メインメニューを開く

大坪 清(おおつぼ きよし、1939年3月15日 - )は、日本実業家住友商事代表取締役副社長を経て、レンゴー代表取締役会長兼社長、関西経済連合会副会長、日本製紙連合会副会長、凌霜会理事長。

人物・経歴編集

大阪府豊中市生まれ[1]大阪府立大手前高等学校を経て[2]、1962年神戸大学経済学部卒業後、美人が多かったことから住友商事に入社。入社後は「一番弱い分野」を希望し紙・パルプ課に入る[3]

尼崎市の摂津製紙(のちにレンゴーと合併)への出向を経て[1]、レンゴー創業家出身の長谷川薫の知遇を得て、のちに長谷川からレンゴー社長に招聘されることとなる。1966年に扶桑紙業(のちの住商紙パルプ、現国際紙パルプ商事専務取締役[4]

1992年住友商事取締役。1996年常務取締役[5]クアラルンプール支店長繊維部門本部長を経て、ロンドン駐在の欧州支配人在任中の1999年にはバブル景気崩壊後に2000億円の負債を抱えたセッツの問題で住友銀行との交渉を進め、レンゴーとセッツとの合併を実現した[6]。2000年住友商事代表取締役副社長に昇格[2]

2000年レンゴー代表取締役社長[5]。2014年から空席だった会長を兼務して代表取締役会長兼社長となる[7][8]関西経済連合会副会長[9]、太平洋人材交流センター会長[10]、関西生産性本部会長、全国段ボール工業組合連合会理事長[1]日本製紙連合会副会長[11]凌霜会理事長[12]等も歴任した。『逆説の日本史』から多くの示唆を得ることができるとして全巻揃えている[13]

脚注編集