メインメニューを開く

大島 伯鶴(おおしま はっかく)は、講釈師の名跡。

初代編集

本名:大島 光利、(安政4)1857年 - (大正元)1912年12月21日

白河藩士の家に生まれ、講談の中興の祖と言われた2代目松林伯圓の門下で大島圓鶴。1903年に大島伯鶴に、1911年に実の子に名を譲り大島東玉と名乗った。従軍講談師で知られる。

2代目編集

本名:大島 保利(おおしま やすとし)、(明治12)1879年4月8日 - (昭和21)1946年4月2日

  • 1879年4月、初代大島伯鶴を父として福島県白河に生れた。幼くして父と上京、父とは別に相撲の行事を志したが反対される。
  • 13歳の時にもう一つの夢であった講談の道に入り、旭堂南慶に預けられ、大島鶴童を名乗る。後に大島芝鶴を経て、大島小伯鶴と改名。

初代伯鶴の子息。昭和十年代には6代目一龍斎貞山と人気を二分し、ラジオ出演も多かった。

得意ネタに「寛永三馬術」「笹野名槍伝」「快男子」など。