メインメニューを開く

大塚 信一(おおつか のぶかず、1939年 - )は岩波書店元社長。

来歴・人物編集

東京都出身。聖学院高校を経て、国際基督教大学教養学部卒業後、1963年に岩波書店へ入社し、「思想」編集部、岩波新書(青版・黄版)、「岩波現代選書」、「叢書・文化の現在」、「講座・宗教と科学」、「新講座・哲学」、「中村雄二郎著作集」、「河合隼雄著作集」などの数々のシリーズ・講座・著作集を企画・編集。また、河合隼雄、中村雄二郎、山口昌男らと研究会「都市の会」に参加し、1984年に刊行した季刊誌「へるめす」の編集長も務め、「文学部唯野教授」(筒井康隆)などをはじめ多くの著作を世に送り出す。1990年に編集担当取締役、1996年に代表専務取締役(社長代行)を経て、1997年から2003年まで代表取締役社長を歴任した。後任は山口昭男

著書編集

  • 『理想の出版を求めて 一編集者の回想1963-2003』(トランスビュー)2006
  • 山口昌男の手紙 文化人類学者と編集者の四十年』(トランスビュー)2007
  • 『哲学者・中村雄二郎の仕事 <道化的モラリスト>の生き方と冒険』(トランスビュー)2008 
  • 河合隼雄 心理療法家の誕生』(トランスビュー)2009
  • 『河合隼雄 物語を生きる』(トランスビュー)2010
  • 『火の神話学―ロウソクから核の火まで』(平凡社)2011
  • 『顔を考える 生命形態学からアートまで』(集英社新書)2013
  • 松下圭一 日本を変える 市民自治と分権の思想』(トランスビュー)2014
  • 宇沢弘文のメッセージ』(集英社新書)2015
  • 『<ヴィジュアル版>反抗と祈りの日本画 中村正義の世界』(集英社新書)2017

脚注編集