メインメニューを開く

大塚 専一(おおつか せんいち 1863年 - 1920年)は、日本の地質学者登山家。日本各地の巡検を通じて地質調査に先鞭をつけ、多くの地質図作成に貢献した。

経歴編集

1863年、美濃国(現・岐阜県)に生まれる。1887年帝国大学理科大学地質学科を卒業。卒業論文では、関東地方の地質調査を取りまとめ、その中で秩父古生層の名付け親となった[1]。卒業後は、農商務省地質調査所に入った。1888年磐梯山噴火が発生すると和田維四郎とともに現地調査を行った[2]1892年前後には、岩手県釜石市周辺の鉄鉱床の調査を行い釜石鉱山の発展に寄与した[3]1889年日本アルプスの高標高地帯を地質技師として巡検。近代登山が普及する前段階の立山連峰後立山連峰などへの縦走記録は、日本登山史にも名を残すこととなった[4]

栄典編集

報告書、地質図等編集

  • 「磐梯山噴火調査報告」 地質要報11 p143-171 地質調査所 1890年
  • 釜石四近鐵鑛床地質調査報文 地質調査所 1893年
  • 佐賀圖幅地質説明書 地質調査所 1901年
  • 20万分の1地質図幅「志布志」及び同説明書 地質調査所 1909年

脚注編集

  1. ^ 秩父トリビア秩父まるごとジオパーク推進協議会事務局 2017年12月23日閲覧
  2. ^ 公文書でみる明治時代 福島県歴史資料館 2017年12月23日閲覧
  3. ^ 伊藤博文文書 影印 1第113巻 秘書類纂工業 honto検索ページ 2017年12月23日閲覧
  4. ^ 五十嶋一晃『越中薬師岳登山史』p20 五十嶋商事有限会社 2012年
  5. ^ 『官報』第5920号「叙任及辞令」1903年3月31日。