大宮悌二

日本の声優・俳優(1928−1994)

大宮 悌二(おおみや ていじ、1928年11月22日[2][4][5] - 1994年12月23日[2][3][5])は、日本声優俳優東京都八王子市出身[2]。最終所属事務所東京俳優生活協同組合[1]

おおみや ていじ
大宮 悌二
プロフィール
本名 大宮 悌二[1]
性別 男性
出身地 日本の旗 日本東京都八王子市[2]
死没地 日本の旗 日本東京都新宿区[3]
生年月日 (1928-11-22) 1928年11月22日
没年月日 (1994-12-23) 1994年12月23日(66歳没)
血液型 B型[注 1][2]
職業 声優俳優
事務所 東京俳優生活協同組合(最終所属)[1]
配偶者 大宮貞子(妻)[3]大宮夏子(娘)花組芝居プロデューサー
公称サイズ(時期不明)[1]
身長 / 体重 175 cm / 80 kg
声優活動
活動期間 1960年代 - 1994年
ジャンル アニメ吹き替え
俳優活動
活動期間 1950年代 - 1994年
ジャンル テレビドラマ舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

経歴 編集

アントン・チェーホフの『桜の園』を見たことで役者を志す[6]

日本大学文理学部英文科中退[7]

1946年[7]、演出研究所に入所し[8][7]、1949年まで在籍[7]。1946年[9]新協劇団[8][9]。1954年、映演プロ[9]。1959年、劇団東演[9]。1962年、劇団東芸[10][9]、同年10月[7]、劇団三期会[10][7]。その後、劇団新演[10]劇団青俳[10]河の会[11]に所属し、最終所属事務所東京俳優生活協同組合[1]

また日本芸能実演家団体協議会の福祉厚生委員会委員長として、俳優の年金制度の確立に尽力した[12]

1994年12月23日午前3時40分に結腸癌のため東京都新宿区の病院で死去[3]。66歳没[13]

人物 編集

声種バリトン[8]

特技は演芸[6]剣道で、3段の腕前[8]

後任 編集

後任・代役 キャラクター名 概要作品 後任・代役の初担当作品
銀河万丈 トーマス・オマリー おしゃれキャット 吹替版追加録音部分
稲葉実 ロビン・フッド ロビン・フッド
木村雅史 ウォレス 続・夕陽のガンマン
斎藤志郎 ミッキー・モリッシー 評決
岩河拓吾 カウボーイ二等兵 戦略大作戦
大滝寛 ロビン・フッド ロビン・フッド ワンス・アポン・ア・スタジオ -100年の思い出-

出演 編集

テレビドラマ 編集

テレビアニメ 編集

1963年
1967年
1968年
1969年
1970年
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1984年
1985年
1989年
1990年
1991年

劇場アニメ 編集

OVA 編集

ゲーム 編集

吹き替え 編集

俳優 編集

ジョージ・ケネディ
リノ・ヴァンチュラ

映画 編集

ドラマ 編集

アニメ 編集

人形劇 編集

ラジオ番組 編集

CM 編集

特撮 編集

1967年
1971年
1972年
  • 快傑ライオン丸(ゴースンの声〈代役〉、デボノバの声〈2代目〉、ドクイモリの声、カマキリアンの声、クワルギルビの声)
  • 人造人間キカイダー(1972年 - 1973年、グリーンマンティスの声、ブルスコングの声、サソリブラウンの声、ピンクタイガーの声、カイメングリーンの声、キメンガニレッドの声、アンコウブラウンの声)
  • 超人バロム・1(フランケルゲの声、アンモナイルゲの声、クチビルゲの声、ウデゲルゲの声、カミゲルゲの声)
1973年
1974年
1975年
1976年
  • アクマイザー3(ムササビーダの声)
  • 宇宙鉄人キョーダイン(1976年 - 1977年、レーダーバットンの声、ダダゼーミの声、デスギャットの声〈初代〉、クラゲモンの声〈2代目〉、ブラックナイトの声〈2代目〉)
1977年
1979年
  • バトルフィーバーJ(コウモリ怪人の声、キバジシ怪人の声、タマゴ怪人の声、ギンガ怪人の声、青スジ怪人の声、マグネット怪人の声、ミミズ怪人の声、イーグル怪人の声、バクダン怪人の声、四面怪人の声、リポーター〈第4話〉)
1980年
  • 電子戦隊デンジマン(1980年 - 1981年、ジュクラーの声、パンチローラーの声、ロウソクラーの声、ミミラーの声、ビーダマラーの声、ケンダマラーの声)
1981年
  • 太陽戦隊サンバルカン(黒い太陽神の声、ジムシモンガーの声、トリモンガーの声、マジンモンガーの声、キカイモンガーの声)
1982年
1983年
1987年
1988年
1992年

人形劇 編集

テレビ番組 編集

舞台 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 血液型をO型と書かれた資料もある[4]

出典 編集

  1. ^ a b c d e 『日本タレント名鑑(1994年版)』VIPタイムズ社、1994年、68頁。 
  2. ^ a b c d e 大宮 悌二」『Excite News』(エキサイト株式会社)。2023年11月5日閲覧。
  3. ^ a b c d 毎日新聞 1994年12月24日23面「訃報 大宮悌二氏」(毎日新聞縮刷版 1994年12月号p.885)毎日新聞社
  4. ^ a b 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、33頁。 
  5. ^ a b 大宮悌二. コトバンクより2022年1月9日閲覧
  6. ^ a b 『アニメーション大百科』東京三世社、1981年、242頁。 
  7. ^ a b c d e f 「新劇便覧」『テアトロ』、カモミール社、1965年8月、248頁。 
  8. ^ a b c d 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、74頁。 
  9. ^ a b c d e 『タレント名鑑』《NO2》芸能春秋社、1963年、23頁。 
  10. ^ a b c d 大宮 悌二とは”. 2020年2月1日閲覧。
  11. ^ 『出演者名簿(1966年版)』著作権資料協会、1965年、70頁。 
  12. ^ とり「編集横丁」『映画テレビ技術 = The motion picture & TV engineering』3月号 No.511、日本映画テレビ技術協会、1995年3月、59頁。 
  13. ^ 読売新聞[1994年12月24日朝刊23面
  14. ^ 尾形英夫 編「声のヒーロー37人総登場」『ロマンアルバム(4) テレビランド増刊号 デビルマン』徳間書店、1978年2月25日、75頁。 
  15. ^ 赤星政尚 編「PICTURE ENCYCLOPEDIA OF DAEMON」『デビルマン解体新書』講談社、1999年2月10日、110頁。ISBN 4-06-330070-6 
  16. ^ トンデモネズミ大活躍”. 日本アニメーション. 2016年5月18日閲覧。
  17. ^ 『ジ・アニメ』1985年8月号、近代映画社、55頁。 
  18. ^ 続・夕陽のガンマン/地獄の決斗[吹]日曜洋画劇場(追録ノーカット)版”. スターチャンネル. 2023年7月10日閲覧。
  19. ^ 誰かに見られてる[吹]機内上映版|【スターチャンネル】映画・海外ドラマの放送・配信サービス”. スターチャンネル. 2023年10月25日閲覧。
  20. ^ ドラゴンロード エクストリーム・エディション”. paramount pictures. 2024年2月21日閲覧。
  21. ^ 『芸能』11月号、芸能学会、1963年、62頁。 

外部リンク 編集