大学の若大将

1961年に公開された日本の映画

大学の若大将』(だいがくのわかだいしょう)は、加山雄三主演の日本映画。若大将シリーズの第1弾。1961年7月8日公開。東宝製作。併映は千葉泰樹監督の『香港の夜』。(主演宝田明司葉子

大学の若大将
監督 杉江敏男
脚本 笠原良三
田波靖男
製作 藤本真澄
出演者 加山雄三
星由里子
田中邦衛
音楽 広瀬健次郎
主題歌 「大学の若大将」
撮影 鈴木斌
配給 東宝
公開 日本の旗 1961年7月8日
上映時間 82分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 2億8千900万円
配給収入 1億4千万円
次作 銀座の若大将
テンプレートを表示

概要編集

1960年代の日本映画を代表する人気シリーズの第1作である。東宝の娯楽映画のベテラン杉江敏男が監督した。この映画から加山雄三は大スターの道を歩むことになる。また、それまで端役だった田中邦衛にとって初めての大きな役で、この作品での青大将役の存在感が認められ、青大将は若大将の悪友的な存在としてシリーズにはなくてはならないキャラクターとなった。藤山陽子はこの作品でデビューした。観客動員は387万人の大ヒットとなった。

ストーリー編集

京南大学法学部の学生、田沼雄一は麻布の老舗のすき焼き屋「田能久」の長男で、水泳部のエースでもあり、周囲から「若大将」というニックネームで呼ばれている。親切でおっとりとした性格だが、喧嘩に強く、仲間の為なら親から貰った学費を流用する豪快さもある。またギターを得意とし、演奏のアルバイトもしている。同じ大学に通う石山製菓の御曹司である新次郎、通称「青大将」とはライバル関係にある。近頃、田能久は近所にオープンしたナイトクラブ形式のステーキ屋「黒馬車」が繁盛しているせいもあって客足が遠のき始めており、若大将は父親・久太郎に、カンフル剤として流行りのバーベキューを取り入れたモダンな雰囲気に改装する事を提案するが、謹厳実直な久太郎と意見が合わずに衝突する。ある日、バスで老婆に席を譲ろうとして、チンピラ2人組と揉めていた、石山製菓のキャンディ・ガールをしている中里澄子を若大将は助けるが、喧嘩を売ってきたチンピラ2人組をノックアウトしてしまった事で警察のご厄介になる。さらに、黒馬車で演奏のアルバイトをしていたことが久太郎にバレた事、店の金を使い込んだ妹・照子をかばった事、店の高級肉を盗み出したと誤解を受けた事(水泳部の仲間に食べさせる為で、祖母・りきが持たせた)等が原因で、勘当を食らってしまう。とりあえず知り合いの植木屋の居候になるが、大食漢の若大将に植木屋のおかみさんは閉口。気まずくなった若大将は、水泳部マネージャーの多胡が管理人をしている、芦ノ湖畔にある野村デパートの社長が持つ別荘に転がり込む。別荘にある食材を使った料理を楽しんでいた所、野村社長の娘・千枝子が来て野村一家が予定よりも早く別荘を利用すると伝えた為、居場所を失った若大将は多胡の紹介で、芦ノ湖の貸しボートハウスで住み込みのアルバイトを始める。そこで、たまたま夏季出店の為に来ていた澄子と出会う。仲良くする二人。しかしバカンスに来ていた青大将も澄子を狙っており、何かとちょっかいを出してくる。湖上監視員役を任された若大将は、ボートが転覆して溺れそうになっていた野村社長とその息子を双眼鏡で見つけ、モーターボートを操縦して助けるが、それがきっかけで、千枝子との見合い話が持ち上がる。乗り気でない若大将だったが、多胡が千枝子に好意を持っていることを知り、あえて見合いを受けて、その場に多胡を呼び、彼の気持ちを千枝子に伝えて恋のキューピッド役になろうと計画する。結果的に見合いは台無しになったが、率直な青年だと高い評価を受けた。だが、たまたま若大将の見合い現場を目撃した澄子は、若大将が他の女と結婚をしようとしていると誤解をし、嫉妬心からヤケになってしまう。若大将が出場する水泳リレー大会の開催日、澄子は青大将の誘いに乗り、彼の車でドライブに出かけるが、若大将の応援に駆け付けるために急いでいた祖母・りきが道路に飛び出してきて、ブレーキを踏んだが間に合わず、りきを撥ねてしまう。事故の知らせを受けた若大将は病院にかけつけ、輸血をしてりきを助ける。その後、青大将の提案で、彼の運転する車で会場まで取って返す。途中でスピード違反で白バイに止められるも、事情を話すと白バイが会場まで先導してくれた。そのおかげでなんとか間に合った若大将の活躍で水泳部は見事優勝。りきの命を救った事で久太郎からの勘当も解け、澄子とも和解。田能久は若大将の提案通り、バーベキューも扱うモダンな雰囲気に改装し、それが当たって店は大繁盛する。

ロケ地編集

配役編集

スタッフ編集

楽曲編集

  • 大学の若大将
    作詞/岩谷時子、作曲/広瀬健次郎、歌/デューク・エイセス
  • 夜の太陽
    作詞/三田恭次、作曲/中村八大、歌/加山雄三
  • 俺たち河童の子
    作詞/梶田興治、作曲/広瀬健次郎、歌/京南大学水泳部

外部リンク編集

若大将映画作品
通番 題名 公開日 脚本 監督
第1作 大学の若大将 1961年7月8日 笠原良三
田波靖男
杉江敏男
第2作 銀座の若大将 1962年2月10日
第3作 日本一の若大将 1962年7月14日 福田純
第4作 ハワイの若大将 1963年8月11日
第5作 海の若大将 1965年8月8日 田波靖男 古澤憲吾
第6作 エレキの若大将 1965年12月9日 岩内克己
第7作 アルプスの若大将 1966年5月28日 古澤憲吾
第8作 歌う若大将 1966年9月10日 長野卓
第9作 レッツゴー!若大将 1967年1月1日 岩内克己
第10作 南太平洋の若大将 1967年7月1日 古澤憲吾
第11作 ゴー!ゴー!若大将 1967年12月31日 岩内克己
第12作 リオの若大将 1968年7月13日
第13作 フレッシュマン若大将 1969年1月1日 福田純
第14作 ニュージーランドの若大将 1969年7月12日
第15作 ブラボー!若大将 1970年1月1日 岩内克己
第16作 俺の空だぜ!若大将 1970年8月14日 小谷承靖
第17作 若大将対青大将 1971年1月9日 岩内克己
第18作 帰ってきた若大将 1981年2月11日 小谷承靖