メインメニューを開く

大垣市総合体育館(おおがきしそうごうたいいくかん)は、岐阜県大垣市にある大垣市が管理運営する総合体育館である。西濃運輸の創業者の田口利八による寄付の申し出をきっかけとして建設された。1981年に中部建築賞を受賞[1]した建物。

大垣市総合体育館
2007年撮影
施設情報
用途 屋内スポーツ
設計者 株式会社岬建築事務所[1]
施工 岐建木村株式会社(現・岐建株式会社)[1]
建築主 大垣市
事業主体 大垣市
管理運営 公益財団法人大垣市体育連盟(指定管理者
構造形式 RC造[1]
延床面積 10,266.97m²[1]
階数 地上2階[1]
竣工 1980年
所在地 503-0006
岐阜県大垣市加賀野4丁目62番地
位置 北緯35度21分58.28秒 東経136度38分25.81秒 / 北緯35.3661889度 東経136.6405028度 / 35.3661889; 136.6405028座標: 北緯35度21分58.28秒 東経136度38分25.81秒 / 北緯35.3661889度 東経136.6405028度 / 35.3661889; 136.6405028

岐阜県の主要体育館のひとつである。1980年開館。

施設編集

第1体育館編集

第2体育館編集

  • 可能種目:バレーボール(2面)、バドミントン(6面)、テニス(1面)。

第3体育館編集

トレーニング室編集

庭球場編集

  • コート:全天候型砂入り人工芝(4面)(硬式軟式兼用)

概要編集

  • 休館日:毎月第2火曜日、年末年始12月29日1月3日
  • 開館時間:9時00分〜21時00分
  • 所在地:〒503-0006 岐阜県大垣市加賀野4丁目62番地
  • 駐車場:普通車241台、軽自動車4台

アクセス編集

周辺編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f 第13回(昭和56年度)中部建築賞 入賞作品 (PDF)”. 中部建築賞協議会. 2013年8月31日閲覧。
[ヘルプ]

外部リンク編集