メインメニューを開く

大山 義年(おおやま よしとし、1903年明治36年)8月2日 - 1977年昭和52年)7月16日)は、昭和時代の日本化学工学者

経歴・人物編集

茨城県に生まれる[1]東京帝国大学卒業。理化学研究所員等を経て、1942年(昭和17年)に東京工業大学教授となり、1962年(昭和37年)に同大学の第6代学長となる。1974年(昭和49年)に国立公害研究所初代所長に就任。ペニシリン国産化のパイロットプラントを設計するなどの功績がある[1]

その他、化学工学協会(現: 公益社団法人化学工学会)の第12代会長(1959年 - 1961年)[2]日本原子力学会の第10代会長(1977年5月16日 - 同年7月)[3]を務めた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」、講談社
  2. ^ 化学工学会 » 歴代会長、2018年6月25日閲覧。
  3. ^ 歴代会長・副会長 | 日本原子力学会、2018年6月25日閲覧。