大島 一彦(おおしま かずひこ、1947年6月8日 - )は、英文学者早稲田大学名誉教授。専門はジェイン・オースティンジェイムズ・ジョイスD・H・ロレンスを中心とするイギリス小説、及び小林秀雄小沼丹を中心とする日本近現代文学。

茨城県生まれ。1970年早大英文科卒、1975年同大学院博士課程単位取得満期退学。1972年早大文学部助手、1976年専任講師、1980年助教授、1985年教授、文学学術院教授。2018年停年退職、名誉教授。作家・英文学者の小沼丹に師事し、没後に全集を編んだ。

著書編集

  • 『ジエイムズ・ジヨイスとD.H.ロレンス』旺史社 1988
  • 『英国滞在記』旺史社 1990
  • 『ジェイン・オースティン 「世界一平凡な大作家」の肖像』中公新書 1997
  • 『寄道 試論と随想』旺史社 1999
  • 『小沼丹の藝 その他』慧文社 2005

翻訳編集

脚注編集