メインメニューを開く

大島 光政(おおしま みつまさ、永禄6年(1563年) - 元和8年8月12日1622年9月17日))は美濃国出身の戦国武将。通称、茂兵衛、光吉。川辺大島氏の初代であり、加治田大島氏の祖。大島光義の二男。母は武市通春の娘。妻は三澤氏。子に大島光盛大島義唯大島義當大島義益[1]

目次

生涯編集

美濃国加茂郡加治田村に移住し、斎藤利治に仕え、各合戦で戦功。利治が本能寺の変で主君の織田信忠と討死後、斎藤利堯に仕える。

加治田・兼山合戦後、丹羽長秀に仕え、賤ヶ岳の戦いから功を上げる。

丹羽長秀死後は豊臣秀吉に属し馬廻りや使番として出世した。文禄4年(1595年)、美濃国池田郡で1000石を与えられた。

関ヶ原の戦いでは徳川家に味方する。1604年、父の遺領を兄弟で分け与え、自身は摂津国豊島郡、美濃国加茂郡・池田郡・武儀郡内の4710石を得る。大坂の陣にも従軍。

その後、徳川家旗本寄合席となり、元和8年(1622年)に60歳で没[2]。法名は日勇。

人物編集

関連書籍編集

大島行光編集

  • 大島光政が所持していたと言われている名刀がある[3]

脚注編集

  1. ^ a b c 「新訂寛政重修諸家譜2」
  2. ^ 富加町史編集委員会「大島氏系図」『富加町史』下巻 通史編、富加町、1980年、271頁。
  3. ^ 大島行光 長一尺一寸分半 代金百枚 加藤和泉守殿 昔大島茂兵衛殿所持、表峰裏二筋樋梵字、朱銘判光室」