大山 真未(おおやま まみ)は、日本の文部科学官僚日本原子力研究開発機構理事や、文部科学省大臣官房審議官等を経て、文部科学省国際統括官日本ユネスコ国内委員会事務総長

人物・経歴編集

鹿児島県出身[1]。1987年九州大学法学部卒業[2]科学技術庁入庁[1]。1994年ケンブリッジ大学大学院国際関係論修士課程修了、科学技術庁科学技術振興局研究振興課長補佐。1996年スタンフォード大学アジア太平洋研究所客員研究員[3][4]航空宇宙技術研究所総括研究企画官[5][2]、航空宇宙技術研究所企画経営室次長等を経て[6]、2003年文部科学省初等中等教育局児童生徒課生徒指導室長。2007年国連大学高等研究所アソシエイト・ディレクター[4]日本学術振興会国際事業部長[7]

2010年文部科学省科学技術・学術政策局科学技術・学術戦略官[8]。2012年文部科学省初等中等教育局特別支援教育課長[9]。2014年日本原子力研究開発機構事業計画統括部上席参事・部長。2015年日本原子力研究開発機構理事[7]。2017年文部科学省大臣官房審議官研究開発局担当)。2018年から文部科学省国際統括官[1][10]日本ユネスコ国内委員会事務総長を務め[11]出入国管理及び難民認定法改正を受け、浮島智子文部科学副大臣座長を務めた、外国人の受入れ・共生のための教育推進検討チームの事務局長として、外国人教育や留学生の就職への対応策などの検討にあたった[12]。2020年宇宙航空研究開発機構理事[13]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 16日付文科省幹部人事の略歴教育新聞2018年10月17日
  2. ^ a b 「Untitled -」九州大学法学部
  3. ^ 「政策研ニュース No.132」科学技術・学術政策研究所
  4. ^ a b [1]東日本国際大学
  5. ^ 「3機関連携・協力の実施について(報告)」宇宙開発事業団平成13年3月28日
  6. ^ 文部科学省が私学関係部署等の人事異動全私学新聞記事2003年4月13日 1886号 (2面)
  7. ^ a b 「国立研究開発法人日本原子力研究開発機構平成 28 年度業務実績等報告書(平成28年4月1日~平成29年3月31日)」国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
  8. ^ 人事、文部科学省日本経済新聞2010/7/30付
  9. ^ 人事、文部科学省日本経済新聞(2012/8/1 5:00)小サイズに変更
  10. ^ 「不適切接待で次官辞任の文科省 後任に藤原官房長」朝日新聞デジタル2018年10月16日10時58分
  11. ^ SDGsの達成を目指す ユネスコスクールへの期待を語る教育新聞2018年12月6日
  12. ^ 「文科省が検討チームを設置 外国人受け入れ策具体化へ」 教育新聞2019年1月15日
  13. ^ 【人事速報】|(株)時評社”. www.jihyo.co.jp. 2020年7月22日閲覧。
先代:
川端和明
文部科学省国際統括官
2018年 - 2020年
次代:
田口康