メインメニューを開く

大城 滉二(おおしろ こうじ、1993年6月14日 - )は、オリックス・バファローズに所属する沖縄県島尻郡豊見城村(現在の豊見城市)出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。

大城 滉二
オリックス・バファローズ #9
Ohshirokoji 20160320.JPG
2016年3月20日 阪神鳴尾浜球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県島尻郡豊見城村(現:豊見城市
生年月日 (1993-06-14) 1993年6月14日(26歳)
身長
体重
175 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 2015年 ドラフト3位
初出場 2016年4月3日
年俸 3,800万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

豊見城市立長嶺小学校の1年時に「長嶺ベースボールクラブ」で野球を始めると、豊見城市立長嶺中学校で軟式野球部に所属した[2]

興南高校への進学後は、1年秋からベンチ登録。2年生だった2010年には、遊撃手として同学年で唯一のレギュラーを確保するとともに、甲子園球場での全国大会史上6校目の甲子園春夏連覇達成に貢献した。しかし、3年夏の沖縄県大会では、準決勝で多和田真三郎擁する中部商業高校に敗戦。卒業を機に、立教大学へ進学した。

立教大学では、入学の直後から正遊撃手に定着。1年時と3年時には東京六大学野球の秋季リーグ戦で、遊撃手部門のベストナインを獲得した。また、2年時には、日米大学野球代表に選出。4年時の春季リーグ戦では、打率が2割前後に低迷した[3]が、リーグ戦通算100安打(リーグ史上31人目、立教大学の選手では史上5人目)を先頭打者本塁打で達成した[4]。在学中のリーグ戦では、通算95試合に出場。打率.307、5本塁打、36盗塁を記録した。通算の安打数は112安打で、立教大学の選手としては歴代で最も多い(2019年秋季リーグ戦終了時点)。

2015年のNPBドラフト会議で、オリックス・バファローズから3巡目で指名。契約金6,000万円、年俸1,200万円(金額は推定)という条件で入団した。入団当初の背番号は、この年に引退した谷佳知が着けていた10[5]

プロ入り後編集

2016年、同期入団の鈴木昂平杉本裕太郎と共に春季キャンプを一軍でスタート[6]。前年までの正遊撃手・安達了一潰瘍性大腸炎で出遅れていたことから、正遊撃手候補の1人として、新人では唯一キャンプ終盤まで一軍に帯同した[7]4月3日の対千葉ロッテマリーンズ戦(、京セラドーム大阪)で、「8番・遊撃手」としてスタメンで一軍公式戦にデビュー。7回裏の第3打席で一軍初安打を放って出塁すると、走者として一軍初得点を記録することによって、チームを勝利に導いた[8]。沖縄県内54年振りのパシフィック・リーグ(パ・リーグ)公式戦であった6月28日の同カードには、「1番・中堅手」としてスタメンで出場。3回裏の第2打席でチームの先制点につながる左犠飛を放つと、チームが勝利したことから、試合終了後には先発投手の西勇輝と共にヒーローインタビューを受けた[9]。4月中旬に安達が一軍へ復帰してからは、本来のポジションである遊撃手に加えて、中堅手三塁手にも起用。一軍公式戦全体では、64試合の出場で打率.224を記録した。

2017年、前年に続いて、レギュラーシーズンの開幕を一軍でスタート。当初は試合の途中から出場することが多かったが、6月下旬頃からは、安達に代わって遊撃手としてスタメンの機会も増えた。 一軍公式戦には122試合へ出場。通算打席は400で、パ・リーグの最終規定打席にわずかに届かなかったものの、打率(.246)は前年を上回った。また、7月17日千葉ロッテマリーンズ戦(ZOZOマリンスタジアム)で内竜也から一軍公式戦初本塁打を放ったことを皮切りに、2本塁打を記録した。

2018年、3年連続で開幕一軍入りを果たしたが、安達が遊撃、山足達也が二塁手としてスタメンに起用された関係で、開幕カードをベンチから迎えた。開幕2カード目であった4月3日の対千葉ロッテマリーンズ戦で山足が負傷してからは、二塁手としてスタメンに定着。4月12日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(いずれも京セラドーム)では、フランク・ハーマンからプロ入り初のサヨナラ安打を放った。一軍公式戦には128試合の出場で、前年に続いて最終規定打席へわずかに届かなかったが、打率.231ながら4本塁打、15盗塁を記録した。

2019年、開幕一軍に入ったものの、北海道日本ハムファイターズとの開幕カード(札幌ドーム)では、福田周平が二塁、強打の新人野手・頓宮裕真が三塁、安達が遊撃のスタメンに起用。その影響で、前年に続いてのベンチスタートを余儀なくされた。しかし、安達が極度の不振で開幕2カード目から二軍へ回ったことを機に、主に「2番(または6番)・遊撃手」としてスタメンに定着。5月に月間打率.315を記録するなど、前半戦は打撃が好調で、主力打者ステフェン・ロメロの戦線離脱中には3番打者も任されていた。一軍公式戦全体では、91試合の出場で3本塁打、10盗塁、自己最高の打率.262をマーク。セ・パ交流戦の終盤に一軍へ復帰した安達を三塁へ追いやるほど活躍を続けていたが、8月中旬以降は腰痛で一軍から遠ざかったほか、シーズン終了後の11月22日には左臀部の表皮膿瘍切除手術を受けた[10]に。12月11日には、アリゾナ・ダイヤモンドバックスから入団したアダム・ジョーンズMLB時代に続いて背番号10を着用すること[11]に伴って、自身の背番号を9(この年までロメロが着用した番号)へ変更することが球団から発表された[12]

選手としての特徴・人物編集

50メートル走で6秒フラットを計測したほどの俊足、広い守備範囲、上段から振り下ろす打撃フォームが持ち味。「坂本勇人に匹敵するほど、遊撃手としての総合力が高い」と評価されている[13]

オリックスとの間で仮契約を結んだ際には、2016年6月28・29日に地元の沖縄セルラースタジアムで予定されている東北楽天ゴールデンイーグルスの一軍公式戦[14]へ出場することや、背番号10の先輩選手・谷の通算安打数と同じ1928安打を放つことを目標に挙げていた[15]

オリックス入団1年目(2016年)の一軍春季キャンプ最終日(2月28日)には、キャンプ地の宮崎市清武総合運動公園(SOKKENスタジアム)で催された東北楽天ゴールデンイーグルスとの練習試合に、遊撃手としてスタメンに起用された。しかし、4回表までに、遊撃の守備でミスを連発。試合中に一軍の福良淳一監督から、同期入団の鈴木との入れ替え(二軍降格)と、隣接するサブ球場への移動を命じられた。さらに、サブ球場で同時に催されていた二軍の練習試合(対読売ジャイアンツ戦)で、スタメンの鈴木に代わって途中から出場した。福良監督は試合後に「ミスは仕方ないが、その後で執念を出さないといけない。(ミスを)引きずったらこの世界で生きていけない。執念や球際の強さが(表に)出ない限り、(大城を一軍に)上げるまでには時間がかかる」という表現で、このような異例の措置を講じた意図を明言[16]。大城は公式戦で一軍デビューを果たした際に「野球人生で最も悔しい出来事だったんですが、自分に足りないことの多さにも気付かされました」と述懐している[8]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2016 オリックス 64 177 161 11 36 4 1 0 42 7 1 4 10 1 5 0 0 38 4 .224 .246 .261 .506
2017 122 400 345 28 85 10 1 2 103 21 7 4 35 1 16 0 3 59 6 .246 .285 .299 .583
2018 128 428 377 45 87 14 2 4 117 28 15 9 20 0 28 1 3 77 8 .231 .289 .310 .600
2019 91 345 302 36 79 18 2 3 110 28 11 10 11 1 25 0 6 56 4 .262 .329 .364 .694
通算:4年 405 1350 1185 120 287 46 6 9 372 84 34 27 76 3 74 1 12 230 22 .242 .293 .314 .607
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



二塁 三塁 遊撃 外野
















































2016 オリックス - 36 21 45 1 6 .985 10 10 24 4 2 .895 21 26 0 2 0 .929
2017 68 104 121 6 27 .974 17 4 13 0 2 1.000 51 44 109 3 20 .981 10 12 0 0 0 1.000
2018 63 101 140 5 24 .980 64 22 45 4 4 .944 14 21 26 0 7 1.000 29 42 2 0 1 1.000
2019 1 0 1 0 0 1.000 2 0 0 0 0 ---- 89 132 229 11 45 .970 -
通算 132 205 262 11 51 .977 119 47 103 5 12 .968 164 207 388 18 74 .971 60 80 2 2 1 .976
  • 2019年度シーズン終了時

記録編集

背番号編集

  • 10 (2016年 - 2019年)
  • 9 (2020年 - )

登場曲編集

  • 海の声BEGIN(2016年)
  • 「ダイナミック琉球」イクマあきら(2017年)

代表歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ オリックス - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2018年12月11日閲覧。
  2. ^ 日米大学野球日本代表:大城 滉二内野手
  3. ^ リーグ戦・選手個人通算成績 大城滉二東京六大学野球連盟
  4. ^ 立大・大城100安打 苦しみ抜いて先頭弾日刊スポーツ 2015年5月10日配信
  5. ^ オリックス3位大城が仮契約「足でアピールしたい」日刊スポーツ 2015年11月30日配信
  6. ^ 2016年春季キャンプメンバーのお知らせオリックスバファローズ公式サイト 2016年1月27日配信
  7. ^ オリックス・大城、懲罰Wヘッダー!4エラーで福良監督怒ドド(2)サンケイスポーツ 2016年2月29日配信
  8. ^ a b 【オリックス】大城、一軍昇格即プロ初安打&決勝ホームインスポーツ報知 2016年4月4日配信
  9. ^ オリ、パ公式戦54年ぶり沖縄で勝った!大城が凱旋V打 サンケイスポーツ 2016年6月29日配信
  10. ^ オリックス大城が左臀部の表皮膿瘍切除手術 今後は患部の状態を確認しながらFullCount 2019年11月22日配信
  11. ^ オリックスがアダム・ジョーンズ獲得発表 背番10日刊スポーツ 2019年12月11日配信
  12. ^ 背番号変更のお知らせオリックス・バファローズ公式サイト 2019年12月11日配信
  13. ^ 【オリックス好き】大城滉二と鈴木昂平、ショートを狙う2人のルーキーJ SPORTS公式サイト「野球好きコラム」 2016年2月16日配信
  14. ^ 6/28(火)・29(水)楽天戦(沖縄セルラースタジアム那覇)のチケット情報オリックスバファローズ公式サイト 2016年2月9日配信
  15. ^ オリックス3位大城滉二「1年目からガツガツと」 背番号10で仮契約沖縄タイムス 2015年12月1日配信
  16. ^ オリックス3位大城ミス連発で試合中二軍降格日刊スポーツ 2016年2月29日配信

関連項目編集

外部リンク編集