メインメニューを開く

大坪 研一(おおつぼ けんいち、1951年1月9日 - )は、日本農学者農学博士)。新潟薬科大学応用生命科学部教授[1]、穀物研究ユニット長(食品・作物資源利用学研究室[2])、中国天津農学院[3]客座教員。

おおつぼ けんいち
大坪 研一
生誕 (1951-01-09) 1951年1月9日(68歳)
大分県中津市
国籍 日本の旗 日本
職業 新潟薬科大学応用生命科学部教授
活動期間 1981年 -
著名な実績 米の食味・老化性の新しい評価装置の開発
(特許 RVA ライスマスター)

概要編集

1951年1月9日大分県中津市の出身。1974年3月、東京大学理学部生物化学科を卒業。1981年鐘紡中央研究所。農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所に配属。1989年、農学博士(東北大学)。1990年4月、北陸農業試験場米品質評価研究室長。1993年4月、穀類特性研究室長、食品素材部長を経て、2004年4月、お茶の水女子大学大学院客員教授を併任・東京農業大学客員教授。2005年3月25日、糊化粘度特性に基づく米の利用適性評価装置の開発[4][5]2006年、食品総合研究所食品素材部長・科学研究領域長。2008年4月、新潟大学大学院自然科学研究科(農学部兼任)教授。2010年中国天津農学院客座教授。2011年、新潟大学産学地域連携推進センター長。2013年、新潟大学大学院・自然科学系教授。2016年新潟薬科大学応用生命科学部教授。2017年12月29日認知症の予防効果が期待できる米を越後製菓と共同開発[6][7]

受賞編集

  • 1995年平成7年)- 日本食品科学工学会奨励賞[8]
  • 2004年(平成16年)- 日本食品科学工学会技術賞[9]
  • 2006年(平成18年)- 日本食品科学工学会英文誌論文賞・日本農芸化学会英文誌論文賞
  • 2007年(平成19年)- 飯島藤十郎記念技術賞[10]・日本醸造協会技術賞
  • 2013年(平成25年)- 日本応用糖質科学会学会賞[11]・新潟日報文化賞[12]
  • 2016年(平成28年)- 日本農芸化学会英文誌論文賞

取得特許編集

  • 2017年(平成29年)4月21日 - 味噌水溶液に浸漬した粉状質米を原料とする加工食品(日本特許第6128515号)
  • 2016年(平成28年)12月9日 - 無塩発酵味噌を含む米加工食品の製造方法(日本特許第6051808号)
  • 2014年(平成26年) - の品種識別方法(日本特許 第5563206号)
    • 発芽種子およびその製造方法(日本特許第5841467号)
  • 2013年(平成25年) - 硬質発芽穀類加工食品およびその製造方法(日本特許 第5414100号)

所属学会編集

  • DNA鑑定学会[13]理事
  • 日本食品科学工学会[14]評議員、日本応用糖質科学会[15]評議員、日本食育学会[16]評議員
  • 日本食品保蔵科学会[17]評議員

著書編集

単著編集

共著編集

  • Sumiko Nakamura『Evaluation of palatability of cooked rice』Intech(2017年3月)
  • 『Rice utilization and processing technology in Japan』Rice Processing(2014年)
  • 『Rice quality evaluation using a Taste-Sensing System』Pan Stanford Publishing(2013年)
  • 中村澄子『DNA分析による米の産地判別』農産物・商品検査法の新展開(2010年)
  • 貝沼圭二[18]・中久喜輝夫[19] 編集『トウモロコシの科学 (シリーズ 食品の科学)』朝倉書店 ISBN 978-4254430745(2009年3月1日)
  • 高橋素子[20] 著『Q&A ご飯とお米の全疑問 お米屋さんも知りたかったその正体』講談社ISBN 978-4062574570(2004年10月19月)
  • 石谷孝佑[21] 著『米の科学 (シリーズ「食品の科学」)』朝倉書店 ISBN 978-4254430394(1995年9月1日)

論文編集

  • 米の品質評価,品種判別および加工利用に関する研究[22]
  • 米の食味研究の現状と課題[23]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 教員情報”. 新潟薬科大学. 2018年3月27日閲覧。
  2. ^ 食品・作物資源利用学研究室”. 新潟薬科大学 応用生命科学部. 2018年4月27日閲覧。
  3. ^ 天津農学院”. 天津農学院. 2018年4月27日閲覧。
  4. ^ 糊化粘度特性に基づく米の利用適性評価装置の開発”. 独立行政法人食品総合研究所・フォス・ジャパン株式会社. 2018年4月27日閲覧。
  5. ^ 各種飯用米の老化性の評価”. 食総研・食品素材科学研究領域・穀類利用ユニット. 2018年4月27日閲覧。
  6. ^ 認知症予防に効果期待 食べやすくし市販目指す”. 毎日新聞社. 2018年4月28日閲覧。
  7. ^ 大坪 研一 教授 自然科学系 (農学部) ※ 現在は、新潟薬科大学に所属”. 新潟大学. 2018年4月28日閲覧。
  8. ^ 奨励賞”. 公益社団法人 日本食品科学工学会. 2018年3月29日閲覧。
  9. ^ 技術賞”. 公益社団法人 日本食品科学工学会. 2018年3月29日閲覧。
  10. ^ 飯島藤十郎賞受賞者”. 公益財団法人 飯島藤十郎記念食品科学振興財団. 2018年3月29日閲覧。
  11. ^ 受賞記録”. 日本応用糖質科学会. 2018年3月29日閲覧。
  12. ^ 平成25年度各賞の受賞,各界からの表彰”. 新潟大学. 2018年3月29日閲覧。
  13. ^ DNA鑑定学会”. DNA鑑定学会. 2018年3月29日閲覧。
  14. ^ 公益社団法人 日本食品科学工学会”. 公益社団法人 日本食品科学工学会. 2018年3月29日閲覧。
  15. ^ 日本応用糖質科学会”. 日本応用糖質科学会. 2018年3月29日閲覧。
  16. ^ 日本食育学会”. 日本食育学会. 2018年3月29日閲覧。
  17. ^ 一般社団法人日本食品保蔵科学会”. 一般社団法人日本食品保蔵科学会. 2018年3月29日閲覧。
  18. ^ 貝沼 圭二”. Webcat Plus. 2018年3月27日閲覧。
  19. ^ 中久喜 輝夫”. Webcat Plus. 2018年3月27日閲覧。
  20. ^ プロフィール”. ローチケHMV. 2018年3月27日閲覧。
  21. ^ 理事長のことば”. 一般社団法人日本食品包装協会. 2018年3月27日閲覧。
  22. ^ 米の品質評価,品種判別および加工利用に関する研究”. 大坪研一. 2018年4月27日閲覧。
  23. ^ 米の食味研究の現状と課題”. 大坪研一. 2018年4月27日閲覧。

外部リンク編集