大地 康雄(だいち やすお、1951年11月25日 - )は、日本俳優熊本県熊本市生まれ。所属事務所はパイプライン。本名、下地 常雄[1]

だいち やすお
大地 康雄
本名 下地 常雄
生年月日 (1951-11-25) 1951年11月25日(71歳)
出生地 日本の旗 日本熊本県熊本市
身長 170cm
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1979年 -
配偶者 あり
事務所 パイプライン
公式サイト 大地康雄 Official Web Site
主な作品
テレビドラマ
太平記 (NHK大河ドラマ)
刑事・鬼貫八郎』シリーズ
映画
マルサの女』シリーズ
ぼくらの七日間戦争
バカヤロー! 私、怒ってます
病院へ行こう
ミンボーの女
武士の一分
 
受賞
毎日映画コンクール
男優助演賞
1988年『マルサの女』『バカヤロー! 私、怒ってます』
テンプレートを表示

父親は沖縄県宮古島市伊良部(旧・宮古郡伊良部町)出身。母親は宮古島市城辺(旧・宮古郡城辺町)出身。

来歴・人物編集

石垣教育区立石垣中学校琉球政府立八重山商工高等学校で生徒会長[2]。卒業後、集団就職上京する。最初は葛飾区のスーパーで働いていたが、同じ沖縄組の同僚が俳優になる為にオーディションを受けると言った為、自分も一緒にオーディションを受けることにした。そのオーディションで大地は受かったのだが、「俳優になるなんて夢のまた夢」という思いがあった為、その時は本格的に俳優を目指そうとは思わなかった。その後、葛飾区のスーパーをやめ、銀座のスーパーで経営事務をするが、体を使わないデスクワークが合わず1年で見切りをつけて辞め、これを機に本格的に俳優を目指すことを決意。そしてその頃、偶然アルバイトで行った先が伊藤雄之助宅であったため、「弟子にしてくれ」と7回通って懇請し、晴れて弟子入りが許され付き人となる[3]

1979年木下惠介監督『衝動殺人 息子よ』で映画デビュー。

1983年、『深川通り魔殺人事件』(同名事件を基にしたノンフィクション)の主役の殺人犯役を演じ、注目される。

1987年、『マルサの女』の伊集院役でブレイク(当初、この役は川谷拓三がキャスティングされていたが、川谷とスタッフの間で不和が生じて川谷は降板し、その代役として回ってきた役で、『深川通り魔殺人事件』の再放送をたまたま見ていた伊丹が抜擢したもの[4] で、業界的にはある程度顔は覚えられていたものの、ほとんど無名に近い存在ながら、ガサ入れシーンで見せる喜怒の落差等の演技は、監督の伊丹十三を「さすが苦労人!」と大いに満足させた[5])。

その後、『バカヤロー!』で毎日映画コンクール男優助演賞を受賞した[6]

1991年、『太平記』で主人公・足利尊氏の側近である一色右馬介役で第一話から最終話まで出演した。同年、第28回ギャラクシー賞・テレビ部門個人賞を受賞[7]

2005年には、企画・脚本・製作総指揮・主演の1人4役をつとめた映画『恋するトマト』を公開した。

2013年には、企画・主演をした映画『じんじん』を公開した。

2014年7月より、株式会社パイプライン(所在地:東京都港区南麻布)へ移籍。

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

NHK
日本テレビ
TBS
フジテレビ
テレビ朝日
テレビ東京
WOWOW

テレビ紀行編集

NHK
読売テレビ放送

CM編集

舞台編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『読売年鑑』 2016年版、読売新聞東京本社、2016年、550頁。ISBN 978-4643160017 
  2. ^ 俳優 大地康雄さん”. ゴールデンライフ (2016年12月7日). 2019年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月24日閲覧。
  3. ^ 『徹子の部屋』2013年7月9日(火)放送 俳優になった経歴談”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2013年8月9日閲覧。
  4. ^ 考える人」編集部 編 編 『伊丹十三の映画』新潮社、2007年、77頁。ISBN 978-4-10-474902-7 
  5. ^ 伊丹十三 『「マルサの女」日記』文藝春秋、1987年8月、[要ページ番号]頁。ISBN 416341410X 
  6. ^ 毎日映画コンクール 第43回(1988年)”. 毎日新聞. 2021年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月5日閲覧。
  7. ^ 第28回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2023年1月21日閲覧。
  8. ^ 宮部みゆき原作『荒神』スペシャルドラマ化 内田有紀が出演”. ORICON NEWS (2017年5月16日). 2018年4月12日閲覧。
  9. ^ 平手友梨奈、新人女性騎手役でNHKドラマ初主演「馬に対する想いを強く持って向き合う」”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年8月24日). 2021年8月24日閲覧。
  10. ^ 24時間テレビ45スペシャルドラマ『無言館』”. 日本テレビ放送網. 2022年8月20日閲覧。
  11. ^ 新日本風土記「奥の細道」”. 2021年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月27日閲覧。

外部リンク編集