大学受験ラジオ講座

日本のラジオ教育番組

大学受験ラジオ講座(だいがくじゅけんラジオこうざ)は、文化放送やラジオたんぱ(現:ラジオNIKKEI)など全国のAM・FMラジオ放送局で放送された番組。旺文社一社提供。通称「ラ講」(ラこう)。

概要編集

旺文社の創業者赤尾好夫が、「大学受験教育の地域格差を放送を通じて解消していく」という理念を掲げ、自ら設立に関与した日本文化放送協会(現・文化放送)に企画を持ち込んで、1952年(昭和27年)3月31日の開局と同時に放送開始。

日本短波放送(NSB)が開局した1954年(昭和29年)8月からは、そちらでも放送が始まり、全国での受信が可能になった。後に、同じく教育の地域格差解消をテーマに『百万人の英語』が立ち上げられて、そちらも文化放送と日本短波放送で同時放送されるに至った。基本的には毎日1講座30分単位で2本放送された。

ブラームス作曲の「大学祝典序曲」がテーマ曲として使用された(ただし末期はポップ調にアレンジ)が、放送開始・終了、講義開始前・終了時のアナウンスは各局それぞれで行っており、あいさつが異なるケースさえみられた。放送時間もエリアもかぶるCBC岐阜放送では、テーマ曲が2回流れるぎふチャンのほうがやや本編が遅く放送されていた。

なお例年12月31日は、AM全局とラジオたんぱで「ゆく年くる年」が放送される関係で、放送休止(休講)となっていた。

歴史編集

番組初期から中期の展開編集

日本短波放送での放送開始で全国どこでも聴ける番組となり、赤尾の掲げた目標は一応達成されたが、放送による一斉授業形式ならではの問題も抱えていた。リスナーとなる受験生一人一人の学習進度や志望校に関係なく、同じ講義を一律に送り出さなければならなかったのである。旺文社は当初、月刊でラジオ講座のテキストを発行し、それに先輩格の大学受験総合誌『蛍雪時代』を含めた形で受験生のフォローアップを行うことを考えていた。昭和30年代には、旺文社が大学受験産業でほぼ独占的なシェアを獲得していて、他の教育形態もまだそんなに伸びていなかったため、このスタイルで十分成り立った。

ところが1961年(昭和36年)、増進会出版社が難関大学志望の高校生を対象にした国内初の個別通信添削指導『Z会の通信添削』をスタートさせ、ラジオ講座は強力なライバルと出会うことになった。1969年(昭和44年)には、福武書店(現・ベネッセコーポレーション)が『進研ゼミ高校講座』の前身『通信教育セミナ』を立ち上げ、旺文社も『旺文社ゼミ』の名前で追随。旺文社は、ラジオ講座を聴取し、旺文社ゼミも併せて受講することで、学習効果の増大を狙った。

一方で、開始当初から昭和30年代には、大半のネット局で22 - 24時のプライムタイムに放送されていたが、昭和40年代以降、この時間帯が若者向けになるにつれて、ほとんどのラジオ局で放送時間は5時台へと追いやられた。このため受験生個人で毎日の放送をタイマー録音し、後で都合のいい時に聴く習慣がついていった。1980年(昭和55年)10月改編以前で夜間放送だったのは、ラジオたんぱと文化放送(23:30 - )、およびラジオ関西(23:35 - )だった。当時、文化放送の22時以降は「夜のニュース・パレード」や外郭団体(日本英語教育協会)経由で実質旺文社提供だった『百万人』などの番組が並んでいた。

1982年(昭和57年)以降、地方で民放FM局の開局が続き、AMラジオ局で放送されない地域で5:00 - 6:00に放送され、放送形態の垣根を越えて放送される番組となった。 そういった地方の学生のために、旺文社は希望する高校に講義放送のテープ(2講義分を収録、放送月初に送付し翌月回収のため、オンエア前や聞き逃した講義を聴くことが出来た。ただし蛍雪アワーを除く)を無償で貸し出したり、後にはラジオ講座を編集したテープを販売していた。

しかし、後期には通信添削市場の成長による受験産業の多様化に加え、文化放送の編成政策に2度まで翻弄される事態となり、次第に番組の立ち位置が怪しくなっていく(後述)。

文化放送での野球放送への影響編集

当番組の存在は、旺文社が大株主となっていた文化放送で長年、編成上のネックとなっていた。特に1980年代以降、文化放送が平日の野球中継に参入すると、深刻な影響を及ぼすようになっていった。

てるてるワイドとライオンズDJ編集

1980年(昭和55年)10月改編で文化放送初の本格的な夜ワイド『吉田照美のてるてるワイド』が立ち上げられると、24時までの放送枠を確保するため月曜日から金曜日の講座が夕方の18:30 - 19:30に移動した。当時はまだ平日の野球放送がなく、かつ土曜日と日曜日の講座は『ホームランナイター』の絡みで放送時間が異なっていた(24:30 - 25:30)ため問題は少なかったが、1982年(昭和57年)4月改編で『ライオンズDJ』が立ち上がると、試合開始から終了までの放送を求めるリスナーの声に応えられないという新たな問題が沸きあがる。

1984年(昭和59年)4月改編で『ライオンズ』が放送時間延長になると、ラ講は直前に放送されていた『百万人』と入れ替わる形で30分繰り上がって18:00 - 19:00の放送に変更、翌1985年(昭和60年)4月の改編で「ライオンズDJ」が他局と同じ一般的な中継スタイルを取り入れた『文化放送ライオンズナイター』に生まれ変わると、試合開始からの放送に対応するため再び深夜に戻された。ここで平日と週末の放送時間が統一され、全曜日24:30 - 25:30の放送となった。

延長なしのライオンズナイター編集

しかし、今度は野球放送が長引いたときにラジオ講座の存在が後続の番組に影響を及ぼすようになる。当時のプロ野球セ・リーグが試合開始後3時間20分、パ・リーグが3時間を超えて新たなイニングに入らないルールがあったため、『ホームランナイター』で18時30分開始の神宮球場ヤクルト巨人戦を中継しても、22時までには試合終了のメドが立っていた。このため18時開始の西武ライオンズ球場西武主催ゲームを中継することを前提に、ライオンズナイターは21時30分までで延長なしと設定された。ホームランナイターはNRN全国ネットの関係上、21時までを定番枠とし最大22時までの延長放送を行うと設定された。これにより、『さだまさしのセイ!ヤング』や『落合恵子のちょっと待ってMONDAY』は定時から放送でき、タイマー録音する学生への配慮やテキストへの時間記載などで24時30分のスタートをずらせなかったラジオ講座の放送にも支障を与えないという編成政策が採られた。

ちなみに優勝決定試合は例外的に試合終了まで放送することになっていて、1988年(昭和63年)10月19日のパ・リーグ優勝を賭けたロッテオリオンズ近鉄バファローズのダブルヘッダーはリスナーの抗議殺到を受けて第1試合途中から『文化放送緊急スポーツスペシャル』として第2試合終了まで放送したが、『お遊びジョーズ』はその分短縮されるという、当時の文化放送では極めて異例の対応がなされた。

1989年平成元年)は、前年の1988年10月に開局したNACK5が筆頭株主になったライオンズの親会社西武鉄道の意向を受けて、国内FM局初の本格的なスポーツ中継に取り組むことになった。文化放送はNACK5と業務提携、土曜日と日曜日のライオンズ戦中継を任せることにした。

一方、平日のライオンズナイターは21時30分での打ち切りを維持したものの、それ以降試合が続く場合はNACK5で試合終了までリレー放送する形とした。

野球延長容認へ編集

ところが1990年(平成2年)のNPBのルール改正で、パ・リーグの試合時間制限が4時間に延長されると、平日でも夜ワイドの時間まで野球中継がずれこむケースが増えるようになった。文化放送ではNACK5へのリレー放送こそ取りやめたものの、当時の夜ワイド『今夜もBREAK OUT ラジオバカナリヤ』は22時からないしはそれ以降に放送される内包番組の絡みもあって繰り下げ時間の確保が難しかった。『ライオンズナイター』は西武球場の試合であれば22時までに終了のメドが付くとして、前年から20分繰り下げた最大21時50分での打ち切りとし、いち早く試合時間無制限に切り替わっていたセ・リーグの試合が中心のホームランナイターも最大延長を22時30分に設定した。

1991年(平成3年)の夜ワイド『キッチュ!夜マゲドンの奇蹟』ではライオンズナイターの延長による繰り下げ開始を22時まで認め、『百万人』と夜ワイド番組の23時台にあったNRN全国ネットの花王一社提供枠が相次いで打ち切られ編成上の余裕ができた1992年(平成4年)からは22時以降もニッポン放送TBSラジオと同様に夜ワイドの放送時間を短縮するスタイルが導入され、ライオンズナイターは試合終了まで放送できるようになった。スタッフにとっては、『ライオンズDJ』スタートから11年目で悲願の完全放送を実現する形となった。

しかし、ホームランナイターは後続に『セイ!ヤング』『東京ライブミックス』といった生放送番組があること、さらにはそれら番組の出演者やスポンサー、『セイ!ヤング』に至っては同時ネット局の存在も障害となり、この年も試合終了までの放送はできなかった。1994年(平成6年)は平日の放送がなくなったにもかかわらず土日に集中する形となった『Jランド』が引き続きネックとなり、最大延長が23時に設定される。ホームランナイターも試合終了まで放送できるようになったのは、『Jランド』の終了でラジオ講座の系譜が文化放送から完全に消えた1995年(平成7年)4月改編からである。

Jランドへの転換と失敗編集

合格いっぽん道打ち切りとさだまさし降板編集

『文化放送ライオンズナイター』のリニューアルと共に再び深夜に戻ったラ講は、そこから9年間全日24:30 - 25:30で安定した状態が続くが、『オールナイトニッポン第1部』(ニッポン放送)や『スーパーギャング』→『パックインミュージック21』→『シンデレラドリーム ミッドナイト☆パーティー』(TBSラジオ)、『NORU SORU』(TOKYO FM)といった午前1時スタートの裏番組に対抗することができなくなっていた。1992年(平成4年)10月改編で、後続の『百万人』が先に打ち切られる。

1993年(平成5年)4月改編では、ラジオたんぱでラ講の前に放送されていた『合格いっぽん道』も打ち切られ、両番組を統合した大型枠『合格プロジェクト』の一コーナーとしてラ講が60分間放送された。『プロジェクト』がある程度の支持を得たという旺文社側の手応えと、『ミスDJ』以来久々の大型深夜放送となる『Come on FUNKY Lips!』の投入を決めた文化放送の思惑が一致したところへ、『さだセイ』パーソナリティさだまさしが降板を申し入れる。

帯番組終了、週末へ集中編集

このため、1994年(平成6年)4月改編で文化放送でも全面リニューアルが行われ、『さだセイ』の枠が空く土曜日夜と、日曜日の夜にラ講を集中的に放送することにした。1994年4月8日の講義を最後に開局以来42年間続いた連日放送が終了する。明けて1994年4月9日からは、『Jランド 大学受験生ナマワイド』(ジェイランド だいがくじゅけんせいナマワイド)と改題、週末の23時から情報コーナーを挟んで土曜日は3時間、日曜日は2時間の枠が確保された(これによって各講座の1コマあたりの時間も短縮)。

内容としては『合格プロジェクト』の形態を基本的に引き継ぎ、他の夜ワイド番組に近い形とするためナビゲーター役として文化放送アナウンサー藤木千穂を起用、情報コーナーは旺文社がラ講テキストに替えて創刊したCD講座付き受験情報誌「KEISETSUアルシェ」と連動させた。長年使われた「大学祝典序曲」もこの年度は使用されなかった。

しかし、文化放送と同時にフルネットしたのは独立局のラジオ関西(CRK)だけだった。他のネット局は帯番組形態を継続しつつも「Jランド 旺文社大学受験ラジオ講座」と改題し放送時間が45分に短縮された。ラジオたんぱでは『プロジェクト』が継続され、その中の45分枠で放送されることになった。

リスナーの離反編集

その文化放送では、『さだセイ』がさだのファンを中心に幅広い層のリスナーを獲得していたのとはうって変わり、高校3年生と浪人生にしか聞かれないことが難点となって聴取率が大きく下がった。特にタクシー運転手など大人世代はほぼ100%離れ、世代別で『ラジオ深夜便』(NHK-R1)の独走を許してしまった。『浅草キッドの土曜メキ突撃!ちんちん電車!』→『浅草キッドの奇跡を呼ぶラジオ』がノンスポンサーにもかかわらず人気爆発したニッポン放送、そして『コサキン怪傑アドレナリン』を持っていたTBSとの差も拡大する一方となった。CRKでも、週末放送で遠距離受信者が非常に多い『青春ラジメニア』『ピーターパンクラブ』の放送時間・曜日が変更となり、両番組とも一時壊滅状態に陥った。こうして、文化放送とCRKの両局とも『Jランド』は完全に失敗と判断せざるを得なくなった。

シリーズの終焉とその後編集

旺文社の決断編集

『Jランド』の政策的失敗で早期にA&G強化へ舵を切りたいという文化放送側の事情に加え、旺文社内部でも第2次ベビーブーム世代の大学進学が一巡し本格的な少子化時代を迎える中で、リスナーの絶対数が減るとともに番組テキストの売り上げも先細りになると判断、番組の将来を悲観する向きが広がった。この時旺文社では、近い将来にその可能性が迫っていた大学全入時代が現実化すれば、受験生の番組に求めてくるレベルも多様化し既存のスタイルでは対応できなくなるというところまで視野に入れていた。

こうして文化放送と旺文社、両社の利害が一致してついにラ講はAM・FM局での放送終了が決まる。『Jランド』『ラ講』共に、1995年(平成7年)4月2日の放送をもって番組終了、43年の放送にピリオドを打った。

文化放送の編成転換編集

文化放送では土曜・日曜の深夜枠をA&G枠の中核として方針転換、『ドリカン』『アニスパ!』『こむちゃっとカウントダウン』などの長寿番組を次々と輩出し現在に至る。

金曜日午前0時台も『アニメスクランブル』が移動して、こちらは2009年(平成21年)10月改編で土曜日に移動するまで、15年間変わらない長寿番組となった。『アニメスクランブル』の前枠に放送されている『アラシリミックス』は、2011年(平成23年)10月改編で10周年を迎えた。

一方で、月曜日~木曜日の午前0時台は『Lips』→『LIPS PARTY 21.jp』→『レコメン!』と夜ワイド路線に組み込まれ現在に至り、NRN全国ネットも行われるが、これはラ講とは全く異なるもので、むしろ1991年以前の夜ワイド23時台花王枠が形を変えて復活したものと言うことができる。

なお文化放送での旺文社提供枠は日曜日夜に『アルシェくらぶ ITEMAE RADIO』として存続したものの、ラジオたんぱと違い『ラ講』が採った講義形式での放送は『Jランド』終了後現在に至るまで一度も行われていない。その後文化放送はA&G全盛期に入ったこともあり末期には日曜夜の録音番組1本分だけを旺文社が提供する形となり、それも旺文社の経営が悪化の一途を辿っていた1998年(平成10年)10月改編、『平松晶子のVOICE OF WONDERLAND』の終了を最後に廃枠となって、開局から46年間続いた文化放送での旺文社による番組提供活動がすべて終了した。

ラジオ関西の場合 編集

ラジオ関西でも「Jランド」の編成失敗から早期に編成方針を転換しようとしたが、『ラジメニア』はその後しばらく金曜夜~深夜にかけての長時間生放送が続き、「Jランド」以前に編成していた古巣土曜深夜0時~2時に戻るにはしばらく時間がかかった。

「Jランド」撤退後、土曜日23時台は「Jランド」のために一時金曜日23時台へ移動された「林原めぐみのHeartful Station」が出戻り、以降現在まで続くアニラジの長寿番組として成長している。土曜日深夜0時台・1時台は「青春ラジメニア」が戻るまで文化放送制作のアニラジ番組などがネットされて放送されていた。一方の日曜日は夜11時台に「アルシェくらぶ-」を文化放送とネットして放送していたが、深夜0時台は番組編成が迷走していた。そして、旺文社提供の番組枠が終了した1998年10月改編以降、日曜日深夜0時台に「ハイスクールGO太!!」という番組を独自で放送開始する。しかし、その番組も2005年12月で終了する。

ラジオたんぱ独自の「大学合格ラジオ講座」へ編集

ラジオたんぱでは文化放送が『Jランド』を打ち切るのと同時に、『プロジェクト』が『合格ラジオ』と改題され、これに含まれる形でラ講が引き続き放送された[1]。大学合格ラジオ講座は、旺文社ではなくラジオたんぱが公式テキストを作成して全国の高校3年生に無料配布したため、ラジオたんぱの後身の日経ラジオ社は「ラ講の系譜を引き継ぎはしたがラ講がラジオたんぱ単局での放送になったのではない」としている[2]。一方で旺文社も『アルシェ』の発行は続けた。

しかし、ラジオたんぱの受信には専用の短波ラジオが必要であり、リスナーに追加負担を強いることになった。BCLブームが去り短波ラジオの売上も年々縮小する中で、専門的な番組が多く聴取率も知名度もまず期待できないラジオたんぱでの継続は非常に厳しいものだった。なおかつAM・FM局での放送を失っていたラ講に復活する余力は残っていなかった。

1999年(平成11年)4月改編で『合格ラジオ』は打ち切りに追い込まれ、開局以来47年間続いたラジオたんぱ受験生向け番組の系譜が途切れた。ほぼ同時期に『アルシェ』も休刊(実質的な廃刊)となった。その後、2001年(平成13年)に旺文社は再建のため保有していた文化放送とテレビ朝日の株をすべて売却。開局以来50年間続いた旺文社と文化放送の資本関係は解消された。

旺文社模試、旺文社ゼミもZ会、ベネッセなど通信添削大手の攻勢の前に低迷し、事業撤退となり消滅した。

主な歴代講師編集

ネットしていた放送局編集

AM・21局、FM・9局を含む31局ネットで放送していた。

放送地域 放送局名 放送期間 備考
関東広域圏 文化放送(QR)
全国放送 ラジオたんぱ
北海道 札幌テレビ放送(STV)
青森県 FM青森 1988年4月 -
秋田県 FM秋田 1987年11月 -
岩手県 FM岩手 1985年10月 -
宮城県 FM仙台
山形県 山形放送(YBC)
福島県 ラジオ福島(rfc) 1991年3月までは5:15 - 6:15、
1991年4月以降は24:00 - 25:00に放送
茨城県 茨城放送(IBS) 土・日に30分のみのネット
1994年3月ネット打ち切り
(「Jランド」はネットせず)
新潟県 新潟放送(BSN) 1993年10月以降深夜放送
富山県 北日本放送(KNB) 1994年4月以降平日のみ深夜放送
石川県 北陸放送(MRO) 1994年4月以降深夜放送
福井県 福井放送(FBC) 1986年4月以降深夜放送
長野県 信越放送(SBC) 1994年4月以降深夜放送
山梨県 山梨放送(YBS)
静岡県 静岡FM
中京広域圏 中部日本放送(CBC) 放送開始当初は東海ラジオがネット受けしていた(深夜帯)[3]
岐阜県 岐阜放送(GBS)
兵庫県 ラジオ関西(CRK)
和歌山県 和歌山放送(wbs) 当初は深夜に放送
島根県鳥取県 FM山陰 1986年10月 -
広島県 広島FM
山口県 FM山口 1986年10月 -
愛媛県 南海放送(RNB) [4]
徳島県 四国放送(JRT)
福岡県 RKB毎日放送 かつては深夜に放送
長崎県 FM長崎 1986年4月 -
熊本県 熊本放送(RKK)
宮崎県 宮崎放送(MRT)
沖縄県 琉球放送(RBC) 1987年4月以降深夜放送

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 新聞のラジオ欄・「ラジオ番組表」より。ちなみにこの時の正式なタイトルは『大学受験ラジオ講座』ではなく『大学合格ラジオ講座』(だいがくごうかくラジオこうざ)であった。
  2. ^ ラジオNIKKEI開局60周年記念サイト 通信制大学講座~ラジオが作る学びの空間~ - ラジオNIKKEIホームページ、2014年7月8日掲載。
  3. ^ 近畿東海放送(三重県 「ラジオ三重」)およびラジオ東海(岐阜県 「旧・岐阜放送」)合併直後の三重・岐阜局分離時代からネット受けしていたが、三重局(旧近畿東海放送)のみ当放送をネットしていた。
  4. ^ かつては毎日早朝に放送されていたが、1986年4月 - 1988年9月は平日の放送が5:00と24:30の2部に分かれていた。1988年以降は平日は深夜、土日は早朝の放送となる。

関連項目編集

ラ講最終年度で「大学祝典序曲」に代えて、諸岡の歌う「私の空の青」が使用されていた。
この4人は1995年4月 - 1998年9月に「大学受験ラジオ講座」の後継番組(提供:旺文社)として、タイトルを変えながら出演していた。
大学生時代、ラジオ講座の一コーナーだった「蛍雪アワー」のDJとして活躍した。
文化放送 土曜23:00 - 26:00枠(1994.4.9-1995.4.1)
前番組 番組名 次番組
さだまさしのセイ!ヤング(23:00-24:30)

大学受験ラジオ講座(24:30-25:30)

タイラー無責任倶楽部(25:30-26:00)
大学受験生ナマワイド
「Jランド」
文化放送 日曜23:00 - 25:00枠(1994.4.10-1995.4.2)
電撃アワー「レジェンド・オブ・クリスタニア」(23:00 - 23:30)

ラジメーション・魔神英雄伝ワタル4(23:30-24:00)
ツインビーPARADISE(24:00-24:30)

大学受験ラジオ講座(24:30-25:30)
大学受験生ナマワイド
「Jランド」
アルシェくらぶITEMAE RADIO(23:00-24:00)※提供:旺文社

歌謡&スポーツ'95(24:00-24:30)

工藤夕貴のパンゲア計画(24:30-25:00)※30分繰り上がり
ラジオ関西 土曜23:00 - 26:00枠 (1994.4.9-1995.4.1)
林原めぐみのHeartful Station(23:00 - 24:00)

青春ラジメニア(24:00-26:00)

※両番組とも金曜の同一時刻放送に変更
大学受験生ナマワイド
「Jランド」
ラジオ関西 日曜23:00 - 25:00枠 (1994.4.10-1995.4.2)
大学受験生ナマワイド
「Jランド」
  1. ^ ニッポン放送制作・農協の共済(現:JA共済がスポンサー)