メインメニューを開く

大塔村(おおとうむら)は、かつて和歌山県西牟婁郡にあった

大塔村
廃止日 2005年5月1日
廃止理由 新設合併
(旧)田辺市龍神村中辺路町大塔村本宮町
→(新)田辺市
現在の自治体 田辺市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 和歌山県
西牟婁郡
団体コード 30403-4
面積 219.06km2
総人口 3,246
(国勢調査、2000年)
隣接自治体 上富田町中辺路町日置川町
古座川町本宮町
村の木 ヒノキ
村の花 笹百合
村の鳥 ヤマガラ
大塔村役場
所在地 646-1192
和歌山県西牟婁郡大塔村鮎川2567
 表示 ウィキプロジェクト

2005年平成17年)5月1日に田辺市・龍神村中辺路町本宮町との新設合併により、現在は田辺市大塔地区となっている。富田川流域の鮎川から日置川上流域の山間部を含む地域で、中辺路町、古座川町などと面していた。大塔山系の約半分がこの地域に含まれるが、過疎化などにより人口が減少しつつあった。

村名の由来は、後醍醐天皇の皇子大塔宮護良親王が、都から落ちのびる際立ち寄ったという故事からである。

目次

地理編集

和歌山県の南に位置し、紀伊山地の中にある。そのため高く険しい地形で平地が少ない。

  • 山:大塔山(1121.8m)、法師山、百間山
  • 河川:富田川、鮎川、日置川
  • 沼湖:合川貯水池 (殿山ダム:地元では合川(ごうがわ)ダムと呼ばれている)

隣接していた自治体編集

歴史編集

教育編集

小学校編集

中学校編集

1993年平成5年)4月1日に鮎川中学校・三川中学校・富里中学校を統合し、村内で唯一の中学校として開校

交通編集

観光地編集

関連項目編集