一般社団法人大学スポーツ協会(だいがくスポーツきょうかい)は、2019年3月に発足した日本の大学スポーツを統括する団体。略称:UNIVAS(ユニバス)。

大学スポーツ協会
団体種類 一般社団法人
設立 2019年3月1日
所在地 東京都千代田区九段北4丁目2-9
私学会館別館第二ビル3階
北緯35度41分30.4秒 東経139度44分15.8秒 / 北緯35.691778度 東経139.737722度 / 35.691778; 139.737722座標: 北緯35度41分30.4秒 東経139度44分15.8秒 / 北緯35.691778度 東経139.737722度 / 35.691778; 139.737722
法人番号 7010405017508 ウィキデータを編集
主要人物 代表理事 福原紀彦
活動地域 日本の旗 日本
ウェブサイト https://www.univas.jp/
テンプレートを表示

概説 編集

文部科学省スポーツ庁全米大学体育協会(NCAA)の日本版の創設を推進し、2018年10月22日に正式名称が決定した[1]

2019年1月には同協会が加盟団体を募集。3月に設立総会を開く[2]

設立時役員 編集

以下は、2021年5月28日現在の役員一覧[3]

役職 名前 略歴
会長(代表理事) 福原紀彦 中央大学 学長
副会長 有森裕子 スペシャルオリンピックス日本理事長
副会長 川原貴 日本臨床スポーツ医学会理事長
専務理事 池田敦司 仙台大学教授
常務理事 筱﨑隆広 (株)メルカリ社外監査役
監事 生田圭 弁護士
監事 大塚則子 公認会計士
顧問 川淵三郎 日本トップリーグ連携機構会長
顧問 小宮山宏 (株)三菱総合研究所理事長
顧問 松浪健四郎 全国体育スポーツ系大学協議会会長

主な不参加大学 編集

2021年2月時点で、加盟校は短大を含め220である[4]

筑波大学は、学連やさらに上の競技団体が正会員として加わっており協会は各大学の集まりで運営されるという形にならないのではないかという点などから参加を見送った。

加盟団体 編集

中央競技団体として、陸上サッカー、体操、自転車競技、卓球、バドミントン、剣道、スケートなどがUNIVASに未加盟である。

中央競技団体 編集

連携会員 編集

UNIVAS CUP 編集

UNIVASでは国民スポーツ大会の大学版であるUNIVAS CUP(ユニバスカップ)を2019年6月に開始。加盟団体が主催する大会を対象に大学対抗で行い、総合優勝を争う[5]

指定大会 編集

歴代総合優勝校 編集

  • 2019–20:早稲田大学
  • 2020–21:早稲田大学
  • 2021–22:早稲田大学
  • 2022–23:早稲田大学
  • 2023–24:早稲田大学

脚注 編集

出典 編集

  1. ^ “大学スポーツの統括団体、新組織名は「UNIVAS」”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2018年10月22日). https://web.archive.org/web/20190108200900/https://www.jiji.com/jc/article?k=2018102200474 2019年1月8日閲覧。 
  2. ^ 2019 年度 実施事業の概況報告UNIVAS
  3. ^ 設立時役員等候補の選任について
  4. ^ 2019年4月末までに参加した"創設メンバー"の校数は219。以降も何件かの新加盟がある一方で小規模大学や地方国立大学の脱退もみられる。
  5. ^ UNIVAS CUP 2019 開催のお知らせ

関連項目 編集

外部リンク 編集