大多和 音吉(おおたわ おときち[1]1887年(明治20年) - 1957年(昭和32年)5月)は、日本教育者。松江ミシン裁縫女学院(現・開星中学校・高等学校)創設者[2][3]広島県出身[4]

経歴編集

千葉県道徳科学研究所専攻科卒[5]海軍入隊の後、妻のタカとともに1924年島根県松江市中原町に「松江ミシン裁縫女学院」を設立。道徳教育を根本として、経済的に自立できる女性の育成を目指す[6]。校主、理事長として経営にあたり、同校は「松江洋裁女学校」「松江家政高等学校」「松江第一高等学校」などの校名変更を経て1994年より、開星中学校・高等学校となっている[3][7]。  

脚注編集

参考文献・ウェブサイト編集

  • 大高利夫『学校創立者人名事典』日外アソシエーツ、2007年7月。ISBN 978-4-8169-2058-5
  • 学校法人 大多和学園|開星中学校・高等学校 - 学校概要:略史

外部リンク編集