メインメニューを開く

大岩 誠(おおいわ まこと、1900年7月8日 - 1957年1月11日)は、日本の政治学者・政治思想史研究者。

東京出身。京都帝国大学法学部卒、同助教授となるが、1933年滝川事件で滝川教授の休職処分に抗議し辞職。立命館大学教授兼図書館長となり、満鉄調査局を経て戦後1948年公職追放。1951年南山大学教授。

戦時期には東南アジア、南アジアの独立運動を研究。のち18世紀フランス啓蒙主義のほか、ルネッサンス期イタリア思想の翻訳などをおこなった。

著書編集

  • 新社会設計図 最近経済問題叢書 甲文堂書店 1936
  • 安南民族運動史概説 ぐろりあ・そさえて 1941 (ぐろりあ文庫)
  • 南アジア民族政治論 万里閣 1942 (国防文化撰書)
  • 政治思想発達史 三元社 1948 (学生文庫)
共著

翻訳編集

  • ジヤネサン・シモン及びサン・シモニズム』大鐙閣 1928
  • モンテスキュー 『ローマ人盛衰原因論』岩波文庫 1941
  • T.E.エンニス 『印度支那 フランスの政策とその発展』生活社 1941
  • アンリ・ムオ 『タイ・カンボヂア・ラオス諸王国遍歴記』改造社 1942
    • 『インドシナ王国遍歴記 アンコール・ワット発見』中公文庫 2002
    • 『アンコールワットの「発見」 タイ・カンボジア・ラオス諸王国遍歴記』まちごとパブリッシング 2018
  • アナトオル・フランス 『現代史Ⅱ 柳のひとがた』長篇小説全集 第4巻 白水社 1942
  • グイ・ポレ、エヴリーヌ・マスペロ『カムボヂア民俗誌 クメール族の慣習』浅見篤共訳、生活社 1944。復刻・大空社 2009
  • モンテスキュー『ペルシア人の手紙』斎藤書店 1948、岩波文庫(上下)1951、復刊2007ほか
  • マキアヴェルリ『マンドラゴラ』岩波文庫 1949
  • シエイエス『第三階級とは何か』岩波文庫 1950
  • マキアヴェルリ 『ローマ史論』岩波文庫(全3巻) 1950、復刊1990ほか
  • カムパネルラ 『太陽の都』岩波文庫 1950
  • マキアヴェルリ『君主論』酣灯社「学生文庫」 1951、のち角川文庫、角川ソフィア文庫(新装版)2012
  • モルリイ 『自然の法典』岩波文庫 1952
  • J.B.デュロゼル『カトリックの歴史』岡田徳一共訳、白水社・文庫クセジュ 1954
  • マキアヴェルリ『フィレンツエ史』岩波文庫(上下) 1954-1960、復刊1989、1998