大宮 悌二(おおみや ていじ、1928年11月22日[2] - 1994年12月23日[3])は、日本声優俳優東京都八王子市出身。最終所属事務所東京俳優生活協同組合[1]

おおみや ていじ
大宮 悌二
プロフィール
本名 大宮 悌二[1]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京都八王子市[2]
死没地 日本の旗 日本東京都新宿区[3]
生年月日 (1928-11-22) 1928年11月22日
没年月日 (1994-12-23) 1994年12月23日(66歳没)
血液型 O型[4]
職業 声優俳優
事務所 東京俳優生活協同組合(最終所属)[1]
配偶者 あり[3]
公称サイズ([1]時点)
身長 / 体重 175 cm / 80 kg
声優活動
ジャンル アニメ吹き替え
俳優活動
活動期間 1950年代 - 1994年
ジャンル テレビドラマ舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

経歴編集

日本大学文理学部英文科中退[5]。演出研究所出身[6]新協劇団[6]劇団東芸[7]、劇団三期会[7]、劇団新演[7]劇団青俳[7]劇団東演[7]に所属し、最終所属事務所東京俳優生活協同組合[1]

1994年12月23日、大腸癌のため東京都新宿区の病院で死去[3]。66歳没。

人物編集

声質はバリトン[6]

1970年代のアニメでは優しい老人役の出演が多かった。また、特撮作品の悪役や『おしゃれキャット』のトーマス・オマリーのような気の良いお調子者役でも知られた。特技は剣道で、3段の腕前だった[6]

後任編集

出演編集

テレビドラマ編集

テレビアニメ編集

1963年
1967年
1968年
1969年
1970年
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1984年
1985年
1989年
1990年
1991年

劇場アニメ編集

1978年
1979年
1981年
1983年
1985年
1989年
1990年
1991年
1994年

OVA編集

1983年
1986年
1989年
1993年

ゲーム編集

吹き替え編集

俳優編集

映画・ドラマ編集

アニメ編集

人形劇編集

CM編集

特撮編集

1967年
1971年
1972年
  • 快傑ライオン丸(ゴースンの声(代役)、デボノバの声(2代目)、ドクイモリの声、カマキリアンの声、クワルギルビの声)
  • 人造人間キカイダー(グリーンマンティスの声、ブルスコングの声、サソリブラウンの声、ピンクタイガーの声)
  • 好き! すき!! 魔女先生(アンドロメダ帝王の声)
  • 超人バロム・1(フランケルゲの声、アンモナイルゲの声、クチビルゲの声、ウデゲルゲの声、カミゲルゲの声)
1973年
  • 人造人間キカイダー(カイメングリーンの声、キメンガニレッドの声、アンコウブラウンの声)
  • キカイダー01レッドハカイダーの声、朱ムカデの声、赤面ガメの声、シャドウゴーレムの声、ジャイアントデビルの声、吸血コウモリ18号の声)
1974年
1975年
1976年
  • アクマイザー3(ムササビーダの声)
  • 宇宙鉄人キョーダイン(レーダーバットンの声、ダダゼーミの声、デスギャットの声(初代)、クラゲモンの声(2代目))
  • 秘密戦隊ゴレンジャー(カメラ仮面の声、蛇口仮面の声)
1977年
  • 宇宙鉄人キョーダイン(ブラックナイトの声(2代目))
  • ジャッカー電撃隊(デビルケーンの声)
1979年
  • バトルフィーバーJ(コウモリ怪人の声、キバジシ怪人の声、タマゴ怪人の声、ギンガ怪人の声、青スジ怪人の声、マグネット怪人の声、ミミズ怪人の声、イーグル怪人の声、バクダン怪人の声、四面怪人の声、リポーター(第4話))
1980年
  • 電子戦隊デンジマン(ジュクラーの声、パンチローラーの声、ロウソクラーの声、ミミラーの声、ビーダマラーの声)
1981年
  • 電子戦隊デンジマン(ケンダマラーの声)
  • 太陽戦隊サンバルカン(黒い太陽神の声、ジムシモンガーの声、トリモンガーの声、マジンモンガーの声、キカイモンガーの声)
1982年
1983年
1987年
1988年
1992年

情報番組編集

舞台編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『日本タレント名鑑(1994年版)』VIPタイムズ社、1994年、68頁。
  2. ^ a b 大宮悌二(おおみやていじ)の解説”. goo人名事典. 2020年1月15日閲覧。
  3. ^ a b c d 毎日新聞 1994年12月24日23面「訃報 大宮悌二氏」(毎日新聞縮刷版 1994年12月号p.885)毎日新聞社
  4. ^ 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、33頁。
  5. ^ 「新劇便覧」『テアトロ』、カモミール社、1965年8月、 248頁。
  6. ^ a b c d 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、74頁。
  7. ^ a b c d e 大宮 悌二とは”. 2020年2月1日閲覧。
  8. ^ トンデモネズミ大活躍”. 日本アニメーション. 2016年5月18日閲覧。