メインメニューを開く

大垣俊輔(おおがき しゅんすけ、1973年9月12日 - )は、白根開善学校高等部英語科教諭、作家劇作家である。

石川県金沢市出身。幼少のころから両親の不和や父親の虐待の下、自傷行為を繰り返す。小学6年生の夏、カミソリで手首を切る自殺未遂により病院へ運ばれる。

中学時代は学年で最下位まで成績が落ちるが、野球をやりたい一心で猛勉強のすえ星稜高等学校へ入学。ロサンゼルス・エンゼルス松井秀喜は1学年後輩にあたる。

横浜国立大学教育人間科学部4年のときに劇作家唐十郎のゼミを受けたのを機に、卒業後は劇団唐組(旧劇団状況劇場)に入団、演出助手を務め劇作家を目指す。

退団後は、喫茶店のボーイ、露天商、建設作業員などをしたあと、教員免許も持たずに全寮制の中高一貫校・白根開善学校中高等部の門を叩き、教員補助として採用される。

翌年、日本大学通信教育部にて教員免許を取得し、英語の教師になる。

現在は、高校生のクラス担任をしながら、少年院を経た生徒や不登校児など多感な生徒が揃うA寮の寮監をつとめ、日々、非行、不登校、自傷行為などの問題や、ハンディキャップを抱えた生徒たちと全身で向き合っている。

あだ名はガッキー。

著書編集

  • 『リストカット少年、教師になる-25年前、父の虐待にふるえた少年は、アングラ劇団員を経て、社会からはみ出した子どもと一緒に歩み始めた』双葉社 2008年3月4日 ISBN 978-4-575-30018-5

テレビ出演編集

戯曲編集

  • 劇団ギョロロ(白根開善学校演劇部)「ガラスの心臓」2007年
  • 劇団ギョロロ「カラス男放火説」2008年
  • 劇団ギョロロ「アゲハと痩せ犬どもの城」2009年
  • 劇団ギョロロ「バネじかけの戦士」2011年

脚本編集

外部リンク編集