大塚高司

日本の政治家

大塚 高司(おおつか たかし、1964年9月11日 - )は、日本政治家衆議院議員(4期)。

大塚 高司
おおつか たかし
Takashi Otsuka.jpg
生年月日 (1964-09-11) 1964年9月11日(56歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府豊中市
出身校 追手門学院大学経済学部経営学科
前職 議員秘書
所属政党自由民主党竹下派)→)
無所属
称号 経営学士(追手門学院大学・1989年
公式サイト 衆議院議員大塚たかし公式ホームページ

選挙区大阪8区→)
比例近畿ブロック→)
大阪8区
当選回数 4回
在任期間 2005年 - 2009年
2012年 - 現職
テンプレートを表示

自由民主党大阪府連会長、国土交通大臣政務官内閣府大臣政務官第2次安倍改造内閣)、国土交通副大臣第4次安倍改造内閣)等を歴任。

生い立ち編集

大阪府豊中市に生まれる。

春日壮聖マリアンナ幼稚園、豊中市立上野小学校豊中市立第一中学校を経て摂陵高等学校(現・早稲田摂陵高等学校)に進学。中学高校共にバレーボール部で活動する[1]。高校時代のバレーボール部では、2回生でレギュラー・3回生の終わりには主将を務める[2]

高校卒業後、追手門学院大学経済学部経営学科へ進学。大学4年時、自民党の選挙応援に誘われたことをきっかけに大学卒業後、秘書として政治の世界に入る[3][4]坪井一宇原田憲谷川秀善の秘書を務めた[要出典]

2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙大阪8区から立候補し、民主党現職の中野寛成を破り当選[5]

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙公明党の推薦を受けて立候補したが[6]、前回破った中野に敗れ、比例復活もならず落選。


2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙に公明党の推薦を受けて立候補[要出典]日本維新の会木下智彦に敗れたが、比例復活で国政に復帰した。

2014年9月4日第2次安倍改造内閣国土交通大臣政務官に任命され[7]翌月3日、兼ねて内閣府大臣政務官に任命された[8]

2014年12月14日第47回衆議院議員総選挙では大阪8区から立候補し、前回敗れた木下を下して3選(木下は比例復活)。

2017年10月22日第48回衆議院議員総選挙では大阪8区から立候補し、木下に比例復活も許さず4選。

2018年10月、第4次安倍改造内閣国土交通副大臣に就任[9]。2019年10月、自民党大阪府連会長に就任[10]

2021年2月1日、後述の不祥事の責任をとり、自民党へ離党届を提出し受理された。

政策・主張編集

国土交通副大臣として編集

大塚は国土交通副大臣として自動車と鉄道、災害対策等の分野を担当[11]

自然災害からの復旧・復興編集

大塚は2018年10月国土交通副大臣就任会見時、優先的に取り組む政策として、「自然災害からの復旧・復興」を挙げている[12]。また、災害時の重要インフラ機能確保にも触れ、「安倍総理の支持の下ソフト・ハード両面から緊急点検に着手してく。そして点検結果を踏まえ、3年間に集中して、防災・減災対策に取り組む」と着実に防災・減災対策を進める考えを表明した[13]

東日本大震災の復興対応編集

2019年、大塚は東本大震災の被災地を訪れ、三陸リアス線の開通式典に出席するとともに、被災地域の復興状況などを視察。式典の祝辞では「三陸鉄道が総延長163キロメートルの日本一長い第3セクター鉄道として誕生することは非常に感慨深く、大切なことはこの新しい三陸鉄道が、今後も地域に愛され、地域の身近な足として大いに利用されることであり、国土交通省としても、地域にとって必要となる協力などをこれからも行ってまいりたい」と述べる[14]

建設業の働き方改革編集

大塚は建設業の課題について「他産業では当たり前の週休2日の確保が十分ではなく、長時間労働が生じている」と指摘。建設業の働き方改革に注力を入れる方針を明らかにした。建設業の担い手確保も重要であると強調し、「将来の担い手にとって魅力ある産業へと変えていかなくてはいけない。建設現場は人によって支えられている。人生をかけるにふさわしい、魅力的な現場を増やしていきたい」とコメントした[15]

新型コロナ肺炎への対応編集

大阪府の医療機関の支援要請編集

大塚は、大阪などで蔓延する新型コロナ肺炎への対応について、政府への要請を繰り返している。2020年4月には、橋本当時厚生労働副大臣を訪問し、防護服などの医療物資を早急に大阪府などの医療機関に送付するよう要請した。大塚は「医療機関ではスタッフを守るための物資が不足」と危機的状況を報告したうえで「医療崩壊に直面」「府には物資の備蓄が全くない」と大阪府の医療機関の危機的状況を明らかにした[16]。 大塚は記者団に対して「医療現場をなんとしても守らなければならない」として「政府には(防護服などを)早急に(医療機関に)送付してもらいたい」と述べた。要請を受け橋本当時副大臣は「困っている自治体に対するプッシュ型の支援を行いたい」と回答している。[17]

10万円の給付金編集

大塚は、新型コロナ肺炎が蔓延し始めた2020年3月、経済対策としての10万円の給付金を政府に提言し、のちに政府の決定によって実現[18]することとなった。大塚は、大阪府連会長として大阪府連の意見を取りまとめ「飲食業や観光業への無利子無担保の資金援助」や「現金10万円程度の給付」を政府、西村経済再生担当大臣に提言した。記者団へのインタビューに対して大塚は「中小零細企業の大阪なので、即効性のあるものが求められている」として「早め早めの対応」が必要だと述べた[19]

都構想への反対編集

大塚は、大阪維新の会が進めていた大阪都構想に明確に反対し、住民投票で反対過半数を勝ち取った。大塚は西日本新聞の取材に対して「一部で賛成の声もあるが、リスクが高くデメリットが否定できない」と否定的なスタンスであることを示し、住民投票に関しては「住民投票に反対の立場で臨む」とした[20]。 さらに街頭演説に関して、共同通信のインタビューに対して「反対の街頭演説を9月上旬から始める」「住民サービスが下がることをしっかりと説明していく」と決意を述べた[21]。住民投票の結果、反対多数で都構想が否決されると、自由民主の取材に対して「率直に(大阪市の)廃止を阻止できたことに安堵している」としたうえで「大阪市を残した形で、これからもより良い元気な街・大阪にしていきたいという大阪市民の皆様の気持ちがひしひしと伝わった」とした。そして「このことを真摯に受け止めなければならない」と、行政改革に対する意欲を見せた[22]

ドローンの活用と安全対策編集

2020年5月、国土交通委員会議にて大塚はドローンについて「上空から写真や映像を撮るといった目的のみならず、人が近づきにくい場所でのインフラ点検測量、農薬散布といった産業への活躍や災害現場での現状把握への活用も広まりつつある。また、現在は離島や山間部で目視外で荷物を配送する実証実験が、インターネット通販の普及による小口配送の増加など、課題を抱える物流分野においても今後の活用が大いに期待をされているところでありあます。」とドローンの今後の活用期待を述べた。また、ドローンの普及により登録制度が創設されたことに対して大塚は「事故の場合の原因究明や所有者によります安全対策がより一層強化されること。これにより、ドローンの飛行性ががより安全なものとなり、制度としての信頼性が高まれば、社会全体へドローンがより受け入れられやすくなり、利活用の拡大観点からも意義のあるものと考えられるわけであります。ドローンにつきましては、現在でも急速に利活用が拡大をされているわけではありますが、さらに今後も、特に都市部を含めた物流の活用など社会での活躍の幅が広がりまして、我が国が抱えている人手不足などの社会課題への解決に資するものと期待を寄せているところでございます。」と述べている。

その他の主張編集

不祥事編集

献金問題編集

2007年から2009年の間、パチンコ店を経営していた外国人から献金を受けていた。献金額は、2007年に30万円、2008年に60万円、2009年に25万円と3年間で合計115万円だった[26][27]。大塚は取材に「週刊誌からの指摘で確認し、すぐに返金した」と述べた[28]。また、大塚が支部長の「自民党大阪府第8選挙区支部」が、2012年2月末に開いた「早春を楽しむ集い」の収入を、収支報告書に載せていなかったことが判った。支出は豊中市商工会議所の会場費や菓子代、女優の講師代など計6万5千円分の記載があった。大塚の事務所は、後援会の女性部の会合で「参加者一人あたり500円を徴収した」という。[29]。さらに、公職選挙法違反容疑で幹部6人が逮捕された医療法人「徳洲会」グループのファミリー企業で、逮捕された幹部であった徳田虎雄の次女が最近まで社長だった大阪市北区の会社から100万円の献金を受けていた[30]。大塚の事務所は「全額返した」としている[30]

妻のフレーバーティー店で175万円の土産物購入編集

2013年、大塚が支部長を務める「自民党大阪府第8選挙区支部」が、大塚の妻が運営するフレーバーティー販売業者に「土産物代」などとして約175万円を支出していた。同支部は自民党本部から支部政党交付金1200万円を受領しており、税金を身内に還流させる形となっていた。大塚は「適正な商取引で問題はないが、誤解を招くことも考えられるので、今後は取引を控えたい」と述べた[31]

傷害容疑での書類送検編集

2014年10月15日衆院国土交通委員会で、自身が昨夏に知人女性を殴り、傷害容疑で書類送検されたことについて「プライベートな事項とはいえ深く反省しており、被害女性に大変申し訳なく思っている」と陳謝した。大塚は政務官就任前の昨年8月、大阪市内で飲食店従業員の知人女性を殴り、軽傷を負わせた疑いで大阪府警に書類送検されたが、女性が被害届を取り下げ、不起訴になった経緯が既に明らかとなっている[32]。「女性には直接謝罪した」と説明する大塚に対し、委員会で質問した民主党の後藤祐一は、「女性は謝罪を受けていないと話している」などとしたうえで、「暴行事件を起こす方を政務官にすることはいかがなものかと思う」と指摘している。この問題について、内閣官房長官菅義偉は、「政府とすれば、そうしたことはあってはならないことは当然のことだ」と強調したうえで、政務官としての適性については「本人が反省したうえで、その後も政治活動をきちっとやられているというふうに報告を受けている」と述べている[33]

地震発生時に飲酒継続編集

2019年6月18日22時22分ごろに、新潟県で最大震度6強を観測した地震(山形県沖地震)が発生したが、この際大塚は東京・赤坂のクラブでホステスと飲酒していた事実が、週刊文春の取材により発覚した[34]。大塚は国土交通省に設置された災害対策本部の参集対象ではなかったがこの行動は問題視され、7月2日、国土交通大臣石井啓一は「店に居続けたことは緊張感を欠いた行動だった」として大塚を厳重注意とした[35]

緊急事態宣言下での深夜クラブ訪問編集

2021年1月8日、東京都は新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を発令[36]。1月26日、デイリー新潮は、衆議院議員の松本純が1月18日夜、東京都中央区のイタリアンレストランと銀座のクラブ2軒の計3軒を訪れたと報道した[37]。同日、松本は記者団に、訪れた3軒の飲食店すべてについて「要望・陳情を承る立場で、1人で行っている」と説明。また、「閉店後に店に入った。店にいたのは店主たる人と自分だけだった」と述べた[38]。1月29日、松本は自民党国会対策委員長代理を辞任[39]

当初「1人で飲食店に行った」との松本の説明だったが、2月1日、松本は記者団に対し、大塚と田野瀬太道文部科学兼内閣府副大臣に声をかけてイタリアンレストランと3軒目のクラブで同席したと明らかにした。イタリアンレストランでは3軒目のクラブの関係者の女性2人もおり、5人で会食した[40][41][42]。2月1日、国会対策副委員長を辞任(事実上の更迭)[43]。さらに、同日午後に松本、田野瀬両議員とともに自民党本部で二階俊博幹事長と会談し、離党勧告を受けたことを受けて離党届を提出した[44]。離党届は持ち回りの党紀委員会で受理された[45]。また離党に伴い、自民党大阪府連会長も辞任した[46]

人物編集

所属団体・議員連盟編集

脚注編集

  1. ^ 大塚たかしはこんな人 | 衆議院議員 大塚たかし” (日本語). 衆議院議員 大塚たかし. 2021年5月10日閲覧。
  2. ^ “学生時代から現代への繋がり”. 追手門大学校友会. (2016年) 
  3. ^ 大塚たかしはこんな人 | 衆議院議員 大塚たかし” (日本語). 衆議院議員 大塚たかし. 2021年5月10日閲覧。
  4. ^ 追手門学院大学校友会会報 平成18年(2006年)9月15日
  5. ^ asahi.com : 開票結果-大阪8区-2005総選挙
  6. ^ 比例貢献が基準?公明が自民92候補を推薦(2009年7月30日20時25分 読売新聞)
    [1]
  7. ^ 『官報』 平成26年(2014年)9月9日 本紙第6371号 p. 7
  8. ^ 『官報』 平成26年10月7日 本紙第6389号 p. 9
  9. ^ 第4次安倍改造内閣 副大臣25人、政務官27人の顔ぶれ”. 産経新聞 (2018年10月4日). 2018年10月7日閲覧。
  10. ^ 自民党大阪府連 新会長に大塚衆院議員を選出
  11. ^ “自動運転の早期実現に意欲”. 日刊自動車. (2018年10月18日) 
  12. ^ 副大臣・大臣政務官会見:大塚副大臣会見要旨 - 国土交通省”. www.mlit.go.jp. 2021年5月10日閲覧。
  13. ^ “防災・減災対策を推進”. 日刊建設産業新聞. (2018年10月18日) 
  14. ^ 【平成31年3月23日】 三陸鉄道記念式典等に大塚副大臣が出席 - 国土交通省”. www.mlit.go.jp. 2021年5月10日閲覧。
  15. ^ “大塚高司氏働き方改革、担い手確保注力”. 日刊建設工業新聞. (2018年10月18日) 
  16. ^ NHKオンラインニュース 2020年4月21日放送分
  17. ^ NHKオンラインニュース 2020年4月21日放送分
  18. ^ NHKオンライン 「10万円一律給付 閣議決定 マイナンバーカードを活用も整備」https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200420/k10012397011000.html
  19. ^ JAPON JOLOGIE 「MBSニュース 自民大阪府連がコロナ提言」 2020年3月24日
  20. ^ 西日本新聞 2020年8月17日 自民大阪府連は都構想反対
  21. ^ 共同通信 2020年8月22日配信
  22. ^ 自由民主2020年11月28日
  23. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  24. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  25. ^ 全面広告画像
  26. ^ 「『政治とカネ』閣僚続発 ダブル辞任後に宮沢・望月氏…」、朝日新聞、2014年10月29日
  27. ^ 大塚高司カジノ担当政務官がパチンコ店経営者から外国人献金を受けていたウェイバックマシン、2014年10月27日) - http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4496 [リンク切れ]
  28. ^ 「大塚国交政務官に外国人献金=115万円、既に返金」、時事通信 、2014年10月28日(火)
  29. ^ 「『政治とカネ』なお疑問 キャバクラ、クラブ会員権…」、朝日新聞、2014年11月26日
  30. ^ a b 朝日新聞、2013年11月30日
  31. ^ a b “妻のフレーバーティー店で「お土産」175万円購入 大塚高司・国交政務官の政治団体”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2014年12月18日). https://www.sankei.com/west/news/141218/wst1412180048-n1.html 2021年5月10日閲覧。 
  32. ^ 女性に暴行「深く反省」=衆院委で陳謝-大塚国交政務官時事通信2014年10月15日
  33. ^ 「大塚国交政務官、知人女性への暴力認め陳謝」TBS News i2014年10月15日
  34. ^ 大塚高司防災担当副大臣 新潟・山形地震直後もホステスと飲酒疑惑 週刊文春2019年7月4日号
  35. ^ “地震発生後もクラブに滞在の大塚副大臣 国交相が注意”. 朝日新聞. (2019年7月2日). https://www.asahi.com/articles/ASM7242V9M72UTIL01B.html 2019年7月2日閲覧。 
  36. ^ 新型コロナウイルス感染症に関する知事メッセージ(1月8日)|東京都
  37. ^ 自公衆院議員2人が深夜に銀座のクラブへ、取材に陳謝” (日本語). 朝日新聞 (2021年1月26日). 2021年1月27日閲覧。
  38. ^ “「会わないと話ができない内容もある」 緊急事態宣言下で飲食店3軒をはしごした自民・松本純氏の一問一答”. 東京新聞. (2021年1月27日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/82372 2021年2月1日閲覧。 
  39. ^ “公明・遠山氏の秘書が政治資金でキャバクラ 役職辞任、自民・松本氏も”. 時事通信. (2021年1月29日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021012901070&g=pol 
  40. ^ “自民の松本純・田野瀬太道・大塚高司氏、離党届提出…夜の銀座で同席”. 読売新聞. (2021年2月1日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210201-OYT1T50125/ 2021年2月1日閲覧。 
  41. ^ “平気でウソをつく松本純議員 クラブホステス同伴? まだある同席2議員の“問題写真””. デイリー新潮. (2021年2月1日). https://www.dailyshincho.jp/article/2021/02011900/ 2021年2月1日閲覧。 
  42. ^ “松本、田野瀬、大塚氏 議員辞職は…「支援者と相談したい」<自民3議員が銀座クラブ訪問②> ”. 東京新聞. (2021年2月1日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/83409 2021年2月1日閲覧。 
  43. ^ 公明遠山氏、議員辞職願提出 自民田野瀬、大塚高氏も更迭へ―銀座クラブ訪問 - 時事ドットコム 2021年2月1日
  44. ^ 自民 松本元国家公安委員長ら3人 離党届 深夜まで飲食店に - NHKニュースWEB 2021年2月1日
  45. ^ 自民・松本氏ら3人が離党 「夜の会食」で同席 - 産経ニュース 2021年2月1日
  46. ^ 自民大阪府連 大塚高司会長が辞任 銀座クラブ訪問で - 産経ニュース 2021年2月1日
  47. ^ 大塚たかしはこんな人”. 衆議院議員 大塚たかし. 2021年5月10日閲覧。
  48. ^ a b 北九州市医報(平成29年7月)第720号 - オリンピックと屋内全面禁煙法・条例(その33)”. 北九州市医師会 (2017年7月1日). 2018年7月21日閲覧。
  49. ^ 「自民党たばこ議員連盟」役員(2017/3/7現在)及び役員へのタバコ販売&耕作者政治連盟からの6年間の献金額(万円)”. 2018年4月11日閲覧。
  50. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  51. ^ a b c d e f g 大塚たかしのプロフィール”. 大塚たかし公式サイト. 2017年2月27日閲覧。
  52. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  53. ^ 「安倍政権中枢に カジノ議連メンバーずらり」、しんぶん赤旗 2014年9月9日

外部リンク編集

公職
先代:
牧野京夫
秋元司
  国土交通副大臣
塚田一郎牧野京夫と共同

2018年 - 2019年
次代:
青木一彦
御法川信英
先代:
土井亨
中原八一
坂井学
  国土交通大臣政務官
上野賢一郎
青木一彦と共同

2014年
次代:
上野賢一郎
青木一彦
鈴木馨祐