メインメニューを開く

大奥』(おおおく)は、江戸城本丸御殿において将軍正室側室、その生母や子女、及び御殿女中たちの居所で起きた事象を描いた舞台劇フジテレビの時代劇シリーズ『大奥』を原作とする。

目次

大奥(フジテレビドラマ版)編集

フジネットワークで放映されたドラマシリーズのうち、2007年2010年上演版は2003年版を、2011年2012年2013年上演版は2004年版をベースとした。

なお、『大奥ナビ』としてイヤホンガイドを導入。

上演日程編集

2007年
2010年
2011年(第二弾)
2013年(第二弾)

出演者編集

※はドラマキャスト。
第二弾〜(2011年)

補足編集

  • 子役は基本的にカーテンコールに出ないが、千秋楽のみ出る。
  • 初島役は当初木村多江が演じる予定だったが、妊娠のため降板、急遽中山に代わった。
  • 家茂役の金子昇は、2010年当初から関西テレビで『競馬beat』MCを務めていたが、本作品上演期間中は欠席した。同年11月は大阪公演だが、競馬開催場が京都であることと、『競馬beat』の放送時間は昼の部が終わり夜の部の開演直前にあたるため、やはり欠席となった。
  • 浦尾役の久保田磨希は妊娠のため、2011年の第二弾には出演せず、2012年の第二弾全国ツアーにも復帰しなかった。2012年復帰とならなかったのは、脚本がはじめから浦尾抜きで書かれている上、出産後ほどなく活動を再開した久保田のスケジュールを押さえられなかったことが理由と考えられる。2013年の公演から復帰予定。ちなみに同僚である吉野役の山口香緒里は、第一弾東京公演開幕の2か月前に出産し、出産後ほどなく稽古入りという状況だった。

大奥 月光院物語 愛しき人編集

2007年3月4日から3月28日まで御園座(愛知県)で上演された。舞台設定は江戸幕府第6代将軍徳川家宣の時代で、その側室である月光院が主人公になっている。主演は佐久間良子

脚注編集

  1. ^ テレビドラマでは孝子

外部リンク編集