メインメニューを開く

大島 郁将(おおしま いくまさ、1950年6月24日 - )は、長野県伊那市[1]出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手

大島 郁将
基本情報
出身地 長野県伊那市
生年月日 (1950-06-24) 1950年6月24日(69歳)
身長
体重
186 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1972年 ドラフト2位
初出場 1974年5月18日
最終出場 1977年10月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

名商大附属高校では捕手神奈川大学へ進学し内野手に転向。神奈川五大学野球リーグでは在学中6回優勝。首位打者(4割3分8厘)、打点王、盗塁王も獲得[1]1972年全日本大学野球選手権大会では2回戦で中京大に敗退。

1972年ドラフト会議阪急ブレーブスから2位指名を受け入団[1]1974年から一軍に上がり、シーズン終盤の4試合に三塁手遊撃手として先発出場。その後は伸び悩むが、1977年7月には4試合に二塁手として先発。

1978年オフに谷岡潔との交換トレードで横浜大洋ホエールズへ移籍するが、活躍の場はなく1979年限りで引退した[1]

2016年学生野球資格回復研修を受講した上で、翌2017年2月7日に日本学生野球協会より学生野球資格回復の適性認定を受けたことにより、学生野球選手への指導が可能となった[2]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1974 阪急 15 12 10 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 2 0 0 4 0 .100 .250 .100 .350
1976 18 15 14 2 1 0 0 0 1 0 0 1 0 0 1 0 0 4 1 .071 .133 .071 .205
1977 19 20 19 0 2 0 0 0 2 0 1 0 0 0 0 0 1 4 0 .105 .150 .105 .255
通算:3年 52 47 43 2 4 0 0 0 4 0 1 1 0 0 3 0 1 12 1 .093 .170 .093 .263

記録編集

背番号編集

  • 35 (1973年 - 1978年)
  • 40 (1979年)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、102ページ
  2. ^ 元ヤクルト宮本慎也氏ら132人が学生野球資格回復 - 大学・社会人”. 日刊スポーツ (2017年2月8日). 2017年2月8日閲覧。