メインメニューを開く

大島 九州男(おおしま くすお、1961年6月11日 - )は、日本政治家国民民主党所属の元参議院議員(2期)。

大島 九州男
おおしま くすお
生年月日 (1961-06-11) 1961年6月11日(58歳)
出生地 日本の旗 福岡県直方市
出身校 日本大学法学部
前職 直方市議会議員
実業家
現職 常任監査
代表選挙管理委員長
参議院比例区第37総支部長
所属政党民主党→)
民進党菅G大畠G)→)
国民民主党
称号 法学士
公式サイト 大島九州男 公式ホームページ みんなが元気になれる日本にしよう!

選挙区 比例区
当選回数 2回
在任期間 2007年 - 2019年7月28日

当選回数 3回
在任期間 1991年 - 2003年
テンプレートを表示

来歴編集

福岡県直方市生まれ。日本大学第二高等学校日本大学法学部政治経済学科卒業。実家の工場の職員を経て、学習塾やテニス教室を経営。1991年直方市議会議員選挙に出馬し、初当選。市議を3期12年間務め、その間に全国若手市議会議員の会の第2代会長も務めた。

2003年第43回衆議院議員総選挙2005年第44回衆議院議員総選挙民主党公認で福岡8区から出馬したが、自由民主党麻生太郎に敗れた。

2007年第21回参議院議員通常選挙比例代表で出馬し、初当選。

2013年第23回参議院議員通常選挙に比例代表で出馬し、再選。

2015年民主党代表選挙では長妻昭の推薦人に名を連ねる[1] が、長妻は1回目の投票で最下位に終わった(当選者は岡田克也[2]

2018年5月7日、民進党と希望の党の合流により結党された国民民主党に参加[3]。 同日、常任監査に就任した[4]

2019年第25回参議院議員通常選挙に比例代表で立候補したが落選。得票数は87,740票。党内候補者14人中6位[5]

主張・活動編集

動物愛護活動編集

  • 種付け用として育てられていた犬(クスオ)と出会い、犬や猫の殺処分の問題、動物虐待の現状、日本で食用の犬肉が輸入され消費されている実情を知り、問題提起と動物愛護活動の必要性を実感し活動を行う。
  • 全国を巡り、各地の動物愛護団体や保健所の現場の現状を調査しながら、生き物と共に暮らすことの責任、命の尊さを再認識し、動物愛護運動と動物福祉の向上のための活動を行っている。

所属団体・議員連盟編集

人物編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集