1977年(昭和52年)に行われた境内立木調査によると、カヤノキ・マキ・スギ・ヒノキカシシイ・クスノキ・ヤブニッケイシロダモタブトベラモチノキヤブツバキを主要樹種とし、計258本あった[7]

交通編集

 
大土御祖神社・宇治乃奴鬼神社の入り口

大土御祖神社・宇治乃奴鬼神社の東には神宮神田が広がる[1]。付近には伊勢市立四郷小学校、伊勢市役所四郷支所、櫲樟尾神社(くすおじんじゃ)がある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 学研パブリッシング(2013):61ページ
  2. ^ a b 伊勢文化舎(2008):106 - 107ページ
  3. ^ a b c d 式内社研究会 編(1990):260ページ
  4. ^ a b c d 伊勢文化舎(2008):106ページ
  5. ^ a b c 式内社研究会 編(1990):261ページ
  6. ^ a b c 伊勢文化舎(2008):107ページ
  7. ^ a b c d e f g h i 式内社研究会 編(1990):265ページ
  8. ^ 宇治山田市役所 編(1929):9 - 11ページ
  9. ^ a b 式内社研究会 編(1990):262ページ
  10. ^ 伊勢文化舎(2008):37ページ
  11. ^ 式内社研究会 編(1990):261 - 262ページ
  12. ^ 宇治山田市役所 編(1929):13 - 14ページ
  13. ^ 斎王ゆかりの地(町外編) - 明和町役場” (日本語). 三重県明和町. 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月3日閲覧。
  14. ^ 伊勢文化舎(2008):116ページ
  15. ^ a b 伊勢文化舎(2008):22ページ
  16. ^ 式内社研究会 編(1990):262 - 263ページ
  17. ^ 宇治山田市役所 編(1929):10ページ
  18. ^ a b c 式内社研究会 編(1990):263ページ
  19. ^ 式内社研究会 編(1990):264ページ

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集