メインメニューを開く

大山 結子(おおやま ゆうこ、5月16日 - )は、日本現代美術家俳優パフォーマーとしても活動する、インターメディアアーティスト。元水着キャンペーンガール

大山 結子
生誕 (1979-05-16) 1979年5月16日(40歳)
埼玉県
国籍 日本の旗 日本
教育 多摩美術大学卒業
著名な実績 現代美術美術演劇俳優パフォーマンスアート、インターメディア
代表作 NGOうさぎ組
受賞
公式サイト 公式サイト

目次

人物編集

埼玉県春日部市出身、東京都世田谷区在住。化粧品のための動物実験の反対運動を目的とした、通称「うさぎ組」という芸術家NGOの代表(「うさぎ組」はNGOという形式の現代美術作品)を務める。ベジタリアン

来歴編集

十文字中学校・高等学校に進学。家庭内不和により志望する美術系への受験ができず、某私立大学世界史一芸入試合格進学する。本人の意思で家出をしつつモデル(水着キャンペーンガール)のアルバイトで貯金をし、すいどーばた美術学院デザイン科に入学(ただし、油画科進学希望だが手違いでデザイン科に在籍)。女子美術大学デザイン科に入学。その後、本来の志望進路に進むため、貯金をして新宿美術学院油画科に特待生として入学。同学院を経た後、多摩美術大学に入学。『GIRLY POWER!』参照

多摩美術大学に在学中、油画を専攻していながら、映像演劇科の研究公演『自来也』に主役の一人として抜擢され、「自来也A役」として出演。多摩美術大学発行の「平成15・16年度 多摩美術大学 造形表現学部 映像演劇学科 共同研究報告書」によれば、『自来也』総合プロデューサーで詩人評論家鈴木志郎康から「相手役を食ってしまった」と高い評価を受けている。

『自来也』で共演した多摩美術大学映像演劇科の学生達は卒業と同時に劇団「小指値」(こゆびち)—鈴木志郎康が命名—を立ち上げ、のちに劇団名を「快快」(ファイファイ)に改名して演劇活動を展開。大山は野田秀樹芸術監督就任記念プログラム・日比野克彦との合作、東京芸術劇場の特設野外舞台での発表作品『火の鳥 (ストラヴィンスキー)』で主演を務める。

2009年にはザルツブルク博物館「日本の芸術」展で、日本の現代美術家として紹介される。

近年は、「化粧品類のための動物実験の撲滅を目指す」という主旨の、通称「うさぎ組」と呼ばれる芸術家NGOを立ち上げ、「NGOうさぎ組」の「組長」(代表)として、「化粧品のための動物実験の反対運動」が目的の市民活動と、「現代美術」を融合させた作品を発表することが多く見られる。

「NGOうさぎ組」の主な活動は、ザルツブルク博物館館長Perter Husty のキュレーションによるパフォーマンスアート発表や、早稲田大学法学部主催、塚原史のキュレーションによるパフォーマンスアートの発表などである。

2011年東日本大震災によって村上隆主催のGEISAI#15が中止になった折には、それを受けて同年6月に開催された「プチGEISAI決起オフ」の招待作家となり、「カイカイキキギャラリー」でパフォーマンスアートを「NGOうさぎ組」として行った。 2016年障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律が施行される時は、参議院議員会館にて開催された集会に、障害者であると同時に現代美術家として活躍する人物として紹介され、障害者であると同時に議員斉藤里恵と共に、障害者を代表して登壇した。Co-Co Life☆女子部参照。

NGOうさぎ組編集

NGOうさぎ組」には、俳優の北澤理恵やデザイナーの本谷真理、平野彩花など約60人の「組員」(メンバー)がおり、継続的に公演活動を行っている。

主な作品編集

年譜編集

2004年
自来也』自来也A役で出演(多摩美術大学研究公演/東京)
2005年
TAMA ART COMPETITION 明和電機
2009年
「日本の芸術展」9japanese contemtorary artist's exhibition出展(ザルツブルク博物館)『いかす! アート』掲載、全国商工新聞掲載
『パリ・アート革命』日本経済新聞掲載(2010年1月19日夕刊)
早稲田大学法学部(副専攻表象文化研究)主催「アヴァンギャルド〈生〉あります。」出演(「新潮」掲載 (文章・塚原史早稲田大学教授)2010年発行)
2010年
「マニフォルド2010展」出展全国商工新聞掲載
演劇『ワンルーム・タイムマシン』脚本、主演 『GIRLY POWER!』掲載
2011年
『大山結子とゆかいなうさぎ達〜没後64年目のレクイエム〜@村上隆プチGEISAIカイカイキキギャラリー招待発表
2011年
『うさぎ組』@村上隆プチGEISAI』受賞
2012年
ペール・ギュントイプセングリーグ)』出演(「藝大21「第6回東京藝術大学奏楽堂企画学内公募演奏会」)
2012年
バスティアンとバスティエンヌモーツァルト)作曲』出演(北とぴあ国際音楽祭2012)
2013年
ヘンゼルとグレーテルエンゲルベルト・フンパーディンク作曲)』出演(「漫画のだめカンタービレ二ノ宮知子×ペーター・コンヴィチュニー英語版ドイツ語版演出協力、ティアラこうとう大ホール)
ショパン (雑誌) 別冊「Hanna」掲載
2013年
スザンナの秘密エルマンノ・ヴォルフ=フェラーリ)』出演(北とぴあ国際音楽祭2013)
2014年
多摩美術大学芸術祭卒業生企画 卒業生代表出演
2015年
3331 Arts ChiyodaArt Hack Day2015アートハッカソンにアーティストとして選抜 日本テレビSENSORS」放送
映画サダコの鶴』出演
2016年
心のバリアフリー社会を作ろう!~2016年4月障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律施行・パラリンピック開催にむけて~参議院議員会館登壇
Co-Co Life☆女子部掲載

主な出版物編集

『GIRLY POWER!』には、大山の幼児期の体験や成年後の出来事について掲載されているほか、巻頭のグラビアページには、グラビアアイドル小滝かれんとともにモデルとして登場している。

テレビ出演編集

主な参考文献編集

外部リンク編集